[HOME]  [現在掲示板へもどる]     [全部表示 会議室風]  [最新100]  [最新50]   [新着40]    [全部表示 保存用]
番号順 最新50記事     FGALVZ  

09535/09511 CRG00666  文太             Re: 防災用としての鉛バッテリ
( 1) 19/11/18 20:47 09531:文太さんへのコメント コメント数:1
 毎日、思いつくことがあり、すいませんです。
 今日は、かなり冴えているのか、いくつもアイディアが浮かんでしまい
ました。といっても、そもそも「こんな」固定観念に縛られていた、の
「こんな」の部分があまり明らかではないと思うので、アイディアの新鮮さ
は、うまく伝わらないと思うのですが。


 (000)現役(もうすぐ引退)バッテリーへの低電流長時間充電の
効果は、それなりにありました。総合的な評価には、まだまだ時間がかかり
ますが。例の大きなバッテリー、一晩KAMI・1Aチャージャーに
繋がれ、12.73, 12.65の記録を残しています。このチャージャーの満充電
のサイン黄色ランプが朝、点灯していました。この電圧を維持できるのなら、
交換の必要がなかったということになりますが、そう甘くはないと見ています。

 (00)ただ今、大きなパネルは完全にシステムから外れています。
作り直しが進んでいないから。

 (0)それでも、謎ニッスイのテストのような非日常的行為以外の、
iPhoneだのiPadだのタッチライトなどの充電は行わなくてはなりません。
これが日常的行為のほう。これは、主に、ACコンセント・12V鉛・
チャージャーというような接続でなされています。これら、主に5V
デバイスには、AC100Vからでも直接給電できるのですが、、、。


 (1)ここで閃いたのです。うまく表現できないのですが、《防災用》
であり《日常的にふつうに》使っている状態をつくりたいのなら、これで
いいのだ、と。太陽光発電正規の方法にこだわりすぎていたな、と。
 つまり電気が足りないなら、ACを使え、と。

 たとえば最悪なのは、空のバッテリーがあると天気が良くなるのを
待つ、とか。ぜんぜん防災用でない。災害はいつやってくるか分からない。
お金のことを考えているから、こういうことになる。もちろん、お金は
大事。投下資本を少しでも回収したい。でもぉ、数十円とか数百円の話
だよ、それ。KWhで30円とか40円とかだぜ。
 もちろん程度問題ですが、ある程度のものは、いつでもすぐ使えるように
予備電源が確保されていなければならない。だから、太陽光で足りない
ぶんは、AC100Vから入れれば良い。

 (2)メリットが生まれます。たとえばモバイルバッテリーの充電は
なるべく昼間に行う、なんてのから自由になります。その手の身近な
デバイスへの充電は、寝てるあいだ、つまり夜やるべきなのです。
 まあ、事実上、そうなっていたのですが、、、。

 (3)12V鉛を中心に考える。健全な(3年ものは健全と判定されて
ます)12Vバッテリーが複数あるなら、そこをいくつか空とは言わない
けど、ある程度空きがある状態にすれば良い(空きがあるバッテリーがない
と太陽光発電の意味がなくなる、というジレンマがあります)。天気が
よさそうなら、電気はそこに貯めておく、勝手に貯まっていくようにすれば
良い。

 (4)12V鉛小をバラバラに積極的にモバイル運用する。僕はこれを
4つ繋げて、鉛大的に使おうとしていました。バラバラにして(小さいから
持ち運びが楽)、移動させてバンバン使う。あんまり18650に頼ろうと
しないほうが、経済的というか、取り扱いが楽。リチウムイオンも、ただで
手に入る予定ではあるのですが、、、。工作に時間がかかるから、、、。

 (5)電圧差の問題はあるが(電流が流れすぎるのに注意)、12V鉛と
12V鉛の並列接続で、12V・DCを1つのバッテリーからもう1つの
バッテリーに直接流すことを考える。主に大から小へ。小は大より、電圧
が低くないといけない。ここに昇圧回路を入れることは、考えてもよい。
つまり鉛大12.2V、鉛小12.2なんて場合、間でいちど14Vくらい
に昇圧すれば、鉛小が13Vくらいには容易になる。

 (6)12V+12V直列で、24Vを得るということも考えられる。
24V太陽光発電システムは「まじ電力」(c)テンダーと呼ばれていて、
ちょっと敷居が高いよね、と思っていたのだけど、太陽光パネルとかそこに
直接繋がるバッテリーとかを考えなければ、24Vを得るのはまったく難しく
ない。24Vだと何がいいか? 20VあたりデバイスであるPCが降圧で
簡単に動かせる。効率がいいし、ダウンコンバータの入手も容易。24V程度
なら、よほどの馬鹿をしなければ、死なない。これは考え方として、大きな
進歩だと思う。

 (7)最後に。とはいえ、基本である「電気を貯めるのは大変。なるべく
作ったときに作ったところで使いましょう」は、忘れてはいけない。できる
なら、モバイルバッテリー機器への充電は、やっぱり昼間に済ませられる
なら、済ませられたほうが良い。鉛の自己放電率5%、リチウムイオン5%
以下。後者は、優秀です。2%とかじゃないかと感じてます。2か月まえに
充電した、目の前にある12Vファン@リチウム6本駆動@12V、のリチウム
は、まだ12.2Vとか言ってますから。2か月前、12.3Vだったと
思う。へ、減らないのね、君、という感じ。Made in Japan, たぶん、Sanyoか
Panasonicでしょう。ノートPCバッテリーの殻割りのものです。間違いなく
10歳以上。20歳かも。


 ちょっと発想の大きな転換でした。伝わらないな、たぶん。自分では
すとん、ときてるつもりなのですが。つまり、小さなリチウムとニッスイ
から電気を使おう、12Vが必要な場所では、どうやってこれらを組電池に
するべきなのだろうか、とか一生懸命考えていたわけです。鉛小から直接
で良い。
 正直いって、上の「アイディア」(?)「発想の転換」(?)は、僕の
個人的宅地的事情がけっこう入っている、入っていたのだとは、思います。



09536/09511 CRG00666  文太             鉛、寿命時の振る舞い
( 1) 19/11/19 21:25 09534:文太さんへのコメント コメント数:1
バッテリー電圧が13V以上あっても寿命だった!!
https://www.youtube.com/watch?v=L0VO20S6Lw8

 どんぴしゃな動画があったので。「バッテリーの状態は電圧だけでは
分かりません。負荷をかけてきちんとテストしましょう」(c)自給知足さん。
 動画では、負荷をかけたら13V→4Vとかに落ちてる。エンジン
スタートは、できず。

 おそらく、この状態になったら車バイクのスターターバッテリーとして
ばかりでなく、太陽光発電システムの蓄電器としてもやばいのでしょう。
本質的に寿命、みたいに見えますね。太陽光システムに入っていたら、
どんな症状を呈してくれるのかは、分かりませんが。
 「そのバッテリーを太陽光システムに入れてみてくれませんか」とは
言えませんしね。


 (以下、編集、書き直ししています)

 今日、自車のバッテリーを「ちょい走りテスト」にかけました。驚いた
ことに、13.44Vとかを停車1時間後に示していました(16:25)。ちょっと変、
高すぎ。10キロ程度の距離で、4回スタートさせてるのに。やばそ。
 現在(5時間後、21:25)、12.74V。明日の朝、12.30(最低レコード)まで
落ちたら、低電流作戦はみごとに失敗したことになります。
 逆に、12.70とか12.68とかなら、おお、復活! となります。

 追記:ただ今、24:30。12.70V。復活というか、ちゃんと満充電にさせて
やれよ、という感想です、今のところ。
 そして、翌朝9:00。12.62V。着実に落ちてるとも言えるし、このあと
どうなりますか? みたいな感じですが、保存、太陽光システムで活用、
となる予定です。
 新品(再生品)を買ってしまったから載せ換えますけどね。

