[HOME]  [現在掲示板へもどる]     [全部表示 会議室風]  [最新100]  [最新50]   [新着40]    [全部表示 保存用]
番号順 最新50記事     FGALVZ  

09663/09610 CRG00666  文太             橙あるいは黄色
( 1) 20/03/10 01:16 09662:文太さんへのコメント
https://www.marutsu.co.jp/pc/static/large_order/led

 このあたりだと、やはり2V近辺で点くようです。


09665/09610 CRG00666  文太             定電流回路
( 1) 20/03/10 20:28 09662:文太さんへのコメント
 何度か基本を外した書き込みをしていたので。m(_)m

>ICは保護回路と降圧だけかも。
 3000円ライトがIC以前のトランジスタの組み合わせ方式である
点については、納得しています。が、上の空想は、基本を外してました。
 LEDドライバのお仕事の基本は、定電流回路を構成することです。

 全体が、パネル発電、バッテリー充電と保護、LED制御、LED点灯と
いってみれば複雑で多機能なので、すぐ変なことを書く。
 (だから、誰だっけか、Adamさん? は、これを「チャージコントローラ」
だと言ってましたね。)

 ICにしろトランジスタの組み合わせにせよ、LEDを点灯させるため
には、まず間違いなく「定電流回路」の機能を持っているはずです。VIC
大橋先生の解説をみるまでもなく、これは、抵抗1つで構成することが可能
なのですが、でも、エネルギーを熱にして捨てる、というのは、やっぱり
効率的とはいいがたいシステムになりますよね。



09666/09610 CRG00666  文太             とりあえず充電池
( 1) 20/03/11 12:33 09662:文太さんへのコメント
 ほぼ間違いなく同一商品だと思われます。>konnoさん
 とりあえず、今日は、充電池の状態だけ調べました。僕は、これらを、
とりあえず5年もの、と考えることにしました。
 4つの充電池を満充電にし、放電して測定しました。ただいま後処理の
充電中。すべて単3タイプ。

 結果。

176  430  2053  2090
---  ---  ----  ----
900  900  2450  2450

 これは分数です。分母が元容量、分子が現在の容量。単位は、もちろん
mAh。%表記はしません。

左から、
3000円ライトの充電池(900mAh)の五年後の姿1(毎日使用)
3000円ライトの充電池(900mAh)の五年後の姿2(毎日使用)
エネループ(あんまり使用してない7年もの)1
エネループ(あんまり使用してない7年もの)2

 右2つを左2つの代わりに入れようとしている、ということです。

 うーん、単3サイズで、170mAhな充電池。内部抵抗も高かったです。
恐ろしく電気の入りにくい充電池でした。それによるロスはどうなんでしょう?
充電器がそこそこ賢いので、そんなに電気の無駄遣いはしてないと思う。

 しかし、176+430の実力で8時間ぐらいは点灯させていたのだから、すごい。
LEDは弱く保護回路もしっかりしてるのだろう(たぶん)。


09667/09647 CRG00666  文太             エネループ
( 1) 20/03/11 12:34 09647:文太さんへのコメント コメント数:1
https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/589775.html

 ふと気になったので、調べたメモです。
                            1年後
eneloop pro
    単三  BK-3HCC 2,450mAh    約500回     約85%
    単四  BK-4HCC 900mAh
eneloop
    単三  BK-3MCC 1,900mAh    約2,100回    約90%
    単四  BK-4MCC 750mAh
eneloop lite
    単三  BK-3LCC 950mAh     約5,000回    約85%
    単四  BK-4LCC 550mAh

 メモ1:容量が少ないほうが圧倒的に回数は多い。liteだと5000回!
 メモ2:標準型の1年後電圧保持率は、脅威の90%!

 もちろん、エネループはニッスイです。ただ全世界的な文献資料で
エネループは純粋ニッスイとは別格、との評価を受けています。主に電圧
保持率に関して。

 100均などの廉価版ニッスイを載せているライトが、100, 200, 900mAh
なんて小容量を採用してるのは、サイクル数のような理由も少しあるのかな。


09668/09647 CRG00666  文太             昇圧?
( 1) 20/03/11 23:40 09656:konnoさんへのコメント コメント数:1
 ※以下、レスするところを間違えていたので、貼りなおしです。


(ここは引用です)
           100円  300円  600円 
---------------------+----------+------------+---------+
バッテリーの電圧     1.45V   1.3V   3.80V   
LEDライトの印加電圧   1.41V   2.77V   3.80V  
100円のLEDはバッテリーの電圧とほぼ同じみたいです。
1.5VタイプのLEDもあったんですね。


(文太の本文)
 上について、ちょっとだけ。

(1)600円のほうは分かりやすい。数字が以下の理由で本当かどうかは
僕には分かりませんが。see (2)。リチウム使用ですよね(3.2V-4.2V)。
 それより、確かに、3.8Vあれば白色LEDも余裕で点灯しますね。
 電源電圧によって、昇圧(ジュールシーフ)が必要【ない】ばあいもあるでしょう。
 というか、LEDを点灯させるばあい、昇圧はどちらかというと裏技です。

(2)100円の「1.45V」と「1.41V」。これは、たしか、測り方が難しいの
だと思います。うちの100円(白)と同じもののはずなら、昇圧してるはずです。
そのための、YX8018。違う色の100円ものも同じ。
 ただ、例のジュールシーフの原理説明のところにあったように、スイッチングで
瞬間的に電圧を上げてるわけです。あのオシロの映像を思い出してください。
 で、僕らの目には、電圧が高いとき、つまり点灯したときの光が残っているから、
「点灯してる」と《見えてる》わけです。
 電圧は100kHz(だっけ?)の猛スピードで上下してるのです。
 ですから、昇圧ICの後、LEDの前後の電圧は、ふつうに測っても、
《正しく》は計測できないはずです。

https://www.marutsu.co.jp/pc/static/large_order/led
 このマルツの表は、かなり標準的だと思いますよ。

 僕が最初にLEDの原理を勉強した、大橋先生のところの解説でも、
白色LEDは、3.0V, 20mA消費、みたいに、ほぼ決め打ちで解説してましたから。

http://vicdiy.com/sub_index/LED_lump.html
 これは、濃ゆいですよ。

 ただ、橙となると、1.2x2で、昇圧なくても点くのです。(1)のパターンに
同じ。
 この3000円ライトのLEDは、たしかに、100円よりでかくて光量が
あるはずですが。


09669/09647 CRG00666  文太             充電池すげえ!
( 1) 20/03/12 01:55 09667:文太さんへのコメント
>メモ1:容量が少ないほうが圧倒的に回数は多い。liteだと5000回!

 これ、さらりと写しただけだったのですが、5千回のサイクルですよ!
 計算してみました。

 5000回÷365日=13.69年

 エネループ・ライトを適切に使えたら、たとえば、ガーデンソーラーライトで
そこそこちゃんと使えたら、13年とかもつじゃないですか!
 僕には、ほとんど永遠みたいに思えました。

 タイトルのとおり、充電池、そして太陽光発電、すごいです。
 夜を明るくしてくれる光、偉大。
 夏を冬に、冬を夏に、という僕のエコな野望を、現代テクノロジーは、
すでに、実現していたのです。


09670/09610 BQO00549  konno            検証、型番とLED
( 1) 20/03/14 01:00 09661:konnoさんへのコメント コメント数:3
ココログとの連携記事です
http://tamaneko2.cocolog-nifty.com/vz2/2020/03/post-f12c97.html


今日はまず、前回の3000円?ソーラーライトの基板部品の型番から

どうですか、SS12 と、2T1、J3 のように見えますよね。


では今日の本題、LEDの点灯実験です。

私は以前、今回とは別の目的で、コーナンでLEDを購入していたのでした。
すっかり忘れていました。(^^;

ご覧のように、3V〜6V で、25mA 定格の赤いLEDセットです。
330Ωの抵抗が付属しており、この抵抗を通して3〜6Vを直接繋げば使えます。

今回は、抵抗を使わないで、バッテリー直結での点灯実験をしてみました。

ご覧のように、バッテリー2本で2.35V あります。
これを、LED に直結すると、点灯しました。
定格3V〜6V のLEDが、2.35V で点灯しました。

あまり明るくないので、駆動可能電圧の下限に近いと思われます。
直結だと熱暴走の危険があるらしいので、実験は短時間で切り上げました。

ちなみに、バッテリー1本で、1.37V だと点灯しませんでした。


次に、100円ソーラーライトのLEDで実験しました。
電線を外すのが面倒なので、そのままLEDのリード線にバッテリー直結してみました。
1.35V でLEDが点灯していますね。

弱ったバッテリーの、1.18V でも、弱いながら点灯しました。
少しチカチカするので、この辺が限界なのかも。

ただ、この実験はあまりあてにならないかもしれません。
弱ったバッテリーの時、ソーラーパネルを影にしないと点灯しなかったような気がします。
スイッチは切ってあるのですが、回路の影響を受けているのかもしれません。

信じるか信じないかはあなた次第です。(^^;



09671/09647 BQO00549  konno            Re: 昇圧?
( 1) 20/03/14 01:16 09668:文太さんへのコメント コメント数:1
>  電圧は100kHz(だっけ?)の猛スピードで上下してるのです。
>  ですから、昇圧ICの後、LEDの前後の電圧は、ふつうに測っても、
> 《正しく》は計測できないはずです。

なるほど、同じ電圧に見えても、実際には直流とパルス波の違いがあるんですね。

> https://www.marutsu.co.jp/pc/static/large_order/led
>  このマルツの表は、かなり標準的だと思いますよ。

ここは前回見落としていました。参考になりますね。

>  僕が最初にLEDの原理を勉強した、大橋先生のところの解説でも、
> 白色LEDは、3.0V, 20mA消費、みたいに、ほぼ決め打ちで解説してましたから。
> http://vicdiy.com/sub_index/LED_lump.html
>  これは、濃ゆいですよ。

ここは凄いですね。個人でここまで出来るものなんだ。
私はここを見るまで、LEDのことを何もわかっていませんでした。
電源に直結すると熱暴走して壊れてしまうんですね。だから抵抗を直列にしているんだ。
勉強になりました。

ここの人はもう御歳で、何年も更新されていないようですので、参考になるデータなどは保存しておいた方が良さそうです。


それで、#9670 でLEDの電源直結点灯実験をしてみました。
あまりあてにならないようですが。(^^;



09672/09610 CRG00666  文太             Re: 検証、型番とLED
( 1) 20/03/14 01:37 09670:konnoさんへのコメント コメント数:1
konnoさん、
 深夜遅いので、すごく失礼なことに、現時点で分かったこと、分からなかったことを
メモ的に、レスさせていただきます。

>信じるか信じないかはあなた次第です。(^^;
 もちろん、信じてます。


>どうですか、SS12 と、2T1、J3 のように見えますよね。
 老眼の僕には、現物はほとんど読めませんでした。虫眼鏡を使っても。
 す、すごい。ご丁寧に、ありがとうございました。その後、少しだけあれら
トランジスタのデータシートなどを眺めましたが、これは、無理だな、と諦めて
いました。もちろん、konno情報をもとに、ということです。僕の目には
トランジスタの型番は読めなかったのですから。
 で、新しいデジカメを買われましたか?


>では今日の本題、LEDの点灯実験です。
 はい!
 3mmのLEDか。使ったことがないです。

>ご覧のように、3V〜6V で、25mA 定格の赤いLEDセットです。
 これが分かりませんでした。「ご覧のように」とは?

>330Ωの抵抗が付属しており、この抵抗を通して3〜6Vを直接繋げば使えます。
 計算はしないですが、赤のLEDで、3〜6Vですか。3V以下で点灯しそうだよな
と思うのですが、6Vでさえ長時間安定ということなら、きつめの抵抗なの?
 言わずもがなですが、330Ωの抵抗をいれて、定電流回路になります。330Ωを入れれば、
6Vでも安定して動くシステム、と想像しましたが、、、。

>ご覧のように、バッテリー2本で2.35V あります。
>これを、LED に直結すると、点灯しました。
 赤のLEDならいけるでしょう。

>定格3V〜6V のLEDが、2.35V で点灯しました。
 えーと、抵抗の計算は?
 これまた、言わずもがなですが、抵抗を外したら、点くには点くでしょうが、
安定的運用は無理です。

>ちなみに、バッテリー1本で、1.37V だと点灯しませんでした。
 なるほど。


>次に、100円ソーラーライトのLEDで実験しました。
 はい! 待ってました。
 ただ、この辺から写真が読めなくなりました。上のケーブルが出ている黒の
四角い物体はなんでしょう?

>電線を外すのが面倒なので、そのままLEDのリード線にバッテリー直結してみました。
 これって、100均白色LEDを基板から外して、LED単体にしたということ
ですか?(※) 昇圧回路との関係はどうなっているのでしょう?

>1.35V でLEDが点灯していますね。
 すぐ上の条件がYESで、裸の白色LED@100均が、1.35Vで点灯したということ
ですよね? そ、それで点くの?! 昇圧回路なしで?

>弱ったバッテリーの、1.18V でも、弱いながら点灯しました。
>少しチカチカするので、この辺が限界なのかも。
 チカチカはLEDの限界なんだ! 例のICの限界なのかと思ってました。

>弱ったバッテリーの時、ソーラーパネルを影にしないと点灯しなかったような気がします。
 ここが分からない。(※)との関係はどうなってるのでしょう?

>スイッチは切ってあるのですが、回路の影響を受けているのかもしれません。
 あのスイッチは全部を遮断しますよね。だとしたら、事実上、(※)と同じ条件
なのかな、、、。例のICは完全バイパスしてるんですよね?


09673/09647 CRG00666  文太             VIC大橋など
( 1) 20/03/14 01:53 09671:konnoさんへのコメント コメント数:1
>ここは凄いですね。個人でここまで出来るものなんだ。
 VIC大橋先生は、すごいです。
 仕事をしていたときの背景というか、もともとスキルレベルがある人なのです。
 木工とLEDは、退職後、調べたのだと思いますが。でも、基礎があれば、少なくとも
LEDのほうは、がんがん理解できて、素人にも説明してあげられるレベルにも
すぐなれたのだと思います。バスレフみたいなDIYスピーカもすごいのですが。
 とはいえ、やはりデータの古さは否めません。
 基礎のLEDといっても、ほんと、日進月歩のようですから。
 スーパーLEDの使い方で、途方に暮れています。

 大橋先生のLED外灯製作記には、のけぞりました。木工+電子工作の執念の作品でした。
 僕は、木工のみでお世話になりました。
 この人もアメリカ滞在の時期があったので(ゆえにVIC)、話が弾みましたよ。

>ここの人はもう御歳で、何年も更新されていないようですので、参考になるデータなどは
>保存しておいた方が良さそうです。
 はい、数年前にガンで、けっこうサイト更新も止めてられた時期があります。
 たぶん、僕は、gethtmlwで、サイトごっそり保存してあるはずです。
 脳髄の記憶と同じで、データ保存はしてあるが、それにアクセスできない、とか
ありえますが。



09674/09647 CRG00666  文太             VICサイトの状態
( 1) 20/03/14 10:59 09673:文太さんへのコメント

(以下、引用)
Last Up Date 2017/04/10
 省エネの蓄電池充電システムと新たな学習机の製作が終了したら、本サイトの
更新は終了しようかと考えています。 これは高年齢になったから!という理由
よりも、もっと色々な事をする時間が欲しい!という理由によるものです。 
従ってアップデートを終了したといってもサイトを閉じようとは考えていません。
「ひとりごと」より
http://vicdiy.com/hitorigoto/hitorigoto.html#086

 とのことです。
 「蓄電池充電システム」の途中で終わっているようでした。このシリーズ記事は
知らなかったし、これこれ! というものでした。
 konnoさんのおかげです。
 「電池ボックス」とか。ものすごくちゃんと作ってしまう人なのです。技術力と
ともに忍耐力もすごいのです。
 この部分、gethtmlwしてないから、しよう、っと。


09675/09610 CRG00666  文太             この部品は何でしょう?
( 1) 20/03/14 11:16 09670:konnoさんへのコメント コメント数:2
 ちょっと常識的というか、「きっと……」みたいな回答で良いのですが、
konnoさんの知識、あるいは勘をおすそわけいただけないでしょうか。としきさんでも、
いいんですが? 見てないかな?

 1枚目の写真で、
 一番上(緑の線の上)に


 ■

 という配列の部品があります。抵抗ですよね?

 同じく1枚目の写真で、
 緑と白の線のあいだにも部品があります。茶色のやつです。
 これはなんでしょう? インダクタ?

 気になっていただけです。分かったからといって、回路の論理解析が1ミリでも
スタートするはずもないのですが。だって、トランジスタの意味がまったく分からない。

 でも、ホットボンド、必要箇所で掃除されましたよね。
 ありがとうございます。僕の低レベルな好奇心にお付き合いくださり、
とっても感謝しております。
 しかし、写真、ほんと、きれいになりましたね!

 SS12、2T1、J3。ばっちり見えています。僕の肉眼では、SS12が精一杯でした。m(__)m
 3本足のトランジスタ。


09676/09610 CXB00940  としき           Re: この部品は何でしょう?
( 1) 20/03/14 12:39 09675:文太さんへのコメント コメント数:2
参照先:http://toshiki.la.coocan.jp/
> いいんですが? 見てないかな?

見てはいますがね。
お役には立てそうもないというか。

>  一番上(緑の線の上)に

薄茶色?ベージュ?肌色?
何色と表現していいかわからないようなチップ部品のことですよね。
今回の写真では輝度の関係で不鮮明になってしまっていますが、C3とかC4と
いう表示があるようなので、コンデンサではないかと愚考するしだいです。

あと、小ネタというか、どうでもいい余分知識。
昔ならジャンパ線を飛ばすような回路基板を設計した場合。
最近のチップ式の基板では、ゼロΩ抵抗というチップ部品を使うそうです。


09677/09610 BQO00549  konno            Re^2: 検証、型番とLED
( 1) 20/03/14 23:49 09672:文太さんへのコメント
> >どうですか、SS12 と、2T1、J3 のように見えますよね。
>  老眼の僕には、現物はほとんど読めませんでした。虫眼鏡を使っても。
>  す、すごい。ご丁寧に、ありがとうございました。

最近のカメラは画素数が半端なくきれいですよね、ビックリです。

>  で、新しいデジカメを買われましたか?

そうなんですが、最近は瞳に映った背景からも個人情報特定されちゃうので
個人的なことはなるべくさらしたくないから、内緒ということで。

> >ご覧のように、3V〜6V で、25mA 定格の赤いLEDセットです。
>  これが分かりませんでした。「ご覧のように」とは?

失礼しました。パッケージの裏面に書いてあったのでした。

>  ただ、この辺から写真が読めなくなりました。上のケーブルが出ている黒の
> 四角い物体はなんでしょう?

100円ソーラーライトの本体です。(^^;
改造してケーブルが出ているのです。

> >電線を外すのが面倒なので、そのままLEDのリード線にバッテリー直結してみました。
>  これって、100均白色LEDを基板から外して、LED単体にしたということ
> ですか?(※) 昇圧回路との関係はどうなっているのでしょう?

いや、外してないのです。(^^;
だから、回路の影響を受けているかもしれないのです。

> >スイッチは切ってあるのですが、回路の影響を受けているのかもしれません。
>  あのスイッチは全部を遮断しますよね。だとしたら、事実上、(※)と同じ条件
> なのかな、、、。例のICは完全バイパスしてるんですよね?