 またしても日記。すいません。日記をこんなに書き変えるのって問題だと
思う。

追記:
 (1)うちのエンジンを始動させてみて電圧降下がどれだけかみてみれば
けっこうな健康診断になるぞ。助手必要。

 (2)こっちは大げさなので、「やばそうだから、試したい」という直観
がはたらかなければ、短期的にはやる予定はありませんが、拾い物バッテリー
の状態を知るには、車につなげてエンジンをかけてみる、という方法があり
ますね。
 フォグランプでいいんじゃないでしょうか。

 (3)もっと正確なテスターみたいのがあるのだろうとは空想してますが、
上と同じテストを整備工場でもやってるのかもしれませんね。

 自画自賛ですが(笑&汗)、教育的でいい動画だったと思います、、、。





09537/09511 BQO00549  konno            Re: 鉛、寿命時の振る舞い
( 1) 19/11/19 23:48 09536:文太さんへのコメント コメント数:1
> バッテリー電圧が13V以上あっても寿命だった!!
> https://www.youtube.com/watch?v=L0VO20S6Lw8

げげ、こういうこともあるんですね。ビックリしました。

>  どんぴしゃな動画があったので。「バッテリーの状態は電圧だけでは
> 分かりません。負荷をかけてきちんとテストしましょう」(c)自給知足さん。
>  動画では、負荷をかけたら13V→4Vとかに落ちてる。エンジン
> スタートは、できず。

これは大変参考になりました。
今度、電圧計を刺したままエンジンを掛けてみます。

動画でちょっと気になったのが、テスターを放置したら数字が勝手に上がっていくところ。
静電気ですかね。うちの安いテスターも似たような現象があったけど。

>  (1)うちのエンジンを始動させてみて電圧降下がどれだけかみてみれば
> けっこうな健康診断になるぞ。助手必要。

シガープラグタイプの電圧計なら一人で確認できると思います。
今度やってみます。



09538/09511 CRG00666  文太             Re^2: 鉛、寿命時の振る舞い
( 1) 19/11/20 00:39 09537:konnoさんへのコメント コメント数:1
>シガープラグタイプの電圧計なら一人で確認できると思います。
>今度やってみます。
 な、なるほど! シガソケでの電圧降下も調べるべきですね、、、古い話
です。
 じつは、あそこのヒューズを飛ばして、もう1か月。10分でできる作業を
ずっとさぼっております。
 サブバッテリーシステムに逆流防止ダイオードを入れなかったのが原因です。
ものすごくはっきりしている。論理はわかってる、実践が伴わないのですねぇ、
うほほ。

 この名案に、敬意を表し、明日、というか今日、やります。ありがとう
ございました。「助手必要」と書いて、よかった。ちょっと後で書き足した
のです。ありがとう!



09539/09511 CRG00666  文太             車用ハロゲンライト
( 1) 19/11/20 01:40 09535:文太さんへのコメント
 ちょっと調子にのって。
 車用ハロゲンライト、「KOITO, シールドビーム/2灯式/12V車用」というのを
買ってありました。ガレージオフ、500円。「動作未確認」。
 ネットで調べるのに苦労しました。これです。

http://www.elv-er.jp/detail/detail.aspx?ItemNo=27650

 何が難しかったかというと、ライト裏の端子の意味が分からない。どれがプラスよ?
マイナスよ? 3つ端子があるのはなんなのよ?

   −
  | |

 端子はこんな感じ。

 極性は、
   −プラス(ロービームだと思うけど、判定不能。切れてると思う、、、。)
  | |プラス
マイナス
 でした。

 100V -> 3-12V (5A) の AdapterPower, model: JDT-001 なんてACDCで
動作確認をしました。プラスマイナスが間違っていたら嫌だから、低電圧から
試そうと、これを使うことにしました。
 結果は、リサーチのとおり、上記の極性で、ハロゲンライトの「動作確認」が
とれました。
 なんと、50Wとか60Wとか使うのですって。4,5アンペア流れるのですね
@12V。これで、鉛バッテリー調査用負荷、軽め版は、入手できました。


 とはいえ、基本に戻る。これら鉛バッテリーは太陽光発電での蓄電用にある。
スターターとしてダメだから、蓄電でダメとは限らない。そもそも負荷がとっても
軽いはずのシステムなので。
 スターターバッテリーは極端に重い負荷がかかる、そのあとは満充電が保たれる
ようなシステム用に作られている。


09540/09511 BQO00549  konno            Re^3: 鉛、寿命時の振る舞い
( 1) 19/11/25 00:21 09538:文太さんへのコメント コメント数:3
> >シガープラグタイプの電圧計なら一人で確認できると思います。
> >今度やってみます。

買い物に行くときにやってみました。
電圧計を刺した状態でキーを回して
カーステレオが表示した時に 12.3V う、ヤバいかも
もう一段回した時に、    12.0V や、ヤバい!
エンジン始動した時に一瞬、 5.〇〇 と、5V台まで下がってから
エンジンがかかりました。直ぐに 12.3V まで上がったので電圧計を抜きました。

帰りにもう一度やってみましたが、ほぼ同じでした。
やっぱりもう交換した方が良さそうですね。
おそらく4V台にまで下がったらエンジンはかからないのでしょう。

>  じつは、あそこのヒューズを飛ばして、もう1か月。10分でできる作業を
> ずっとさぼっております。
>  サブバッテリーシステムに逆流防止ダイオードを入れなかったのが原因です。

これは私もやらかしそうなのですが、10分で出来るならそんなに心配しなくていいか。

>  この名案に、敬意を表し、明日、というか今日、やります。ありがとう

文太さんのところではどうだったのでしょう。
新品のバッテリーなら、7V くらいで踏ん張るのでしょうかね。
容量にもよるか、とすると、容量は大きめの方がいいのかも。



09541/09511 CRG00666  文太             Re^4: 鉛、寿命時の振る舞い
( 1) 19/11/25 15:58 09540:konnoさんへのコメント
 詳細なレポート、ありがとうございます。臨場感ありました。
 僕のほうは、今週末まで無理だな(意外に高い壁がたくさん)という
感じです。すいません。

>カーステレオが表示した時に 12.3V う、ヤバいかも
>もう一段回した時に、    12.0V や、ヤバい!
>エンジン始動した時に一瞬、 5.〇〇 と、5V台まで下がってから

>やっぱりもう交換した方が良さそうですね。
>おそらく4V台にまで下がったらエンジンはかからないのでしょう。
 うん、安全をとるなら、、、。
 車が動かなくてもそれほど困らないよ、という場合は、体感と経験を信じる
というのも手かもしれません。僕は、そのような不安定を許容できる日常じゃ
ないので、すぐ換えるべきなんですが、、、。
 でも本番は2月でしょうからね。もっと寒くなる。
 毎晩、充電してます、、、。今晩も、、、。載せかえる暇がなくて、、、。
 新しいのは手元に届いているのに、、、。


09542/09511 CXB00940  としき           Re^4: 鉛、寿命時の振る舞い
( 1) 19/11/26 00:48 09540:konnoさんへのコメント コメント数:1
参照先:http://toshiki.la.coocan.jp/
> これは私もやらかしそうなのですが、10分で出来るならそんなに心配しなくていいか。