このICはソーラーとバッテリーと、両側から電圧がかかった状態で動作できるので
LEDに繋いだバッテリーからの電圧で動作してしまうかもと、想像しました。
キチンと検証するならLEDを外してやるべきですが、面倒で。(^^;



09678/09610 BQO00549  konno            Re: この部品は何でしょう?
( 1) 20/03/14 23:58 09675:文太さんへのコメント コメント数:1
> ■
>  ■
>  という配列の部品があります。抵抗ですよね?

改めて見てみましたが、全く分かりませんでした。
抵抗計を当てて見ると、極性があるようでもあり、コンデンサ的な挙動の様だったり。
としきさんの助言で、コンデンサらしいとわかりました。

>  同じく1枚目の写真で、
>  緑と白の線のあいだにも部品があります。茶色のやつです。
>  これはなんでしょう? インダクタ?

これは極性があるようなので、ダイオードだと思います。
基板にも、D2 とか、D3 とか書いてあるので。
「表面実装ダイオード」で画像検索すると、似たようなのがあります。



09679/09610 BQO00549  konno            Re^2: この部品は何でしょう?
( 1) 20/03/15 00:05 09676:としきさんへのコメント
> 薄茶色?ベージュ?肌色?
> 何色と表現していいかわからないようなチップ部品のことですよね。
> 今回の写真では輝度の関係で不鮮明になってしまっていますが、C3とかC4と
> いう表示があるようなので、コンデンサではないかと愚考するしだいです。

なるほど、基板の表示ですね。
「表面実装コンデンサ」で画像検索したら似たようなものがありました。
「チップ積層セラミックコンデンサー」というものです。
どうやらこれのようです。

> 昔ならジャンパ線を飛ばすような回路基板を設計した場合。
> 最近のチップ式の基板では、ゼロΩ抵抗というチップ部品を使うそうです。

そんなものがあるのですか。
ジャンパ線を付けるよりも簡単だからチップ型にするということですかね。



09680/09610 CRG00666  文太             Re^2: この部品は何でしょう?
( 1) 20/03/15 15:49 09676:としきさんへのコメント
おひさです、としきさん
 はくしょん大魔王のように(ふ、古い。時間が止まってる)、すぐさまレス、
ありがとうございます。

http://tamaneko2.cocolog-nifty.com/vz2/2020/03/post-fc1d53.html
 こっちを見たわけですね。なるほど、なるほど、C3とかC4とかある。
 D3、D4もある。ダイオードだ(しかしなんでまた、そんなにたくさん?)
しっかりR1、R4もありますね。

 ゼロΩ抵抗についての情報も、m(__)m

 手元に現物があるのですが、写真のほうがまだよく見えます。
 じつはどこかを断線させたらしく、電池を交換しても光らなくなってます、
あはは。スイッチ辺りだろうと思っているのですが。


09681/09610 CRG00666  文太             Re^2: この部品は何でしょう?
( 1) 20/03/15 16:06 09678:konnoさんへのコメント コメント数:1
 いろいろと勉強になりました。まだ何もやってないのですが。m(__)m

>抵抗計を当てて見ると、極性があるようでもあり、コンデンサ的な挙動の様だったり。
 このあたりがヒットでヒントですね。コンデンサ相手に導通検査するとどうなる
のだろう? 「導通」のレンジって、うちのテスターだと「導通」(ピーとかいう)と
「ダイオードの極性」と「抵抗値測定」が同じになってます(セレクトでさらに選ぶ
のだろうけど)。これを当てるのが、今回のばあい、実に正解ですね。

>>  緑と白の線のあいだにも部品があります。茶色のやつです。
>これは極性があるようなので、ダイオードだと思います。
>基板にも、D2 とか、D3 とか書いてあるので。
 極性、すばらしいです!
 しかしなぜそこにダイオードなのか? そんなにたくさんダイオードなのか?

>「表面実装ダイオード」で画像検索すると、似たようなのがあります。
 これは、その後、僕もやってました。ほんとだ、コンデンサだ、とか。
 手軽にこんなことが分かる時代なんだから、少しずつでももう少し前進したい
ものなのですが、、、。

http://vicdiy.com/products/LED_prod.html
 これは眺められましたか? どれもそうなのですが、3つ目の屋外照明が、もう
根性の作品。丸くしたいって。

「自動放電・充電器」−−我々に近いところ
http://vicdiy.com/products/AutoDischarger_Charger/AutoDC_Charger.html
 これの下のほうの基板とかみると、、、。
 うわわわわわ、って感じです。


09682/09610 BQO00549  konno            Re^3: この部品は何でしょう?
( 1) 20/03/16 00:36 09681:文太さんへのコメント コメント数:1
> >抵抗計を当てて見ると、極性があるようでもあり、コンデンサ的な挙動の様だったり。
>  このあたりがヒットでヒントですね。コンデンサ相手に導通検査するとどうなる

普通コンデンサには極性がないですよね、つまり
これでは全く分からなかったということです。(>_<)

極性があるように見えたのは、繋がっている回路の影響だったのでしょう。

> http://vicdiy.com/products/LED_prod.html
>  これは眺められましたか? どれもそうなのですが、3つ目の屋外照明が、もう
> 根性の作品。丸くしたいって。

凄いですね、私にはとてもマネできません。

> 「自動放電・充電器」−−我々に近いところ
> http://vicdiy.com/products/AutoDischarger_Charger/AutoDC_Charger.html
>  これの下のほうの基板とかみると、、、。
>  うわわわわわ、って感じです。

この膨大な量、凄いの一言です。
少しでも参考にしたいですね。



09683/09610 CRG00666  文太             Re: 検証、型番とLED
( 1) 20/03/16 13:17 09670:konnoさんへのコメント
 忘れてしまいそうなので、今のうちにメモ的に失礼いたします。
 konnoさんを見習って、僕も、すぐに(?)検証実験をして報告しますので、
しばしの猶予をお願いいたします。

>ご覧のように、バッテリー2本で2.35V あります。
>これを、LED に直結すると、点灯しました。
>定格3V〜6V のLEDが、2.35V で点灯しました。

 たぶん、「定格3V〜6V のLED」、ここに、考え方の何がしかの不正確さがあると
にらんでます。
 LEDはある電圧以上になると点灯する。ある電圧以上になると燃える。そんな
性質のものだとは思います。定電流回路にしなければ、やがて電流が増加し熱くなって
やっぱり燃える。
 ただ、この商品の電圧が3V〜6V になっていて、330Ωの抵抗がついているのは、
そういう商品でありパッケージだから、ということだと思います。
 LEDの性質というのではなくて。

 乾電池2本から4本まで入れられます。明るさが変わりますよ、みたく。そのために
大きめ(強め)な抵抗が入っている。
 D2に同一商品ELPAがあり(しかしLEDの仕様は書いてない)入手しました。
 「ご覧のとおり」の情報、裏面にありましたね。

 また、仕様不明な白色LEDと、扇風機の基板から昨晩取った30年ものの
赤色LED(経年劣化するものなのですって)もあります。

 抵抗をいろいろ入れ替え、たぶん電源は、1.2V x2 or 1.2V x3でやってみます。
 1.2V x3が、白色の場合、基本だろうと考えているのですが。ダイソーの商品が
「単3あるいは単4、3本必要(別売り)」で作られているからです。
中には、3V(ボタン電池)x2なんてのもありますが。

 つまり、話のポイントは、赤は2V付近、白は3V付近がわりと標準で、それでも
2.6Vでも抵抗なしなら、白でさえ閾値を超えていて点灯はします。でも本来の光力(?)
ではいちおうありません。こんなことを確認する実験をしたいということです。
 手元の赤2、白1とも、抵抗なしで、1.3Vでは点灯せず、2.6Vでは点灯。
これは確認しました。

 もちろん、いまどきは、いろんな仕様のLEDがあるだろうとは認識しています。


09684/09610 CRG00666  文太             コンデンサの極性
( 1) 20/03/16 21:02 09682:konnoさんへのコメント コメント数:2
 この手の反応が多いようで、多少、気が引けてしまうのですが。

>普通コンデンサには極性がないですよね、
 いえ、ふつうは、「ある」だと思います。
 なんであるのか、と問われると、分かりません、なのですが。

https://www.digikey.jp/ja/blog/identifying-capacitor-polarization

 今回の件では、それはあまり意味がないと思うけど。
 しかし、我々の文脈で上をさいしょ読んでいたとき、はい、コンデンサに極性は
ありませんね、と思っていたのは、なぜでしょうかね? 絶縁されてて電気を貯める
もの、というイメージがあったからでしょう。
 なぜ、僕が、その後、あ、あるよ、と思いついたかというと、マザボ上の
コンデンサ張替えで、極性にすごく注意してたな、と思い出したからです。


09685/09610 CXB00940  としき           Re: コンデンサの極性
( 1) 20/03/16 22:36 09684:文太さんへのコメント コメント数:2
参照先:http://toshiki.la.coocan.jp/
何か勘違いがあるようです。

> >普通コンデンサには極性がないですよね、
>  いえ、ふつうは、「ある」だと思います。

「普通」の意味の捕らえ方が違うのかもしれません。
何百年も前に初めて発明された伝統的なコンデンサには、極性はありません。
今回、konnoさんがここで使われていると判断された「セラミックコンデンサ」
でも、一般的には極性がありません。特殊なものだと、あるかもしれない。
一方、電源回路では非常に使用頻度が高い「電解コンデンサ」の場合は、極性が
あります。


09686/09610 BQO00549  konno            Re: コンデンサの極性
( 1) 20/03/17 00:13 09684:文太さんへのコメント
> >普通コンデンサには極性がないですよね、
>  いえ、ふつうは、「ある」だと思います。
>  なんであるのか、と問われると、分かりません、なのですが。
>
> https://www.digikey.jp/ja/blog/identifying-capacitor-polarization

なるほど、電解コンデンサなどには極性があったのですね。
私も使ったことがあるかもしれないのに、無知でした。(>_<)

>  今回の件では、それはあまり意味がないと思うけど。
>  しかし、我々の文脈で上をさいしょ読んでいたとき、はい、コンデンサに極性は
> ありませんね、と思っていたのは、なぜでしょうかね? 絶縁されてて電気を貯める
> もの、というイメージがあったからでしょう。