一口に10分と言っても様々ありまして。

先日、なんかの製品というか回路で、電源の入らないものをチェックする機会が
ありました。常套手段として、電源回路から追いかけようとしたのです。すると、
まず真っ先に目に付いたのがヒューズ。乗用車なんかで一般的に見られるものと
同じ形状の平型ヒューズでした。
こいつが切れていないか確認するために抜こうとしたんですが、これがきついの
なんの。素手で抜こうとして抜けず、一瞬、基板に直接半田付けしてあるのかと
思ったくらい。いや、実際、以前ばらしたことのある無停電電源装置でそういう
平型ヒューズが直接基板に半田付けしてあるものを見たことがあるものでして。
だけど、よくよく見ると、明らかにコネクタ接続。
結局、ペンチではさんで引っこ抜いて切れていないことを確認。そのあと、再び
きついコネクタにはめたのですけど、抜き始めてからはめ終わるまで10分近く
かかってしまいました。
あとから思えば、テスターでヒューズの先まで電気が流れていることを確認し、
通電していなかったらそのときはじめてヒューズを抜けばよかったのかもしれま
せん。だけど、そのときはまさかそんなにコネクタがきついとは思っていません
でしたから。
そういえば、30年ぐらい前、自分の車だったか他人の車だったか忘れましたが、
車のヒューズボックスの蓋の角がヒューズ抜きの冶具のような形状になっていて、
それで引っかけると簡単に抜けるけど、それを使わないとえらく大変だった車と
いうのに触ったことがある。

あとは、まぁ、経験値というものもありますかね。
例えば、ペットボトルを黒スプレーで塗装する、なんていうのも、私からしたら
10分未満の簡易で軽微で些細な作業ですが、konnoさんにとっては一大事のよう
ですし。



ところで、バッテリーの寿命判定といったらCCAで行うのが一般的だと思い込んで
いたのですが、このツリーでは触れられていませんね。
もしかして、意図的に避けられているのでしょうか。
だとしたらごめんなさい。


09543/09511 CRG00666  文太             Re^5: 鉛、寿命時の振る舞い
( 1) 19/11/26 13:49 09542:としきさんへのコメント コメント数:1
>結局、ペンチではさんで引っこ抜いて切れていないことを確認。そのあと、再び
>きついコネクタにはめるまで、やっぱり10分近くかかってしまいました。
>あとから思えば、テスターでヒューズの先まで電気が流れていることを確認し、
 あはははは、ありがちですね、これ。

>車のヒューズボックスの蓋の角がヒューズ抜きの冶具のような形状になっていて、
 僕の車には予備ヒューズボックスがあって、そこに専用の冶具が入っているのですが、
まだそこまで手が届いてません。はははははは、汗。
 すぐ動けない、動かないのは、シガソケ用電圧計が見つからないから、見つけようと
してないから。

 CCA。安いメーターでいいんですかねぇ? 持ってますか?
 僕は、安物を中国に発注したはずなのだけど、、、。
 鉛はけっこう深いなぁ、伝統と歴史の賜物。積極的に活用したいと
思っています。いちおうデサルフェーションについての信用できる動画を2つ
見つけたのだけど(パルスとケミカル=エプソムソルトに否定的)、同時に
「やっぱリチウムでしょう」というかなり説得的な動画もみてしまった。
 鉛って、けっこうワイルドにもなりえるのですね。も、も、もしかしたら、
konnoさんの鉛バッテリーでも、復活の可能性があるじゃないか、と思わせる
動画もありました。でも、無理は無理なんだろうなぁ。
 手は動かず口だけは動く、、、。

 黒ペットボトル。まだ出してきてない、、、。


09544/09511 CXB00940  としき           Re^6: 鉛、寿命時の振る舞い
( 1) 19/11/27 00:01 09543:文太さんへのコメント コメント数:1
参照先:http://toshiki.la.coocan.jp/
>  CCA。安いメーターでいいんですかねぇ? 持ってますか?

持っていません。
#8145で「欲しいなぁ」と書いていますが、それっきりですね。
安いものはほんの数千円なんですけどねぇ。

去年か一昨年の夏、うちの車の定期点検の際、ディーラーから
「そろそろバッテリーが劣化していますよ」
といわれたのですよ。なので、定量的な値が欲しくて、
「なら、CCAの値を教えて」
といったら
「測定器がありません」
ときた。
トヨタ系としては多摩地区で大手のディーラーなのに、なんということだ。
さすがに、CCAという用語は知っていましたけどね。


09545/09511 CRG00666  文太             生き物だし、、、
( 1) 19/11/27 17:29 09540:konnoさんへのコメント
 けっきょく、バッテリーの追加チャージばかりしております。
 そして、ヒューズの入れ直しもシガソケ電圧計の探索もせず、助手の
確保により、とりあえず目の前の課題の一部を片付けました。新品(再生品)
との入れ替え前に、のちの比較のため、最低限これだけはしたかったから。

【1回目】
13.15V
12.89V
12.70V エンジン始動時の低下は観測できず。
    このあとオルタネータ給電により14.5くらいまで上がる。

----- エンジン停止 -----

【2回目】すぐさま
12.77V
12.53V
12.45V エンジン始動時9.00V

 こんな結果ですが、でも、こっちが最近敏感になっている、またここの
ところ寒い、という悪条件を加味しても、僕はこのバッテリーがかなり弱っている
(始動に何か感じる、電圧低下は必ず起こる。12.7は保てない)と判断しています。
 ほんとにもらってきた連中よりも能力は低いように思える。たぶん、全部
3年(以上)使用のものだから、どんぐりだろうけど。
 交換!

 上のデータがほとんど参考にならないのは、フロート充電を続けたあとだから。
 能力の低下を数字でみるのは素人にはかなり難しいと思うけど(勘が働く、想像
ができる指標・ヒントは、注意してればあると思う)、最低限の条件である
「チャージのあと24時間は落ち着かないからね」さえ無視してます。
 それでも、交換が賢明、という判断には自信をもってしまってます。
 長年の経験が何事かささやいております。



09546/09511 CRG00666  文太             CCA
( 1) 19/11/27 17:31 09544:としきさんへのコメント コメント数:2
 経験談とリサーチ・お勉強のきっかけありがとうございました。
 お勉強の成果はそのうちまとめますね。
 でも、条件でものすごく変わるものみたいなので(「フル充電して24時間おけ。
マイナス18度に」などが厳密)、ディーラーが数字を出したがらないのも、まあ、
あるかな、とも考えました。
 ディーラーには、劣化度測定のためのテスター(電圧以外も知れる)とかあるん
じゃないですかね? 曖昧な記憶では、オートバックスの車検では、電圧だけプリント
されて出てきてましたね。

 よく調べてないけど、バッテリーにそもそも「僕のCCAはいくつです」と書いて
ないものもあるみたい。
 もちろん、簡易版のCCAテスターは存在していて、僕はちゃんと注文していた
ようでした。2300円ぐらいの品。ま、参考値として、かな。注文が1週間前程度
なので、届くのはいつのことやら。


09547/09511 CRG00666  文太             バイクショップ!
( 1) 19/11/27 22:27 09511:文太さんへのコメント コメント数:5
 と、タイトルにはビックリマークをつけましたが……。元気は、ない、、、。

 車整備工場(車載大型鉛バッテリー)、自転車屋(ニッスイ&リチウム)と
きたあとは、バイクショップです。小型鉛を狙いました。12Vのまま、鉛の
まま積極的に活用していくことになりましたから。
 こっちのほうが持ち運びが楽だし。鉛→鉛チャージも簡単だし。

 が、あまり元気で調子の良いことは言えない。Red Baronはダメです。2店で
とっても丁寧にすまなそうに「本社に一括で戻すシステムなんですよ、うちは」
と言われた。2店目を試したのは、すごく意地悪に、すごくせこく、すごく疑い
深く、僕が上の言葉を疑ったから。2店目でもまったく同じ回答。ここもまた、
とっても丁寧に、そしてすまなそうに、答えてくれました。いくばくかの自己嫌悪
を覚えた……。

 バイクショップって、グーグルマップでさがすとそこらじゅうにあるのね。
で、3日目(もちろん、この3日は連続してません)。小さな個人経営のお店へ。
職場から近いところ一軒目(この日は3軒目まで用意していた)。はい、12個の
1.4Ah(原チャリ)から14Ah(中型? 大型?)の鉛ゲットです。
 ただ、バイクのバッテリーは、店主にまったく悪意はないのだけど、ひどい
のも多いです。原チャリとか自転車感覚でしょうからメンテしない、ほんとに
ダメになるまで交換しないことがある(想像)、という理由なのでしょう。
ゼロ・ボルトのものが3つあったのかな?

 (これに比して、チェーン店で大きめで回転のはやい整備工場は、バッテリー
の質が良いです、きっと。運もあるが。もらった4つの大型鉛、健全です。しかし、
うちでも〔!〕同居人の反対にあい、生活空間にそれらを配置することは認めら
れず−−地球のためだよ、とかいうウソは通じない−−、年内に外のベランダに
棚兼ボックスを作るということで平和条約が結ばれました。)

 とにかく、とりあえず現在の戦果は、小型鉛、健康っぽいの7つでしょうか。
 いちばん元気そうなの(12.93Vまで行った)を、ただいま放電中 w/ ハロゲン
50W。鉛はゴムみたいな奴なので、なかなか11Vまで落ちてくれませんが、
1時間ぐらいの放電で空にして、そして、ふたたび1アンペアで1晩チャージ。
これを3回X7個とかやると(21日かよ)、作業が完了する予定です。(注)

 ダメな5つくらいも、いろいろと実験はできるのだけど(重曹で中を洗い、
エプソムソルトを入れる、あるいは希硫酸を入れる、などなど)、たぶんやらない
と思う。そんな時間はないよ。
 この手のワイルドなやり方は、YouTubeで、Lead Acid Battery recoveryとか
入れると、いっぱい出てきます。まあ、遊びとしては面白い。「ありえない」とか
僕は言わない。でも、それ、そのあと継続的に使える物になりましたか? という
疑問は強い。面白いのですが。

 えてして、小さいの(原チャリ用)がダメですね。

 とにかく、
 こういう作業になるとチャージャーは数があればあるほどよい。12.2Vまでしか
入れてくれないけど(2A)、Wii用電源アダプタが、ふたたび活躍しました。12.2V
より先はフロート充電とかあるから、いちおうの専用チャージャーでやってます。


(注)いちおう「正しい鉛リカバリーの仕方」に準拠してる、つ、も、り、です
(僕がやってるのは生存確認ですが)。これについては、内容をダイジェストして、
ある動画を紹介する予定。体力があれば。疲れ、たまってますけど。



09548/09511 CRG00666  文太             鉛リカバリー#1
( 1) 19/11/28 20:57 09547:文太さんへのコメント コメント数:1
 ワイルド篇。
 比較的マイルドなワイルド。

Acid Lead battery restoration recovery

2/3
https://www.youtube.com/watch?v=C6p1a_Yw6_Q
3/3
https://www.youtube.com/watch?v=DuoerUTIhkI&list=RDC6p1a_Yw6_Q&index=1

芝刈り機(mower)用12V鉛バッテリー再生
 「95%の成功率、3-4年もつ」とのこと
 重曹で掃除(サルフェーション除去)
 希硫酸でなくエプソムソルト水を入れる

2:44 まずチャージ。泡でる(boiling)。1アンプをバカ・チャージャーで。
   意図的過充電作戦。6つとも泡。good sign。2,3日?
4:24 10オンス(283g)重曹+1ガロン(4.6l)お湯(蒸留水でなくてよい)
6:35 希硫酸すてる
8:00 重曹水ブクブクブク
   サルフェーション除去、何回もやれ
12:12 Shake it up, boil the sulfation out. ゴロゴロして全体に重曹を回す。
    12オンス(340g)エプソムソルト+1ガロン(4.6l)蒸留水
    dump it in! 入れろ。
19:58 バカ・チャージャー(dumb charger)で充電。3日。ブクブクブク。
7:49 sizzling. ブク、ブク、ブク

 飛ばし飛ばしみてるので、もしかしたら大事な情報を落としているかも。

 ここまでやらなくても、とにかく1アンプみたいな低電流で長時間チャージすると
確かに硫酸の結晶は落ちるみたいです。音も聴ける。3.64Vでスタートし、ダメでしょ、
これは、と思っていたのが、wiiアダプタ2日間で(たぶん2A流れなかった)、11.4V
まで上がり、めでたく、12V鉛用チャージャー「KAMIくん」につながれるところ
まできました。生存可能性のあるバッテリーが8つに。
 ハロゲンライト50Wで5つくらいの有望バッテリーを放電しました。活性化してる、
覚醒した、そんな感触できています。

 日記。
 オートバックスで比重計を買った。近所の薬局で希硫酸10%を注文した。
オートバックスにはバッテリー用希硫酸は売ってなかった。昨日知ったことを話したら、
店員の若い女の子に「ありがとうございます。勉強になりました」と感謝された。
(アメリカでは、名前は忘れたけど、鉛バッテリー用の希硫酸がそれ用として市販
されている。日本でも昔はあったのかもしれない。)
 どこまで本当にやる気なのかは、分かってません。

 やれるか分からないけど、あと3回ぐらい、このワイルド&理論派シリーズが
続くつもりです。
 後半2つは、端折るけど、原理的&現実的アプローチです。
 でも、上と同じだけど。ただエプソムソルトも重曹も使わないだけ。僕はそのラインで
3.64V->11.4Vを、いちおう真似しました。手元にある道具で、できる範囲で。

追記:別の動画をみたら、重曹は硫酸を中和するためのものだから、バッテリーの中には
入れるな、とあった。古い硫酸を捨てるのに使うべきメソッドみたいですね。自己責任で
お願いします。いちおう蒸留水で洗い、新しい10%希硫酸を入れる、ぐらいが適切な
ラインか? 硫酸濃度がオリジナルより高くなるような気がするが、、、。そこは比重計
で、、、。エプソムソルトは結晶の形が違うから、デサルフェーションに使える、とも
ありました。




09549/09511 CRG00666  文太             時間感覚
( 1) 19/11/29 01:15 09548:文太さんへのコメント コメント数:1
 ご存知でしょうし、既にお気づきでしょうが。
 とにかく時間は、かかります。忘れても大丈夫な方法を思いつきたい!
 現在、9個の小さめ鉛の調教をしています。いちばん大きいのは、14Ah。
5キロはあるのじゃないのかな。バイクにこんなの乗ってるんだ?!

 とにかく、こいつ、Yuasaもので、有望なのです。シールドでなく、ふつうに
6個のネジ式空気弁がある(実験段階では、もちろん外してます。ネジ式でなく
シールドだって外してます)。
 で、これをほんとに完全放電できたとしたら、14Ahを使ったことになり
ます。1アンペアで充電しなおしたら、14時間じゃないですか! そんな
効率よくいくわけがないので、20時間とか30時間とか!

 僕はこの作業を自分の部屋でやっているので(納屋とか実験室とか持ってないし)、
僕が居ないときは、ぜんぶ電気を切るのですね。
 あいつが、いつまでもいつまでも、充電モードでいるわけが分かりましたよ。

 ただ、総じて、鉛は楽しい奴です。
 使い物にはなるまい、とは思っているのですが、再生というか状態チェックの
長時間労働も楽しいのです。できたら、太陽の電気で、この作業をやりたいのですが、、、。
 うそ、電圧あがった?! というのは、芽がでた! と同じような感動体験です。

 9個目のこいつ、ゼロ・ボルト・スタートだったのだけど、生きるつもりあるの
かよ?

 「とにかく時間はかかります」って、あの手のYouTube動画の、何が楽しいって、
1週間後とかを、20分で見られるから。でも、それが「1週間後」であることを
僕はじゅうぶん意識しています。
 時間がゆっくり流れてるみたいですね、と羨ましがっているわけです。

 もちろん、僕はこいつらには、はやく仕事をせい! と言いたいわけです。



09550/09511 CRG00666  文太             Re: 時間感覚
( 1) 19/11/29 13:08 09549:文太さんへのコメント
> で、これをほんとに完全放電できたとしたら、14Ahを使ったことになり
>ます。1アンペアで充電しなおしたら、14時間じゃないですか! そんな
>効率よくいくわけがないので、20時間とか30時間とか!