高周波をカットする用途のパスコンなどは極性が無いかと思ったのですが
電解コンデンサは全く頭に無かったのでした。

>  なぜ、僕が、その後、あ、あるよ、と思いついたかというと、マザボ上の
> コンデンサ張替えで、極性にすごく注意してたな、と思い出したからです。

そういえば、最近は、スーパーキャパシタという、コンデンサ的なものが
バッテリーの代替として使われているようですね。
こういうものは当然極性があるのでしょうね。



09687/09610 BQO00549  konno            Re^2: コンデンサの極性
( 1) 20/03/17 00:18 09685:としきさんへのコメント
> 「普通」の意味の捕らえ方が違うのかもしれません。
> 何百年も前に初めて発明された伝統的なコンデンサには、極性はありません。
> 今回、konnoさんがここで使われていると判断された「セラミックコンデンサ」
> でも、一般的には極性がありません。特殊なものだと、あるかもしれない。
> 一方、電源回路では非常に使用頻度が高い「電解コンデンサ」の場合は、極性が
> あります。

としきさん、フォローありがとうございます。
コンデンサーの極性は用途やものによるということですね。



09688/09610 CRG00666  文太             Re^2: コンデンサの極性
( 1) 20/03/17 00:53 09685:としきさんへのコメント
 ありがとうございます。
 そうですよね、古典的には、「ない」ですよね。直感は正しい。
 なんで、僕が「電解コンデンサ」をコンデンサの典型だと思ったか、ふと思い出したか
というと、足の長さでした。
 LEDには、アノード(+)とカソード(−)があって、足の長さで判別します
(新品のばあい)。基板から古いLEDを取り外したとき、こっちを長く、こっちは短くと
やっていたのですね。で、あ、コンデンサ、足の長さで極性を表していたぞ、とか思った
わけです。
 遊びすぎで、疲れてる感じですねぇ。


09689/09689 CRG00666  文太             抵抗を入れた回路のLED点灯(理論編)
( 1) 20/03/17 00:54
 いちおう新規スレッドにしてしまいます。

マルツより

光色  順方向電圧VF  最大定格IF(mA) 最大定格VR(V) 
    typ(V) IF(mA)

赤   1.9   20   30       5
赤   1.9   20   20       5
赤   1.9   10   30       3
赤   1.8   20   50       9
赤   2.2   20   50       9

黄   2    20   30       5
黄   2.2   20   50       5
黄   2    10   30       3
黄   1.9   20   50       9

白   3.7   20   25       5
白   3.6   20   30       5
白   3.7   20   25       5

 要約すると、

赤   2.0V  20mA  30mA max    5V max
黄   2.0V  20mA  30mA max    5V max
白   3.5V  20mA  30mA max    5V max

 こんなものでしょう。いちおうこれを基準に。LEDの寿命などなどを考え、
typicalな電圧と電流は、この辺ですよ、効率いいのはこの範囲ですよ、と言っている
のだと思う。

 参照対象(典型的な数値)はこんな感じ。では、ELPAの3mm砲弾型LEDと
330Ωの抵抗はどう考えられているのか。なぜ3〜6Vなんてことになるのか。

 公式はこうです。
         抵抗を求めるなら、
 (電源電圧−LED降下電圧)÷電流=抵抗
         電流を求めるなら、
 (電源電圧−LED降下電圧)÷抵抗=電流

 ELPA環境では、抵抗は330と決め打ち。で、電源により電流はどうなる?

 3Vの場合。
 赤LEDは2Vだから、(3−2)÷330=3mA(ほんとに点灯が確認できるの?)

 6Vの場合。
 赤LEDは2Vだから、(6−2)÷330=12mA(まあ見えるのでしょう)

 安全は安全だけど、なんかしょぼいね。330Ωなんて大きなの、いれなくてもいいのに。
 こんな実験環境で超寿命とか狙ってどうする?

 で、手元には、100、47、22なんて抵抗がある。試しに計算。

3V:
1÷100=10mA
1÷ 47=21mA(最高じゃん、たとえスタートが1.6Vx2=3.2Vでも、、、)
1÷ 22=45mA(30mAマックスなのでこれは殺すね)

6V:
4÷100= 40mA
4÷ 47= 85mA
4÷ 22=182mA(どれも瞬殺でしょう)

 もっとでかい抵抗、もってきな。
 もちろん、すぐ出る。150、200、220。

4÷150= 27mA(危ない)
4÷200= 20mA(これでしょう)
4÷220= 18mA(安全?)

 3Vと6Vのパターンを合わせる(電池2本、3本、4本と、お客さまがやりたいだろうから)。
 3Vの100Ωでも、6Vで死ぬ。もっと上だ。220Ωでは3Vのときどうなる?
1÷220=4mA(見えるの?)
 はい、200Ωでしょう。
1÷200=5mA
 やっぱり、150Ω!
1÷150=7mA

 というわけで、150Ωの抵抗を使えば、電源3Vのとき7mA流れ、電源6Vのとき27mA
流れて、良いように思います。
 で、なんで、330Ωが入ってるわけ? LEDが、我々が基準としたのと違うのでしょう。

 以上は、乾電池相手の仮想的シナリオでした。2本(3V)のとき、3本のとき(4.5V。
これ計算してないけど)、4本(6V)のとき。
 現実には、ニッスイ相手なので、
1.4Vx2本=2.8V か 
1.4Vx3本=4.2V なんて電源で、

電池は使えば減るので、
2本なら 2Vから2.8Vの範囲(白色は無理。抵抗も入らざるを得ないのです)
3本なら 3Vから4.2Vの範囲

 やっぱり、面倒な実験は、セオリーどおり、3本だけとします。

 ※もちろん、上の理屈すべて、VIC大橋先生の「LEDの使い方1」からきてる内容です。


09690/09690 CRG00666  文太             プリンタを分解した話
( 1) 20/03/18 00:40 コメント数:1
 ほんとどうでもいい、日記みたいな話です。
 分解しました。なぜ? そこにプリンタがあったから、ではない。ジモティーで
「ジャンクプリンタ 100円」があったから。とても近場で遠くまで取りに行く必要も
なかったから。

 で、なんで? いえ、DCモーターがたくさん入っている、と聞いていたので、
一度やってみたかったのです。

 とにかく、余計な自問自答形式にもせず書くと、なんと、5つもモーターが
入ってました! いやあ、わりとモノ、モノ、モノな、いまどき珍しいモノ的な
モノです、プリンタ。プラスチック整形技術、最新テクノロジーが使われまくり。
何箇所か壊さなければ開けられませんでした。
 出たプラゴミの体積、オリジナル製品の体積の3倍。
 で、5つのモーター。何するの? いや、何となく。YouTubeで、モーターで
工作してる人がいっぱいいたから。

 おまけ。いまどきのバブルジェット複合機なわけです。液晶パネル面もついてる
普通のやつ。そこに、プッシュスイッチが計19個、黄色と緑のLED(3mm)が
6個。ハンダの練習しまーす。基板から殺さずに外してみよーとしてみまーす。

 あ、電源ユニットには、ダイオードが6個かな。電源用のでかいコンデンサーも
あるけど、これは使えないだろう。僕のスキルでは、という意味。この放熱板も
使えるか、、、。
 こうしてゴミ屋敷ができあがる、、、。

 数回しか使用してないプリンタだそうなので(2年放置)、スキルがあれば、部品は
使えるものばかりだと思うけど、、、。

 面白いと思いますよ。ま、子どもじみた(子どもそのもの)遊びですが、お金の
かからない遊びだとは思います。


追記:分解したプリンタは、Canon, MP500というもので、中で使われているコンデンサは、
日本ケミコンのKMGシリーズでした。
 コンデンサのリサイクルはあまり考えていないのですが、ダイオードを取るのに、まず
コンデンサを外さなくてはならなかったのです。
 とはいえ、400V, 82uFの、電源用コンデンサを2個ゲットしました。でかいです。買ったら
きっと高いです。まず使えないのだけど。電解コンデンサですね。

 わざわざこれを書いたのは、コンデンサ、やっぱり日本製だよなと思ったからです。
 数日前、30年ものの三菱扇風機をばらしました。首がまわらず、ジモティーで良いもの
をいただいたので、廃棄処分になったのです。ばらしたら、コンデンサが出てくる、出てくる、
でも、Rubycon (sp?)だったのですが、ほんと膨らんでない。日本製コンデンサ、偉大です。
 もちろん、ルビコン・コンデンサは、廃棄処分のまま逝かれたのですが。



09691/09690 CRG00666  文太             プッシュスイッチ
( 1) 20/03/18 00:41 09690:文太さんへのコメント コメント数:1
 テスターでいろいろ確認したところ、このスイッチ、モード切替の信号を送るための
ものみたい。つまり、押すとオン、離すとオフなわけです。知ってます、この手のスイッチ。
 でも、オンにするのに押し続けなければならないのって、辛いですよね。
 これ、何かの仕組みで、押したらオン、もう一度押したらオフにできませんか?
 お知恵を拝借したく。m(__)m


09692/09692 BQO00549  konno            解熱剤は必要?
( 1) 20/03/18 01:45 コメント数:1
ココログとの連携記事です
http://tamaneko2.cocolog-nifty.com/vz2/2020/03/post-81d9f9.html


最近見た2chのニュースで、気になる情報があったので、備忘録として張り付けておきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「イブプロフェンで悪化」「エアロゾル=空気感染」は誤り!? 新型コロナめぐる“真偽不明”情報に注意
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1584431035/


先週末には、フランスのオリヴィエ・ヴェラン厚生大臣の「感染者が(イブプロフェン、コルチゾンなどの)抗炎症薬を服用すると感染を悪化させる要因になる可能性がある。熱がある場合は、アセトアミノフェンを服用してください」というツイートに疑問の声が上がり、ウィーン大学がこの内容を否定、ドイツ連邦保健省も“情報はフェイクだ”と注意喚起している。


34名無しさん@1周年2020/03/17(火) 16:55:01.82ID:d/eixkUW0
>>1

イブプロフェンは、むしろ、「男性の睾丸」に副作用が確認されており、男性側の不妊原因になるそうなので、
いずれにせよ、アセトアミノフェンにしておいた方が良さげ。。。
子供欲しい男性はね。。。


252名無しさん@1周年2020/03/17(火) 18:31:20.50ID:824NuSfH0

解熱剤は必要? 飲むタイミングは? 内科医が教える風邪で発熱時の対処法
https://wotopi.jp/archives/81113

風邪で発熱するととてもしんどくなりますが、泉岡医師ははじめに、「熱が出るのは、ウイルスや細菌に感染したときです」と話し、その理由についてこう説明をします。

「ウイルスや細菌は、我々の体温が38.5度以上になるとたいてい死滅します。そのため脳と体は、体内に入ったウイルスや細菌と闘うために体温を上げて、
白血球の働きを活発にします。そうして免疫機能を高めます。つまり発熱とは、生体の防御反応のひとつなんです」

発熱は、体がウイルスや細菌をやっつけようとがんばっている状態ということです。では、解熱剤はすぐには飲まないほうがよいのでしょうか。

「熱が上がりだしたとき、37.5度までの微熱状態のとき、ぞくぞくと悪寒がして熱が出る予感がする段階では、解熱剤を飲んで体温を下げると、
ウイルスや細菌が死滅せずに風邪が長引きやすくなります。この段階では解熱剤を飲む必要はありません。



254名無しさん@1周年2020/03/17(火) 18:32:29.60ID:xweexlUQ0>>257
イブプロフェンに関してはインフルエンザ脳炎もあるし、妥当だけどね
ウイルスが脳関門を通過するということだから

やべえ感染症流行中は、イブプロフェンに限らずアスピリンとロキソニン系の強いのは禁忌、アセトアミノフェンだけが比較的安全で使用可能なのは常識。
コーチゾンってステロイドだよな。医師の監視下じゃない限り内服=全身投与はは危険って、CDCもWHOもSARSのときから言ってるだろうが。

ロキソプロフェン、イブプロフェン、ジクロフェナク、インドメタシンとか全部ダメ。

アセトアミノフェン一択



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



イブなんとかいう頭痛薬のことですかね。
以前飲んだことがあるけど、あまり効かないというので、うちはバファリンA使用してます。
まだ残っていたら、飲まないように気を付けなくては。

未確認ですが、風邪薬にも入っているそうです。パブなんとか?

風邪で熱があっても、やたらに解熱剤とか使わない方が良いとは思います。
特に今はね。

真偽不明の情報ではありますが、飲まないで済むならなによりです。

私は今年も風邪を引いたり、今は花粉みたいで目がしょぼしょぼしますが、薬は飲んでいません。



09693/09690 BQO00549  konno            Re: プッシュスイッチ
( 1) 20/03/18 01:54 09691:文太さんへのコメント コメント数:1
>  でも、オンにするのに押し続けなければならないのって、辛いですよね。
>  これ、何かの仕組みで、押したらオン、もう一度押したらオフにできませんか?

この手のスイッチはキーボードと一緒で、押された事だけを検知して、プログラムでモード切替しているのではないかと想像します。

そういう基板を作ればいいのでは。(^^;


09694/09690 CRG00666  文太             Re^2: プッシュスイッチ
( 1) 20/03/18 02:31 09693:konnoさんへのコメント
 深夜おそくにどうもです。m(__)m
 ウィルスと化け学と薬の話は、どうもピンときてないんですよね。感染しても
死なないみたいじゃん、とか。今年の冬は健康だった。
 とにかく、「キーボードといっしょ」か。まさしくそうですね。すごく納得しました。
うーん、表現って、ど文系には重いですね。これ、キーボードなんだ。オンオフは手でする
しかなく、離したらオフ。な、る、ほ、ど。押さなければマクロキーはキー入力として認識
されない。
 スイッチとしては、使えないなぁ。

 ダイソーのキーホルダーライトというのがあって、充電池と太陽光パネルつきなんですが、
これのスイッチがまさしくこれなんですよ。暗闇でカバンの中を照らす、みたいな仕様なので。
これをみたときも、おい、このスイッチ、なんとかならんのか、と思ったのだけど、難易度は
かなり高そうですね。なんともならん。
 おやすみなさい。
 即レス、ありがとうございます。


09695/09695 BQO00549  konno            10mのUSB延長ケーブル製作
( 1) 20/03/21 00:33 コメント数:2
ココログとの連携記事です
http://tamaneko2.cocolog-nifty.com/vz2/2020/03/post-3fc075.html


遠大なソーラー計画のために、10mのUSB延長ケーブルを製作することにしました。
そのためには、オス・メスのコネクタが必要です。
取り敢えず手持ちの物でなんとかしたいと思います。

古いボール接触式USBマウスのコネクタを分解してみました。
カッターナイフでゴム質のカバーを剥がすと、全体が金属ケースで覆われていました。
思ってたんとちゃう!!

金属ケースを剥がすと、今度はプラスチックの筐体が現れました。
端子が見えるので、こうなったら徹底的にばらすしかないと覚悟を決め、さらにばらしました。
なんとかプラスチックを分離して、結線端子が見えたので、ほっとしました。

コーナンで購入した芯径0.5mmで10mのケーブルをはんだ付け。
絶縁に不安があったので、赤のビニールテープを巻いてから金属ケースを被せました。
テープの厚みで、少し膨らんでしまいましたが、まあいいか。(^^;

最後にプラスチックのゴム質カバーを被せてプラスチック用の接着剤で張り付けましたが
これが失敗で、なかなか乾かず、くっ付かない。
結局最後は浮いているところをゼリー状瞬間接着剤で固めました。
始めからこれを使えばよかった。(^^;

見た目は金属がデコボコしていますが、何とか刺さるようには出来ました。(^^;
なんだかんだ1時間以上作業にかかってしまいました。
時給800円としたら、高すぎですが、一度やってみたかったので。(^^;

ここで10mのケーブルの無負荷時の電圧降下を確認してみました。
モバイルバッテリーの直近の電圧と、10m先の電圧を比べてみます。

写真では、どちらも同じ、5.14V になっています。
つまり、無負荷では、10mの延長ケーブルでも電圧降下は無いという結果になりました。
負荷があれば違うのでしょうが、私の用途ではこれが判れば充分です。

ついでに、12V用にと思って購入した、芯径0.75mmの20m延長ケーブルも電圧確認しました。
げげ、写真だと、直近で5.14V、20m先で、5.19V になっていますね。(>_<)
これはテスターが安物なので、表示が不安定で、シャッターを押したときたまたま高く表示したみたいです。
目で見た時は同じ、5.14V でした。つまり、あてにならないということです。(;_;)


さて、話を戻して、今度はUSBメスコネクタです。
これは以前、百均USB延長ケーブルのオス側だけ切り取って使用した残り物を使用します。
これを同じようにばらしました。

そして、10mのケーブルをはんだ付けしてビニールテープを巻いて組み上げましたが
やはり少し膨らんでしまいました。

こんな時の決め台詞、「まあいいか」。(^^;



09696/09696 CRG00666  文太             COBホルダーライト
( 1) 20/03/21 18:41 コメント数:1
 ダイソー製品です。COBとは、Chip on Boardという意味なんですって。よく見るな
とは思っていたのですが。
 めっちゃ明るいです。たぶんかなり強烈なLEDが10個ボードに貼り付けられて
います。スイッチはプッシュ式なのですが、4+1モード。強、中、点滅、オフ。これとは
別に3秒間長押しすると、SOSのモールス信号を点滅させる。ちゃんと長いツーと短いトンが
ある。

 なんで買ったかというと(言い訳的理由捏造)、単4を1本しか使わないから。3時間
もつとある。昇圧してんでしょ? とチップをみたかった。
 (勇気があれば、このLEDバーの部分だけ取り出して、電圧を上げていって、何Vで
点灯するのか分かる。やっぱり3Vぐらいなのかな? LEDは並列でしょう?)

 中身は、ICが1つ、トランジスタが1つ、インダクタが1つ、抵抗が1つ。
 正しいか分からないけど、これまでの超少ない経験から、インダクタを使ってジュール
シーフで昇圧、とか。貧しい(手前勝手な)空想力です。
 全体のロジックとしては、パネルからの充電がないぶん、単純ではあるのだろうけど。

 ただ明らかにプログラムが入っているわけです。それがICの中に焼きこまれている
のでしょう。
 プログラマブルなIC?
 トランジスタは(型番がないけど)、きっと汎用部品なのじゃないかなぁ。

 3時間しかもたないのが難なので、電池ボックスを作れれば、ニッスイ(4000mAh)
3個並列なんてして、20時間ぐらいもつようにできそう。常夜灯の明かりではあり
ません。ガリっと光ります。

 いつもの台詞ですが、「こんなのが100円で商品になれてしまうとは!」です。

 片付けが進まないので、宿題みたいなのは、もうちょっと先。
 毎日毎日、いろんなことが起こるのですよ、、、。
 ま、コロナ・ヴァケーションしてるのですが。


09697/09695 CRG00666  文太             Re: 10mのUSB延長ケーブル製作
( 1) 20/03/21 18:42 09695:konnoさんへのコメント コメント数:1
 やりますね! 僕、こういうの大好き!

 芯径0.5mmで10mのケーブルで、5Vに、無負荷で電圧降下なし。
 芯径0.75mmの20m延長ケーブルでも、たぶんなし。
 負荷つけて欲しいなぁ。どうなの、そこは? という感じ。やがて来るでしょう。
期待。

 とても貴重な情報だと思いました。そう、それぐらいの長さだとどうなの? と。

>時給800円としたら、高すぎですが、一度やってみたかったので。(^^;
 東京だと、最低賃金が1000円を超えていたと思います。あくまで「時給」労働の
場合ですが。地方だと800円台、まだあるのかなぁ?