 ここなのですけど、もっとかかる場合は容易にありうるな、と思いつきました。
経験はまだないのですが。もっとも、あのプクプク(再生初回充電)は、少し
その手の経験かもしれない。
 これから上げたいと思っている「模範解答」的やり方の動画では、もっとすごい
解説があります。「最初の低電流長時間給電には、電流が流れ始めるのに、
1,2日、あるいは最大で3週間かかる場合があります。3週間経ってもダメなら
そのバッテリーは完全死を遂げているので、捨てましょう」とかある。
 こ、こんなの地下室か納屋か実験室がなければやれない、、、。

 ただいま、職場で、もちろん朝、給電ケーブルを3本、オフにして家を出ました。
これでは充電が(デサルフェーションが)いつ終わるか、分かりませんね。
 もちろん、このような展望は、楽しくありません。



09551/09511 CRG00666  文太             廃蓄電池の価値は
( 1) 19/11/29 22:45 09511:文太さんへのコメント
 新たにツリーを起こすことでもないように思うので、ここに。
 取り込んでいたり忙しいようでしたら、とりわけ急いでレスする必要は
ないですからね。

 2019.10.04のブログ記事のことなのですが、

1回目
00:00  0%   11.6V  0.49mA 開始後直ぐ11.6Vになる
2回目
00:00  25%   11.7V  0.49mA
3回目
00:00  43%   11.8V  0.49mA
4回目
00:00  66%   12.0V  0.49mA

>おお、少し容量が増えたみたい。(^^;
 とのことでした。

 鉛バッテリーを4回満充電にして、モバイルバッテリーに4回チャージした、
ということですよね?
 鉛の満充電は、ACからのチャージャーですか?
 これを繰り返すと、保持できる電力が増えるのかもしれない、と最近の経験で
空想しました。あてになりはしませんが、フロート充電みたいな1アンペア、あるいは
それ以下の電流だとなお効果的かも、しれません。
 インテリジェントで優秀なチャージャーだと、あまり効果的でない、とのこと。
 効率のことはまだまったく分かりませんが、鉛って意外にしぶといのねぇ、と
感じています。

 僕の鉛小たちで、0Vでスタートしたのが2つ、3.6Vが1つ、6.2Vが
1つありました。見栄えがあまりに貧相なので(汚い)、構ってやらね、とか
思っていたのですが、どれも入る電圧があがってきています。活性化、覚醒化が
繰り返されると低いレベルなのだろうけど、とりあえず使えなくはないところまで
復活するかもしれないな、と想像をしています。
 バイク用なので(?)、これら全部シールドですが、フタを開けて水の量を確認
し、フタ開けっ放しでやってます。昨晩、1つに水を入れすぎたらしく、噴き
こぼしてしまった。念のため下に敷いた板の上に。たぶん硫酸がまだ溶け出して
いなかったとみえて、慎重に対処しましたが、被害はありませんでした。プク、
とか、プクプク、とか言って、可愛いですよ。

 部屋にこの黒い物体が10個。僕の部屋なので、誰かに文句は言わせません。
が、冷たい視線はたしかに感じます。「何やってんだか、いい大人が」という
口にされない意見に、僕も密かに賛同していますけれど。



09552/09511 CRG00666  文太             まずフタを開けて水量確認
( 1) 19/11/30 01:33 09547:文太さんへのコメント
 車用の大型バッテリーならスクリューキャップになっているので、まず水量を
確認すると思います。足りないのに充電すると、まあ、いいことはないでしょう。
 バイク用バッテリーだと、シールド・タイプが多いのもあって、そして、最初から
12.2Vなんて場合もあるでしょうから、わざわざ水量確認しない場合もある。
 夜中、全部とりあえず開けてみて、水を確認しました。足りないのばっか。

 どのようなサイズの鉛バッテリーであっても、まず、開けるべきです。
 下手をすると丈夫すぎるプラスチックを壊してしまうしかない場合でも、開けるべき
だと思う。も、もしかして10個、回復できるのか、なんて夢の誘惑に駆られてます。
 ま、夜中に、おお、とか喜んでいるだけなのですが。
 はい、いい歳した大人です。大人のお遊びです。
 でも、キャップを開ける際、何かが起これば硫酸が目を直撃する危険性はあります
ので、その辺は大人らしく、ちゃんと対策してから臨みましょう。



09553/09511 CRG00666  文太             ワイルド・チャージング
( 1) 19/11/30 02:09 09547:文太さんへのコメント コメント数:1
 現在、4つのチャージャーもどきで、鉛を充電しています。とりあえず、
食えるだけ食ってくれ、そして、その白い結晶を少しでもおとしてくれ、と。
 で、使われているのは、KAMIくん(いちおう12V鉛バッテリー用
低能チャージャー)2つと、Wii 12.2V, 2A アダプタと、Sharp 7.5V,
100mA アダプタ(何用だか不明)。後者だけでやると永遠にかかりそう、、、。
でも、とりあえず「悪くないはず」なACDCは、これ以外、見つからなかった。

 ACDC変換アダプタ。多くの家電製品が必要とするあれ。どんな理由かは
思い出せませんが、7.5Vあたりでいいんじゃない? とハードオフで昔
買ったのを、現在使ってます。とにかく、ゆっくりゆっくり、その白い結晶を
水に戻しておくれ、という感じです。
 あ、Sharp 7.5Vものは、なぜか10Vで給電してくれてます(粗悪品アダプタ
なのだろうと想像)。何アンペア流れているかは、調べてません。こっちも検証
していくべきなんですけどね。

 最低限の知識と最低限の予算で、夢をみつつ実験できます。



09554/09511 CRG00666  文太             鉛リカバリー#2
( 1) 19/11/30 18:38 09547:文太さんへのコメント コメント数:1
 これで終わるかも。疲れがたまった、仕事もたまった、、、。
 別にワイルド篇はなくてもいいしね。

How to PROPERLY Recover and Recondition a Sulfated Battery
by knurlgnar24
https://www.youtube.com/watch?v=6x-JfckAt20

 模範演技、と僕が呼んでいるものです。たぶん、理屈的にも正統派
なのでしょう。彼の他の動画とかみると、やってること、すごいです。あの
ダイダイのバッテリーを8個だったかな、を繋げてむにゃむにゃ。
 全部を見かえす気力はないので、曖昧な記憶ですが、職場の倉庫で
4年眠っていたものを安く譲ってもらったのだったと思う。すごく安く。
正規の値段で新品を買うと、このダイダイ、4.5万円のバッテリーらしい。
 そしてこいつだけ、半ば死んでいた。それでリカバリー。デサルフェーション。
 職業的にその手の先生なわけでもないのかもしれないのだけど、話し方、
内容、すべてにおいて模範演技です。すごく聴きやすい英語だし。
(内容の理解度については話が別)。

 前置き(場合によりけりだからね。しかしこれが基本で一般的〔generic〕
なやり方)も、後書き(でも、こんな作業はちゃんとメンテして満充電にして
おいてやれば不要なんですよ=まあ、現実的とはいえないけど)も、正しすぎる
ぐらい正しい。


-1:10 バッテリー不調の兆候
 (1)電流(電気)を受け取らない
 (2)放電時のアンペア(電流)不足
 (3)放電時間が短すぎる
こんなとき、サルフェーションが高い確率で疑われる。

3:00- 以下の2つはダメ。
 (1)薬品投与(ちゃんと効くならメーカーがやってるよ)
 (2)パルス・チャージング(とにかくダメ。特許とか当てにならないからね)