>つまり、あてにならないということです。(;_;)
 笑いました。まあいいか、ですよ。

>こんな時の決め台詞、「まあいいか」。(^^;
 笑い。

>やはり少し膨らんでしまいました。
 気にしない、気にしない、動けば正義。

 さて、遠大な計画のその先は?


09698/09696 CRG00666  文太             追記
( 1) 20/03/21 20:32 09696:文太さんへのコメント
これの話です。

https://ameblo.jp/dodge-e-e/entry-12571127663.html

次はライト部分
 以下がこのホルダーライト。
 そうかぁ、けっこうむずいのかぁ。この人の発見の意味が分からない、、、。


http://c3plamo.blog.fc2.com/blog-entry-3335.html?sp
 やります。全部解析してくれてます。
 3Vであの10個のLEDがつく。電流はけっこうですね、やっぱり。

http://igarage.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-2f00.html
(以下、引用です。m(__)m)
※追試
電源電圧を変えた時のLED電流とLED電圧を計ってみました。
左から電源電圧(V)、LED電流(A)、LED電圧(V)
1.6 0.14 2.80
1.5 0.13 2.78
1.4 0.11 2.76
1.3 0.09 2.74
1.2 0.08 2.71
1.1 0.06 2.69
1.0 0.04 2.65
0.9 0.03 2.62
0.8 0.02 2.61

 がんばって、とにかく2.6V以上にするようです。
 電源0.8Vで2.61Vまで上げるのだから、すごいですね。
 電流との関係、定電流回路でない、などよく分かりませんが、

0.8Vの電源電圧で(乾電池ほぼ死亡、ニッスイもほぼ過放電)、
20mA(1個あたり2mA=すごく暗いはず)、でも電圧は2.61V。

1.6Vの電源電圧で、
140mA(1個あたり14mA=すごく明るいのでしょう)、で電圧は2.80V。

 ほんとスイッチを入れる以外に、手を出したくはないな、という感じになりました。



09699/09692 BQO00549  konno            Re: 解熱剤は必要?
( 1) 20/03/21 22:16 09692:konnoさんへのコメント
ココログのコメント記事を張り付けます。


泉岡医師の話は私は本当だろうと思いました。
疑う人は自分で検索して確認すればいいと思います。

イブプロフェンの副作用は、ヤバいと私は思いました。
今回の新型ウイルスは免疫ができないとも言われているので、相性最悪だと思います。
高熱が出る前に服用するのは絶対ダメだと思います。

タミフルなどで子供が異常行動起こすのも、体が熱を出してウイルスをやっつけようとしているのを強制的に熱を下げてしまうから、脳が混乱して異常行動するのではと思っています。
抗生物質の類も本当に必要な時以外は使いたくないです。


09700/09695 BQO00549  konno            3000円?ソーラーライトをUSBライトに
( 1) 20/03/22 00:23 09695:konnoさんへのコメント コメント数:2
ココログとの連携記事です
http://tamaneko2.cocolog-nifty.com/vz2/2020/03/post-cf08d3.html


遠大なソーラー計画とは?

今、USB携帯ソーラーパネルが遊んでいるんですよ。
もったいないので、ソーラーパネルが駄目なガーデンライトに給電しようと、10m延長ケーブルを制作したのでした。

写真のように、バッテリーの所にDCジャックと、逆流防止ダイオードと抵抗を付けて、5Vで充電する作戦です。
抵抗は、昔焼け焦がしてしまったものですが、18Ωくらいあります。
多分、5Ωから10Ωくらいがいいかと思いましたが、手持ちはこれしかなくて。(^^;

モバイルバッテリーに繋いでテストしてみました。
USBの電圧電流は、4.95Vで0.05Aと表示されています。
バッテリーの電圧は2.79Vなので、バッテリーには0.1Aくらい流れているのかな。
もう少し電流を流したいところだけど、今日はこのままでやってみます。


針金で吊り下げるようにしました。
DCジャックは単芯ケーブルを隙間から出してあります。
点灯させると結構明るくてきれいですね。

USBソーラーパネルから10mの延長ケーブルで玄関まで引きましたが、長さはギリギリでした。
次は20m必要かも。(^^;



09701/09695 BQO00549  konno            Re^2: 10mのUSB延長ケーブル製作
( 1) 20/03/22 00:30 09697:文太さんへのコメント
>  負荷つけて欲しいなぁ。どうなの、そこは? という感じ。やがて来るでしょう。
> 期待。

素人なので、何をどうすればいいかわからないので、負荷実験は無しです。(^^;

>  さて、遠大な計画のその先は?

#9700 に書きましたが、ガーデンライトをUSBナイトライトに改造して活用したのです。
これが第一段です。



09702/09695 CRG00666  文太             Re: 3000円?ソーラーライトをUSBライトに
( 1) 20/03/23 01:42 09700:konnoさんへのコメント コメント数:1
 すぐさま見たのですが、全体が見えない、というのが口おしいです。

 もちろん、過去からの流れで、3000円ガーデンソーラーライトのパネルだけ
ダメになっているというのは了解しております。そのライトの部分、昇圧(充電)回路を
使おう、あまっている「USB携帯ソーラーパネル」と、いわばニコイチしようという
のは、あ、うまいことやるね、と思ったのですが、10メートルがどこに入っている
のか、(きっと)試験的にいれた、5Vモバイルバッテリーとの関係が分かりません
でした。
 「USB携帯ソーラーパネル」というのは、suaokiの奴ですか? 出力5V?
 うう、全体が見えない、というのが感想です。

パネル − ライト − 5Vモバイルバッテリー
   (2ニッスイ内蔵)

 と、とりあえずなっているらしいのは分かったのですが、どこが10メートル
なのですか?
 パネル出力は、ライト内蔵のニッスイ直列2本に給電・充電するシステム
なんですよね?

 ちょっと時間おいて、もう一度で考えたのですが、分かりませんでした。
 そして、どうでもいいことですが、ブログ最後の写真(ライトが光ってる)の
電源はどこから来ているのでしょう? うちのと色が違いました、、、

 ダイオードのあと(まえ?)に、抵抗が入っている意味も、あんまり、、、。
 5Vを3Vに程度に落とすためですよね、、、???


09703/09695 BQO00549  konno            Re^2: 3000円?ソーラーライトをUSBライトに
( 1) 20/03/27 23:33 09702:文太さんへのコメント
> (きっと)試験的にいれた、5Vモバイルバッテリーとの関係が分かりません
> でした。

モバイルバッテリーは試験的にではなく、接続確認試験のために使いました。
本番は、USBソーラーパネルからの給電です。

>  「USB携帯ソーラーパネル」というのは、suaokiの奴ですか? 出力5V?
>  うう、全体が見えない、というのが感想です。

その通り、「USB携帯ソーラーチャージャー」の、suaokiの25Wです。出力5Vです。
以前から見ている文太さんならわかるだろうと説明を手抜きしていました。
ブログだと、初めて見る人もいるという前提で書かないと分けわかめですね。
なるべく説明を省略しないよう心がけるようにします。(^^;


> パネル − ライト − 5Vモバイルバッテリー
>    (2ニッスイ内蔵)
>  と、とりあえずなっているらしいのは分かったのですが、どこが10メートル
> なのですか?

[ソーラーパネル]--<10m延長ケーブル>--<USB-DCプラグ>--[ライト(2ニッスイ内蔵)]

こういう配線になります。

>  パネル出力は、ライト内蔵のニッスイ直列2本に給電・充電するシステム
> なんですよね?

ここは合っているので、どこで勘違いしているのかわかりませんでした。
10mの延長ケーブルは2か所に書いているのですが・・・

>  そして、どうでもいいことですが、ブログ最後の写真(ライトが光ってる)の
> 電源はどこから来ているのでしょう? うちのと色が違いました、、、

内蔵の単3ニッスイ2本、2.4V が電源です。
LEDの色違いがあるんですね。

>  ダイオードのあと(まえ?)に、抵抗が入っている意味も、あんまり、、、。
>  5Vを3Vに程度に落とすためですよね、、、???

USBの5Vから、2.4V充電池に充電電流0.5A流すという考えで

V=I*R のオームの法則から

5V=0.5A*10Ω

と単純に考えて、抵抗は10Ω位だろうと当たりを付けました。
ソーラー電源なので、過充電はあまり心配していません。

これの続編をこれから書くつもりです。(^^;



09704/09695 BQO00549  konno            ソーラーパネル→改造USBライトの続編
( 1) 20/03/28 02:33 09700:konnoさんへのコメント コメント数:1
ココログとの連携記事です
http://tamaneko2.cocolog-nifty.com/vz2/2020/03/post-864aef.html


前回の記事はかなり説明不足だったので、補足説明から

ソーラーパネルとは、「suaoki 25W USB携帯ソーラーチャージャー」です。出力5Vです。

[ソーラーパネル]--<10m延長ケーブル>--<USB-DCプラグ>--[ガーデンライト(2ニッスイ内蔵)]
こういう配線になります。


さて、5Ω程度の抵抗が欲しいので、府中のSTCというパーツ店まで行っていくつか買ってきました。
文太さん、ご紹介ありがとうございます。

まずは、4.7Ωと、5.1Ωの5Wセメント抵抗です。
テスターの精度とスイッチの接触が悪いので、何度か写真を撮り直しました。
4.7Ωは5.9Ωと表示されます。やり直してもこれ以上は下がりませんでした。
5.1Ωは6.0Ωと表示されます。

2W10Ωは、10.8Ωと表示されます。
最初に使用した焼けた抵抗は、14.2Ωと表示されました。
おそらく13Ω位なのでしょう。(^^;

6.8Ωは7.7Ωと表示されます。
この抵抗を使うことにしたんですが、取り付けた後で写真を撮り直したのであしからず。


各抵抗の電流値を測定してみました。
4.7Ωは0.23Aです。USBチェッカーでは0.17A です。
5.1Ωは0.22Aです。USBチェッカーでは0.14A です。
10Ωは0.14Aです。USBチェッカーでは0.05A です。
焼けた抵抗(13Ω?)は0.11Aです。USBチェッカーでは0.02A です。

6.8Ωは0.18Aです。USBチェッカーでは0.11A です。
今回はこれを使用するので、充電電流が0.18A程度となります。
百均の充電器が135mAの充電電流なので、このくらいでいいかな。

充電中のバッテリー端子の電圧は、3.52Vありますね。
付属の900mAhバッテリーの電圧は、2.71Vになっています。
一見使えそうですが、実際に点灯させると少し暗いし、朝まで持たないようです。
なので、百均の1300mAhバッテリーに戻しました。

これで運用して、今のところ問題なく朝まで点灯しています。

最後に今回の測定結果を一覧にしました。

抵抗A   実測値B   電流値C    USB電流値 5V/C=総合抵抗D  D-A
-----------------------------------------------------------------------
4.7Ω    5.9Ω   0.23A(164.0mA)  0.17A    21.7Ω   17 
5.1Ω    6.0Ω   0.22A(158.7mA)  0.14A    22.7Ω   17.6
6.8Ω    7.7Ω   0.18A(139.3mA)  0.11A    27.7Ω   20.9
10Ω   10.8Ω   0.14A(124.8mA)  0.05A    35.7Ω   25.7
(13.5)Ω? 14.2Ω   0.11A( 97.0mA)  0.02A    45.4Ω   31.9
-----------------------------------------------------------------------
                               平均22.62
一番下は焼けた抵抗です。抵抗値は推定値です。



09705/09695 CRG00666  文太             Re: ソーラーパネル→改造USBライトの続編
( 1) 20/03/28 10:31 09704:konnoさんへのコメント コメント数:1
 今回は、全体がくもりなく、くっきりと見渡せました。
 しつこくそれを言うなら、「百均の充電器が135mAの充電電流なので、このくらいでいいかな」
のところで、何の話? と一瞬、あたりが暗くなりました。「ダイソーのAC100Vを使う
ニッスイ充電器が」としてくれると、もっと分かりやすかったかな。(^^;

 ふと思うのは、画像があるとそれにけっこうな知力が「吸い取られている」のかな、
ということでした。ここに、(konnoさんからすれば、何のためだよ、ものでしょうが)
ダイソー充電器の画像が入っていたら、なるほど、すんなり行ったのでしょう。
 画像的に存在しない「百均の充電器」を、すぐに想像するのが難しかった、ということです。
 どうでもいいぞ。

 STCまで行って、ちゃんと数種類の抵抗を揃えてくる! 根性です。やる気です。楽しいの
です。立派! すごい!

>付属の900mAhバッテリーの電圧は、2.71Vになっています。
>一見使えそうですが、実際に点灯させると少し暗いし、朝まで持たないようです。
 これはオリジナルものですよね。5歳くらい? 直列2つで2.71Vということは、
1つ、1.355V(こうなっていないのが現実でしょうが)。十分な充電ですよね
(うちの大半のニッスイも、維持できる最高はこんなものです)。でも、朝までもたない。
やはり「容量」が減るんでしょうね。


>なので、百均の1300mAhバッテリーに戻しました。
>これで運用して、今のところ問題なく朝まで点灯しています。
 めでたし!

 これでうまく運用していけるのなら、それがベストなのでしょうが、抵抗の選択に
「もうちょっと上は?」とも考えました。
 つまり、天気が悪いときもあるじゃないですか。だとすると、せっかくパネルが電気を
作ってくれるのだから、抵抗に捨てさせるより、ぞんぶんに電気を蓄えてもらったほうが、
とかも考えました。過充電防止装置もないので、このへんは、貪欲は電池を殺す、とも
なりかねないので、微妙なところですが。
 (ここ、後から挿入的に書き加えてますが、ダイオードも電圧降下させますね。システム
全体の抵抗、つまり「総合抵抗D」には入ってるはずですが。)

 6.8Ωより5.1Ωが、、、。というような感触でした。
 「焼けた抵抗」は、13Ωとか。ムダが、、、。STCまで行って抵抗を買い、きちんと
測った甲斐があったというものですね。

 普通のテスターとUSBパネルメータの電流値の違いは、後者が作動するのにそれだけ
電流を使ってるということですよね。

 とにかく、楽しいです!
 5V&10メートルでも、ちゃんといけますね!
 (つまり、僕的には、12V&15メートルでも、行けるな、ということ。)

 前に「負荷をおいて計測」という話がありました。発電場所(パネル)から充電池まで
10メートルある(負荷のライトも)。これを10メートル・ケーブルなしで、発電場所
ま近で運用して比較すると、現実的な違いが体感できるのじゃないですかね。ま、実際に
使う場所で、不都合なく運用できるようになれば、この違いを知って何になる? ものですが。

 僕が、こんなシステムでよく分からないのは「負荷」の考え方と計測の仕方です。
 つまり、やってみるしかない。
 単純には、同じ抵抗を入れて電圧なり電流を計測し比較すればよい。これで10mケーブル
による電圧降下は知れる。
 ただ、相手がバッテリーのときは? なんてことです。バッテリーの充電状態で、いわば
抵抗値が上下するでしょう? むにゃむにゃむにゃ。本筋から逸れるので止めておきますね。

 (蛇足的に、無関係でもなかろうことを簡単に書いておくと、12Vバッテリー2つを
並列にして、大から小にチャージしています。40Ahものから14Ahものへ。
前者13V、後者11.5Vのばあい、両者が12.5Vぐらいになり、充電が止まるのに
24時間以上かかりますね。太陽光パネルで発電してニッスイにためるのって、同じこと
してますよね。もちろん、違いもありますが。)

 最後に、簡単に。
 ダイオードとセメント抵抗の足が気になりました。きっちり固定すれば、まず問題ないので
しょうが、ショートが、、、。「空中配線は止めましょう」、よく聞きます。
 じつは昨晩、電池ボックスから出ていたリード線でショートさせました。タバコの煙かと
思ったら、リード線が燃えてた。2回目。けっこう、やれてしまうのですね、こんなこと。
 こ、怖かったです。


09706/09706 CRG00666  文太             \300スポットライト(2)
( 1) 20/03/28 22:40


 いえ、下の重くて長いスレッドを持ち上げるのもなんなので。
 このタイトルで長々続けるほど話題はありません。工夫も細工も何もしていません。

 うちには、18個のガーデンライト(もどき)があり、階段とか廊下とか居間とか
深夜僕が通過したりする空間に配置されています。どれも、毎朝専用トレイで回収され、
ベランダの出されます。夕方取り込みと再配置です。朝5分、夕方(あるいは夜)5分
の労働です。けったるいなぁ、と昼前まで放っておかれる場合もたまにあります。
 明るいところに配置されている連中は昼間、点灯しません。トイレ前とか階段下の
ような暗い場所の連中は昼の12時でも点灯します。

 とにかく。
 今日、300円ライトが昨晩深夜点灯していなかったという報告を受けました。
これらの常夜灯のお世話になっているのは、僕だけではない、ということ。

 今日、雨の予感もあったので、いつもより光力の弱いところ、しかしこれらライトが
点灯しない程度には明るいところへ置きました。
 夕方、300円ライトだけ、やっぱり点灯しない。ほかの17個は(大半100円
ライト)、点く。
 つまり、電池消耗がいちばん激しいのは、300円スポットライトであるという
こと。
 点かなかったときのの電圧は、1.2V。保護回路、強力なんですね。
 その後、しょうがないので、12V鉛に常時接続となっているチャージャーで充電。
1.4Vぐらいまで上がり、先ほど(使用開始4時間後)確認したら、ちゃんと
点いてる。
 スポットライト、LEDのせいか、回路のせいか、電気消費がかなりあると見ました。
これだけ、単3が入っているのに。

 他の17個は、毎日12時間使用(点灯)、毎日6〜8時間充電で、たぶんもう
2週間ぐらい、メンテナンスフリーな感じで、仕事をしてくれてます。中のニッスイは
エネループかダイソー(エボルタスだっけ?)100円充電池になっていますけれど。

 またしても同じ台詞ですが、充電池って偉いね。


09707/09695 BQO00549  konno            Re^2: ソーラーパネル→改造USBライトの続編
( 1) 20/03/28 23:42 09705:文太さんへのコメント コメント数:1
>  (ここ、後から挿入的に書き加えてますが、ダイオードも電圧降下させますね。システム
> 全体の抵抗、つまり「総合抵抗D」には入ってるはずですが。)

このダイオードは、5Vで0.5Vくらい電圧降下があるようです。
ダイオードは電圧や電流によって挙動が変化するので、そんなものかなくらいに思っています。

>  6.8Ωより5.1Ωが、、、。というような感触でした。

実運用で、10m先にUSBチェッカー付けてモニターしてますが、5Vで0.14A 流れます。
つまり、バッテリーには0.22A流れていると思われます。
うす曇りでも5Vで0.11Aだったので、充分だと思います。

>  前に「負荷をおいて計測」という話がありました。発電場所(パネル)から充電池まで
> 10メートルある(負荷のライトも)。これを10メートル・ケーブルなしで、発電場所
> ま近で運用して比較すると、現実的な違いが体感できるのじゃないですかね。ま、実際に
> 使う場所で、不都合なく運用できるようになれば、この違いを知って何になる? ものですが。

私は上のデータで、10mでも実用上は問題ないなと考えています。

>  ただ、相手がバッテリーのときは? なんてことです。バッテリーの充電状態で、いわば
> 抵抗値が上下するでしょう? むにゃむにゃむにゃ。本筋から逸れるので止めておきますね。

モバイルバッテリーでのテストではほぼフル充電の状態であれだけ電流が流れていたので
5.1Ωだと過充電の恐れがあるかもと考えたのでした。
明日の朝まで点灯していればこの選択が正解だったと判断できます。