 対象は、10.12Vと思しい。

4:20- マイコン入りのインテリジェント・チャージャーは使えない。
    ダム(dumb=バカ)・チャージャーで、過充電作戦でやる。
    しかし、最初はとにかく低電流。
   (ここで言ってないけど、たとえば0ボルトのバッテリーだとガガガガガと
    電流が流れる。きっとバッテリーを壊すのだろう。ゆっくりゆっくり低電流
    で、白い粉を水に溶かしてゆくのだろうと想像しています)
    この人は、とにかく電流を抑えるため、抵抗(たしか2オーム)を入れている。
    なければ、なくてもいいし、ランプみたいな負荷でも良い。
6:40- 0.1A! これを1,2日あるいは3週間。少しずつ受け取ってくれる電流値
    が上がっていく(creep up)。やがて1Aあるいは2Aへ。そしてまた落ちる。
     −−ここまでステップ1−−
     −−ステップ2−−
8:00- 電流値をモニターする。電流値が上がって安定するのに1か月かかることもある!
   ここだった、1か月で安定しないなら、電流が上がらないなら、そのバッテリーは
   捨てよ(この辺を無視してるな、俺)。
     −−ステップ3−−
8:20- 待つ。そして電流値が安定したら、そこから24時間さらにチャージする。
   flood typeなら水が蒸発するので、水分量チェックを忘れずに。
     −−ステップ4−−
8:49- ディスコネクト。放置。24時間。そして電圧チェック。この例ではまだ充電が
   足りてないので、11.22V。12.50Vぐらいは欲しいところ。そこに
   行くまで、また24時間チャージ。この繰り返し。
   ここで行ったのがデサルフェーション。
     −−ステップ5−−
10:15- ここで普通にサイクルさせる。インテリジェント・チャージャーを使って。
   サイクルさせることにより、
   (1)結晶をバッテリーの底に落とす(完全に溶解させるのは無理だから)
      flood type
   (2)あるいは、鉛のプレートにクラックを作ってそこから化学変化を起こさせる
      AGM type このダイダイ・バッテリーは後者

   サイクルさせるには、使っては充電の繰り返し。車ならライトを点ける、ここでは
   20アンペアを流す負荷につなげる(バイク用の小さいのでは、20アンペア
   はないだろうと思う。50Wハロゲンライトだって5アンペアぐらいで、それでも
   ちょっと過激放電ではないかと思いながらやっていた。いや、今もそう思って
   いるけど、手持ちの道具でやるしかないので、、、。)
   とにかく、11Vに落ちるのにどれだけかかるか時間を測れ。
   おそらく初回は、大した時間もたない。この放電充電サイクルを繰り返す。
   だんだん放電時間=容量(capacity)が長く(多く)なっていくはず。
   5回くらいで放電時間の増加がとまる。終了。

13:45- まとめ。新品状態には戻らない。しかし、寿命は少し延ばせるはず。
    時間は、かかるぞ!
14:15- 後書き。メンテ大事。満充電を心がけよ。

 よし、この通りにやろう! バカ・チャージャーって、14V・2Aぐらいの
ACアダプタで良いのだろう。電流値の測定が面倒。あのワッカのついた奴、買うのか?



09555/09511 CRG00666  文太             15Vの冒険
( 1) 19/12/03 00:55 09553:文太さんへのコメント コメント数:1
 日記なので、いちおう書いておきましょう。
 ハードオフで、14VなんてACアダプタは見つからなかった。14.5Vなら
オルタネータが給電してるので、問題なかろうと思っていた。しかし、15V。
何用だか分かりませんが、NECとTOSHIBAが作っていた。300円。4A!
 ちょっといいの、4A? 電流と電圧の関係は、バッテリー(電池)を相手にしてる
と分かりません。えい! みたいな感じでやってます。
 というわけで業を煮やした僕は、だいたい30Ahになるぐらいに、5つのバイク用
バッテリーを並列にして、15V・4Aを印加。
 とりあえず問題ないようです。
 14.6Vぐらいしか流せないみたい。よいよ。
 3時間ぐらい付き合いました。
 これで約15時間ぐらい放置できる。
 どうなっているのでしょうか?
 0ボルトX2、3VX1、6VX1のバッテリーが13Vぐらいまで行っている模様
です。明日ですね、結果は。
 全員、12.6Vぐらいで安定していると良いのですが。
 鉛、しぶといです。すげーな、と驚いています。

 とはいえ、こんな小さいの面倒。軽自動車用のを2つ持つほうが楽だよ、これ、この
メンテの手間とか取り扱いとか考えたら、家の中を5キロ・グラムぐらいのバッテリーを
運ぶのなんて、何でもない、と感じてます。



09556/09429 CXB00940  としき           Re^3: その筋の方のご意見
( 1) 19/12/03 13:22 09457:としきさんへのコメント
参照先:http://toshiki.la.coocan.jp/
> 昔ってどのくらい前かわかりませんが、以前は、4月に買った灯油は10月まで
> 大丈夫でも、3月に買った灯油は11月にはかなり劣化していたらしい。
> でも、今はそんなことはありませんよ、ということ。

このときの講師の方のご意見はこんな感じだったんですがね。
実は、別件で火事について調べていたら、こんなものを見つけてしまいました。

https://www.nite.go.jp/jiko/chuikanki/press/2014fy/prs150331.html
https://www.nite.go.jp/data/000073123.pdf

なるほど、酸素と光で劣化するのね。
もしかしたら、昔よりも灯油が劣化しなくなったのは、灯油そのものの進歩より
も、こういう保存容器の進歩のほうが大きいのかもしれない。


09557/09511 CRG00666  文太             途中経過
( 1) 19/12/04 01:33 09555:文太さんへのコメント コメント数:1
 「結果発表」と行きたかったのですが、バトルはまだまだ続くようです。
 だって、正確には分からないけど、問題となっている0ボルトみたいな
連中は、最後に参戦してから、まだきっと十何時間程度しか処置されてないもの。

 ゼロVもの1 G) 12.68 から 12.63 へ。優秀!
 ゼロVもの2 H) 10.85 から 7.94 へ。へへへへへ。けっこう熱をもった模様。
          投入された電気エネルギーが熱に化けて無駄になったことは
          間違いがないが、その効果でデサルフェーションが進んだと
          考えられなくもない。前向きですなぁ。熱の発生は短絡は
          意味しないと思う。
 3Vもの I)   11.88 から 11.10 へ。はぁ?
 6Vもの J)   12.87 から 12.50 へ。落ちるの大きすぎ。

 これらは、昨晩深夜2時(充電終了から1時間)から今日17時、つまり
15時間が経緯した状態です。最初の「ゼロVもの」のゼロは、入手したとき
の電圧。
 復活したとも、復活しそうとも言えない。
 まだやるぅ? という深い深い猜疑心が、あります。
 とにかく上のダメな3つは、あと48時間はやります。
 なぜいちばんダメな連中、それももっとも低容量の連中に注意を集中させて
しまうのか? たぶん、楽しいからなのでしょう、、、。悲しい。
 なんとなく分かった。小さいのは手荒に扱われたのでしょうねぇ。大きいのは、
中型以上のバイクでオーナーはそれなりのメンテをしていたのでしょう。
 やっぱり車用のがいい。



09558/09511 CRG00666  文太             エプソムソルト(Epsom Salt)
( 1) 19/12/04 01:34 09554:文太さんへのコメント
wiki link
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%97%E3%82%BD%E3%83%A0%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%88

硫酸マグネシウム (magnesium sulfate)、化学式は MgSO4。
 僕は懐疑的でした。しかし、僕が信頼しているI. Buchmann (CADEX),
Batteries in a Portable World でも記述があった。p.240. 保証はまったくないが、
エプソムソルトを使ってデサルフェーションが行える可能性はある。「250 ml の蒸留水を
66度程度まで熱する。解けるだけのエプソムソルトを入れよ。必ず解かすこと。〔文太注:
つまり、水の量とか関係ないわけだ。解けるだけ解かせ。水は必要量、ということ〕。すでに
ある電解液を取り除かないこと」。このあと充電。効果が出るのに1か月かかることもある。
これは、古いタイプの鉛バッテリーに有効。最新のバッテリーでは、この種の「追加薬剤
(additives)は、製品出荷時にすでに入れられていることがある」。