>  ダイオードとセメント抵抗の足が気になりました。きっちり固定すれば、まず問題ないので
> しょうが、ショートが、、、。「空中配線は止めましょう」、よく聞きます。
>  じつは昨晩、電池ボックスから出ていたリード線でショートさせました。タバコの煙かと
> 思ったら、リード線が燃えてた。2回目。けっこう、やれてしまうのですね、こんなこと。
>  こ、怖かったです。

ショートは怖いですよね。
今回はダイオードもセメント抵抗もリード線が太いのでそのままいけると思いました。
ただ絶縁はしておかないとやっぱりまずいですよね。(^^;



09708/09695 CRG00666  文太             Re^3: ソーラーパネル→改造USBライトの続編
( 1) 20/03/30 01:39 09707:konnoさんへのコメント
 全体にそっかぁ! みたいな感想でした。僕が、間抜けていた、ということなのですが。

 これ、かなり、贅沢なシステムなんですよね。suaokiは、5V出力とはいえ、25Wの
パネル。つまり、10Wの発電でも2アンペアを流すことがある。
 オリジナルのパネルは、さきほど測ったら、80mm x 80mmぐらい。4V x 0.5A=2W
の発電装置(大きめな推測)。たとえ途中に10mのケーブルがあっても、suaokiを使えば、
「何も考えなければ充電池を過充電にするよ」なシステムだったのですよね。
 抵抗+ダイオードで、電気を熱に変えよ、なシステム。

 どういえばいいのだろう?
 僕が数字に弱かった、ということ。7V出力(推定)なパネルとか(suaoki)、4Vのパネルに
ふさわしいシステムとか(\3000ガーデンライト・システム)、どうも、なじめてなくて。
 数字って、体感するのに、直感するのに、訓練がいるなぁ、という、しょうのない感想です。

 いろいろ、勉強になった、というより、数字の世界をなめるなよ、そっちだって、その
数字の意味が感じられないと、ぜんぜん分からない、と簡単になるんだぞ、という教訓を、
いちおう、いただきました。

 もう一つは、全体の方向性。電気は十分つくってくれる。それをどう制御するか、これこそが
課題。この方向性が見えていなかったのです。

 自転車屋さんからもらった巨大ニッカド充電池と、格闘しております。電動アスシトは、
かつて、ニッカドを採用していた!
 重いです。でかいです。
 単1乾電池と同じようなサイズの巨大ニッカド20本。
 やれやれ、というしかないですね。


09709/09709 CRG00666  文太             1.2V, 3.8V, 12V
( 1) 20/04/01 20:50 コメント数:2
 なんか規格上に意図があって、タイトルのような電圧設定になっているのでしょうね。

ニッカド、ニッスイ  1.2V
リチウム       3.8V
鉛           12V(2V x 6 cellsだけど関係なし)

 ということです。つまり、ニッスイを3つ直列にするとリチウムと、
ニッスイを10個直列にすれば、鉛と同等。リチウムは3つで、まあ鉛と同等。
 なんでこんなことを書くかというと、そんな仕組みを利用した(たぶんけっこう
アバウトな)チャージコントローラがあり、ニッスイは基準電圧が低いので3直列
で使うことがあり、いま直列のままチャージしてるからです。
 これら3種(または4種)は、チャージの際、微妙な差異があります。鉛はトリクル
チャージをちゃんとしたほうがいいけど、リチウムは要らない、あるいはしてはいけない、
とか。

 しかし、こういう細かいことを言わなければ、たとえば、うちでいちばん
インテリジェントなチャージャーでさえ、3直列のニッスイをリチウムだと思って
チャージしてくれます。してくれる、なのか、してしまう、なのかは判断が微妙な
ところですが、とにかく、チャージします。
 言わずもがなの数字を出すと、リチウムは3.2V-4.2Vの範囲、ニッスイは1.0V-1.4Vの範囲。
ニッスイ3直を満充電にすると、4.2Vになる。ね、リチウムの満充電時の電圧と同じ
でしょう。

 まだ使ったことないし、ここにこれを書くことにあまり意味はないようにも思いますが、
これに気づかせてくれたのは、たぶん、AliExpressでいちばん安いチャージコントローラの
取り説(\300ぐらいだったかな?)。「ニッスイもリチウムも鉛にもチャージできますよ、
この数を直列にしてね」とあった。
 Solar Power Controller, DHS-3S-7.4V 11.1V3
 U:7.4V 11.1V
 I:3A
とケース本体の裏に記述のある商品でした。



09710/09709 CRG00666  文太             直列ってどうなってるの?
( 1) 20/04/02 02:49 09709:文太さんへのコメント コメント数:1
 わ、分らない、という事態になりました。こういう場合、どんなキーワードで
ググレばいいのでしょうか?
 多いパターンなのですが、ニッスイの電動アシスト自転車のバッテリーを入手しました。
 1.2V直列で20本が連なっていました。
 今後の利用を考えて、3つの直列6本と、2つの直列1本を切り出しました。
(ニッケルプレートで溶接されているわけです、オリジナルでは)

 3本のほうは計3.6Vから4.2Vまでとなりますから、そのまま充電器に接続し、
まるでリチウム(4.2Vmax)のように充電しました。
 僕が知るところでは、こういう場合、バランシングはあんまりなされないと思うのです。
 つまり、1.4+1.2+1.0V な直列では、1.4が過充電になって全体としては、
4.2になる。
 もうちょっと微妙だろうとは思うのですが、現実には、1.3, 1.2, 1.2になりました。
 何をどう考えればいいんでしょうか?

 結果に驚いてはいないのですが、直列における充電、これについて、何か一言でも
アドバイスをいただければと思いました。
 原理の話です。


09711/09709 CXB00940  としき           Re: 1.2V, 3.8V, 12V
( 1) 20/04/02 20:31 09709:文太さんへのコメント コメント数:1
参照先:http://toshiki.la.coocan.jp/
>  なんか規格上に意図があって、タイトルのような電圧設定になっているのでしょうね。

規格上の意図としては、きりのよい値だから。
というのは、文太さんのほしい答えではないですよね。
だけど、それも正解の一部。

ある種類の電池が発生できる電圧というのは、正極と負極の極板の物質でだいたい
決まるのではなかったかな。電解液の成分も関与するとは思うけど。そして、
それは理論的には半端な値になります。
例えば、鉛蓄電池は1セルあたり2.1ボルトをちょっと超えたくらい。
cf. wikipedia「鉛蓄電池」
でも、そういうのを正直に書くと煩雑。
なので、6セルで12ボルトと表記します。
あるいは、昔、ちょっとだけ出てあっという間に消えていったオキシライド電池。
1.7ボルトくらい出るのですが、1.5ボルトと表記されていました。
ニッケル水素も、厳密にはニッケルカドミウムよりもちょっと高い電圧だけど、
互換性を強調する観点から1.2ボルトという表記になったはず。
cf. wikipedia「ニッケル・水素充電池」の中の「Ni-MH」の章の「歴史」の項

なお、自動車用バッテリーが12ボルトの理由はwikipediaの「自動車の電源電圧」
で概略が説明されています。


09712/09709 CXB00940  としき           Re: 直列ってどうなってるの?
( 1) 20/04/02 20:46 09710:文太さんへのコメント
参照先:http://toshiki.la.coocan.jp/
>  結果に驚いてはいないのですが、直列における充電、これについて、何か一言でも
> アドバイスをいただければと思いました。
>  原理の話です。

電池の内部抵抗が関係してくる問題です。
電池の劣化って、起電力の低下と内部抵抗の増加に帰着します。
内部抵抗が増加する場合、取り出せる容量が減ると同時に、充電できる容量も減る
ということも意味します。
自動車用バッテリーでの冷間時始動電流の話でもありましたよね。

なので、バラ電池から組み電池を作るときには内部抵抗を測定することが必須。
また、これは直列だけではなく並列のときも関係してきます。
だから、例えば自動車のバッテリーを並列で接続しっぱなしにすると、内部抵抗の
関係で片方だけ充電されてしまうことが起きるのでアイソレーターが必要、という
話にもつながってくるわけです。

内部抵抗を厳密に測定することは難しいのですが、例のキルヒホッフの法則で
大体の値を推定することは可能です。


09713/09709 CRG00666  文太             Re^2: 1.2V, 3.8V, 12V
( 1) 20/04/03 23:51 09711:としきさんへのコメント
としきさん
 ご返信、ありがとうございます。
 面白かったのですが、ちょっとコロナ疲労です。知ってます? 「オンライン授業」。
 これのお陰で、疲れまくり。まあ、ここで一気に教育環境のIT化が進むのだろうな、
みたいなところです。よくあることなのですが、僕はそれをあまり信じてない、でも
それをしてください、と言わざるを得ないということになってるんですね。
 ま、対面授業と同じことなんて期待しないように。スマホしか通信手段がない大学生も
いますので。ZOOMとかやめて、語学はテキストベースが一番です、と信じているの
ですが、、、。
 一気にYouTuberになってみようか、、、。

 せめてノートパソコンと光ファイバー、有線LAN環境を持ちましょう! と言いたい。
 最終的には、君がやればできるようになる、やらなければ一生できない。これだけ
なんですけれど。
 オンライン・ゲーム業界が活況のようですが、知らないよ!

 なんだか急展開。正直言って、どうして東京がニューヨークと同じにならないという
前提で全体が動いているのですか、と言いたい。
 しかし、コロナ・ショックでいいこともあった。CO2削減は、できる、ということが
証明されました。死者がある程度、出るんでしょうけれど。

 電気ネタ、ゼロで、ごめんなさい。
 太陽が出てれば発電はできる。問題は、蓄めるのがあいかわらず難しいだけだ。これは
変わりませんね。でも、電動アシスト、狙い目です。すごい普及率です。自宅待機を要請
されると、バッテリー交換が急速に進むかな、イヒヒ。
 うん、リチウムイオンは偉大です! あえて、ニッカド、ニッスイで遊ぶというのも
ありかな、とも思っておりますが。半田技術のスキルアップ!