 都市伝説ではないのだ。


09559/09511 CRG00666  文太             途中経過2
( 1) 19/12/04 22:30 09557:文太さんへのコメント コメント数:2
 うるさいね。でも、発見があった。
 #9554のknurlgnar24さんの要点は、
(1)低電流チャージ(注)
(2)充放電サイクル5回程度
ということでした。

(注)どうでもいいことですが。なぜここでバカチャージャーなのか?
インテリジェントな奴だと、何が困るのか。その後何かを読んでいて、
気がつきました。バッテリーが低圧で、これから先の仕事がいっぱいある
とき、インテリジェントな奴はバルク充電時、どばっと電流を送って
時間を稼ぐようにできているらしいのですね。それで、それをやられては、
デサルフェーションができないから、バカチャージャー(低電流+過充電
可能)が必要というわけ。僕が使っているのは、バイク用のバカです。
低電流、請合えます。


 #9551で書いたうち、大事なのはここ。konnoさんの報告。
1回目	11.6V
2回目	11.7V
3回目	11.8V
4回目	12.0V
 おお、少し容量が増えたみたい。(^^;

 はい、そうやって容量は増えるものみたいでした。
 作業を繰り返したら、まだまだ上まで行くのじゃないかしら。12.6まで戻って、
そこからの自己放電も大したことなければ、完全蘇生でしょう。

 まず長時間かけてチャージして、一回ガガガガガと放電させたあとは、
電気の入り方も入る量も違います。12.27しか入らなかったのが12.45まで入るとか。
ここの例だと、11.6 -> 12.0。
 「11Vまで放電させよ」、これが難しい、とりわけ放電時間が延びて容量が
増えていくさまを観察するのは難しい、と書きましたが、厳密に時間なんて測ら
なくても分かります。入る電圧は上がっていくし、出る時間も体感できるほど
延びる。50Wハロゲンさまさまです。12V・LEDライトは、本当の目的は
放電なのだけど、しょうがないから玄関で実用されています。はやく電気を使って
おしまい!
 鉛はゴムなので、10.5まで放電させるには、テスターの目盛りで9.5ぐらいまで
いじめる必要があります。

 何やら要領を得たようで、ガンガン放電大会をしています。最初は充電にすごーく
時間がかかったから、もったいない、とか思ったのだけど、2回目、3回目になると
充電時間も短くなります。当然、放電時間は長くなるのだけど、しょせん比べものに
なりませんから。
 あ、僕は、まだドーピングのたぐい、いっさいしていません。

 というわけで、「最終結果」報告があるかないか分かりませんが、11個もらった
うち9個は蘇生させました。10個目は一度「廃棄」を決定したのだけど、要領を
得たら、これ、繰り返したら生き返るかもよ、とまた外の捨て場から持ってきて
しまった。いま充電してます。適当なところまででよい、はやく充電せよ(もちろん
低電流)。放電したいのじゃ、という具合。

 イメージはこんな具合。
 満充電のとき比重は重い(1250以上)。つまり硫酸は水の中にある。プレートに
結晶化していない。
 空充電だと比重は軽い(1200以下)。つまり硫酸は薄く、プレート上に結晶化
している。この状態を続けると、やがて結晶がさらに硬くなって解けにくくなる。
サルフェーション状態。

 低電流チャージ。長い時間をかけてプレート上の結晶を解かしたり変形させたり
する。放電:ふたたび結晶化の過程。しかし結晶がギザギザしてたりして不安定。
壊れやすく解けやすく結晶化。またチャージ:硬かったやつの一部も解かす。鉛の
露出面積が拡大する。この過程で、ときどきとても硬い塊がはがれてバッテリー底
に落ちてゆく。さらに面積拡大。

 もちろん新品時の性能などあるはずがない。おおかた半分の能力と思っています、
想像しています。でも、そもそも上澄み30%ぐらいしか使うつもりがないのだから、
良しです。いまは手術中なので、100%ぐらい使ってるわけですが。



09560/09511 CRG00666  文太             容量、半分!
( 1) 19/12/05 21:10 09559:文太さんへのコメント
 正確なところは分かりませんが。「容量はだいたい半分ぐらいだと思って使って
いきます」みたいなことを書きました。ざっと測って計算してみたら、本当に
半分だった、みたい。

I) Yuasa, YTX4L-BS, Tianjin, 3.0Ah (いちばん我侭で低パフォーマンス)
3.64, 4.66, 11.77, 11.83, 12.17, 11.88, 11.10, 12.61, 12.33, 10.00, (充電中)

 まず、こんなバッテリーがあります。3Vスタートの苦労の多い奴です。途中経過の
ログは、まあ、無視してください。苦労している、ということです。
 そろそろ、ハロゲンライトで、無意味にどばっと放電するのももったくなくなってきた
ので、玄関で実用されて放電されています。

 次、負荷のライト。

Order time: 07:02 May. 19 2019(古いね)
12V DC LED Lamps Portable Tent Camping Light SMD5730 Bulbs Outdoor
Night Fishing Hanging Light Battery Lighting 3W 5W 7W 9W 12W
$ 2.75 X1
Product properties: Warm White + 5w

 5Wのライトということ。もちろん12V仕様。こんなのがAliには
ごろごろしています。

 さて計算。時間率はとうぜん無視。

 3.0Ahは、1アンペアで3時間もつ電気量。
 5Wライトは、◆アンペア X 12V = 5W だから、
  5/12アンペア流れる、消費する。=0.42A
 3/0.42=7.1  7時間もつはず。
 ところが! 3時間少々で10Vを示した。つまり、容量がほんとうに半分だった!

 さて、これからこいつは、これからの調教で、容量を増やすことができるのでしょうか?
 上のログを見てわかるとおり、12.61Vという記録があるようですが、12.80V
ぐらいまでいけば、容量が増える、つまり上の5Wライトの稼動時間が長くなることが体感
されるのでしょう。期待していませんが。
 打開策は、5Wライトを3Wライトに代えること。
 何のために何をやっているのか、分からなくなっていくけど、、、。

 ちょっと余計な計算。
 3.0Ahということは、1時間1アンペアの給電で(KAMIくんがこれ)、3時間で
満充電になる。現実的には4時間とみてます。(注)
 で、このワット数は? 12X4=48Wh。
 50Wパネルで、ほんとうに50W出力できたら1時間。現実的には3時間。ふむ、
そんなものですか。
 50WパネルとKAMIくんは、ほとんど同じ実力なんだ、、、。
 いやいや、50Wパネルのほうは、僕がこんな遊びをしていないときでも、太陽さえ
出ていれば、ちゃんと貯めておいてくれるシステムの中にいる。比較は無意味、、、。

(注)このような計算ができる=バッテリーが計算どおりに振舞う。これが幸福でなくて
何が幸福だと言うのでしょうか。


09561/09561 BQO00549  konno            鉛バッテリーの入れ替え
( 1) 19/12/06 00:43 コメント数:1
いよいよ廃バッテリーが限界に来ているようです。
ココログの記事の写真を参照してください。


廃バッテリーでクリップの金具が溶けた!
http://tamaneko2.cocolog-nifty.com/vz2/2019/12/post-c2bd10.html


今まで廃バッテリーで色々実験をして頑張ってきましたが、もう限界のようです。
無茶な充電を繰り返したせいか、クリップの先端が溶けてしまったのです!!
金具部分が完全に溶けて、析出物が堆積して固まっています。

電気分解? 電蝕? 硫酸による腐食?

プラス側は完全に溶けてしまいましたが、マイナス側は大丈夫のようです。


これではもう使えないので、別のクリップに替えてみました。が・・・

こちらもプラス側の金具が溶けてきました。
マイナス側も腐食しています。

もうこの廃バッテリー自体が限界に来ているようですね。

仕方がないので、購入したバッテリーを車に載せて、外したバッテリーを使うことにします。



09562/09511 BQO00549  konno            Re: 途中経過2
( 1) 19/12/06 01:00 09559:文太さんへのコメント コメント数:1
>  #9551で書いたうち、大事なのはここ。konnoさんの報告。
> 1回目	11.6V

う、これって・・・

#9389 の記事ですか。

> 1回目
> 00:00  0%   11.6V  0.49mA 開始後直ぐ11.6Vになる

今見直したら、0.49mA は間違いで、0.49A だったですね。(>_<)
意味は伝わっていると思いますが。(^^;
今更直してもしょうがないのでこのまま放置するか。(^^;

>  作業を繰り返したら、まだまだ上まで行くのじゃないかしら。12.6まで戻って、
> そこからの自己放電も大したことなければ、完全蘇生でしょう。

うちの廃バッテリーは12.2Vまでは行きましたが、もう限界のようです。
#9561 参照

古すぎるバッテリーは液漏れとかいろいろありそうなので、ご注意を。



09563/09561 CRG00666  文太             Re: 鉛バッテリーの入れ替え
( 1) 19/12/06 13:35 09561:konnoさんへのコメント コメント数:1
>仕方がないので、購入したバッテリーを車に載せて、
>外したバッテリーを使うことにします。
 良い考えだと思います。でも、そっちもけっこう弱っているバッテリーでした
よね。僕のお古以上かも。ま、太陽光発電の蓄電用としては、まだ十分な力を
残しているでしょう。電食も硫酸も、きっと(?)やってこないでしょう。


09564/09511 CRG00666  文太             Re^2: 途中経過2
( 1) 19/12/06 13:39 09562:konnoさんへのコメント
>うちの廃バッテリーは12.2Vまでは行きましたが、もう限界のようです。
 がんばってらしたんですね、やっぱり。
 うん、やるべきことはちゃんとした、という感想を、僕も抱いています。

>古すぎるバッテリーは液漏れとかいろいろありそうなので、ご注意を。
 ありそう。あの絵は、脳髄に教訓を強烈に打ち込んできました。
 今朝、電気をバッテリー全部(実験用のただ今格闘中の奴らのみ。太陽光
パネル方面は、いつもどおり繋がってます)から外してきてよかった。
 怖い。

 mA問題は、ま、そのままで。意味と意図は通じてます。


09565/09511 CRG00666  文太             Re: CCA
( 1) 19/12/06 23:57 09546:文太さんへのコメント
 こんなところで良いでしょう。

バッテリー性能で重要な「 CCA 」とは何か
https://jam-labo.jp/shorai-battery/%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E6%80%A7%E8%83%BD%E3%81%A7%E9%87%8D%E8%A6%81%E3%81%AA%E3%80%8C-cca-%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%8B/

 CCAを測るメーターが届かないことには、具体的にきっちり分かろうという気が
おきないのですね。ただ、基本的に、「CCA (Cold Cranking Ampere)とは、コールド・
クランキング・アンペア」であり「CCAの具体的なテスト方法は、温度 [摂氏-18℃]
[華氏-0度] の環境において、SOC[State of Charge =充電状態] 100%からCC放電
(定電流放電)で放電した場合、30秒目の電圧が7.2V以上を保てる限界の電流値がCCA値」
です。
 寒くてもどれだけ放電できるか、ということですね。その限界値のアンペア。

 車載バッテリーがちゃんとセルモーターを回せる能力を維持しているのか、という意味
では間違いなく有意味な指標だし、どんな使い方をするにしても、そもそもセルモーター
を回すために瞬発力を維持するよう設計されている鉛バッテリー(スターター)なので、
バッテリー全体の健康度を知る有益な指標であるのは間違いないのですが、ものすごく
ゆっくり給電、ものすごくゆっくり放電、という太陽光発電システムの中では、
「まあ全体的な健康度」という意味あいで理解するべきなのだろうと思うので、具体例
がないと、あんまり、、、という感じでいます。



09566/09561 CRG00666  文太             Re^2: 鉛バッテリーの入れ替え
( 1) 19/12/06 23:59 09563:文太さんへのコメント コメント数:2
 その後思いついたのは、そのような危険性がみえるばあい、目玉クリップ+
安物ワニ口ケーブルでやると、安全だな、ということです。それほど太いケーブル
が必要な場面は多くはなかろう、と思ったのでした。



09567/09511 CXB00940  としき           Re: CCA
( 1) 19/12/07 15:25 09546:文太さんへのコメント コメント数:1
参照先:http://toshiki.la.coocan.jp/
>  でも、条件でものすごく変わるものみたいなので(「フル充電して24時間おけ。
> マイナス18度に」などが厳密)、

定義はそのとおりなんですがね。
CCAというのはどうやら、電圧と内部抵抗値から換算できるらしくて。
なので、そこらで入手できるCCAテスターというのは、実際には電圧計と内部
抵抗が測定できて、あとはそれらからCCAを計算する計算式が入っているだけ
のものらしい。
内部抵抗の測定のためには、4端子測定法を用いているとのこと。
これ、Wikipediaにも原理は載っているけど、ちょっとわかりにくいと思う。
私にとってわかりやすかったのはここ↓。
tp://ja7vra.blogspot.com/2014/11/de-5000.html

そして、そのページにもあるように、電池の内部抵抗が測れるようになると測り
たくなる人が多いようで。例えば、
tp://radiopench.blog96.fc2.com/blog-entry-804.html
tp://hitoriblog.com/?p=45192
こういうのはkonnoさんも興味があるかも。

>  よく調べてないけど、バッテリーにそもそも「僕のCCAはいくつです」と書いて
> ないものもあるみたい。

CCAってそもそもが欧米の規格なんで、純日本製の電池には書いてなくて普通、
という文章もどこかで見かけました。逆に、記載があるということなら、例えば
中国製とかかもしれません。


ま、結局のところは「どれだけガツンと電気が取り出せるか」ということですね。
そして、それが定義。
ただ、これが近似するところは、「どれだけ内部抵抗が低いか」ということ。
そして逆に、この近似値のほうから逆算して定量的に表した健康度がCCA値。
さらに、「内部抵抗が低い」ということは「サルフェーションが少ない」という
ことを近似しているわけでして。
あくまでも近似なのですが、世間一般で使われているということは、それなりに
実用的だということなのでしょう。


09568/09561 CRG00666  文太             Re^3: 鉛バッテリーの入れ替え
( 1) 19/12/07 22:29 09566:文太さんへのコメント
 タイトルに乗じて。
 やっと乗せ換えました。そのものずばり、つまり同じ型のフォレスターでの
交換事例がどっかのブログにあったのにもかかわらず、実際には、けっこう
手こずりました。乗せ換えてからステーで固定するのですが、す、ステーが
刺さらん、どういう順番で組み上げるのじゃ、ここに手は入らないのですけど、
というほど困りはしなかったけど、サクサク行ったとは言えませんね。計30分
かな、1時間かな。嬉しくなってエンジンルームのお掃除とかしてたから、よく
分からないのだけど。

 記録によると、過去、3か4か5年ごとに、2万円払ってきたようなので、
今回のセキヤ再生バッテリーが最低3年もってくれれば、1万円得したことになり
ます。
 とにかく、生まれて初めてのバッテリー自力交換、終了、成功です。

 この再生バッテリーは、外面はニッサンのものでした。装着前の電圧は12.7V
ぐらい。以外に高くないのね、という感想。その後ひとっ走りしてきて、きっと
13Vを超えているのでしょう。明日の朝、測ってみます。(注1)
 シガソケ用電圧計は見つからない、予習のために取り出した整備マニュアルも
見つからない、といった情けなさで、ヒューズ交換できず、、、。
 お車は、全体に元気になった、ような、気がしてます。

 記録がぐちゃぐちゃなので、あれぇぇぇ? ものなのですが、バッテリー交換は
3年前にしていた。でも、まるで純正みたいな(そうに違いないが)SUBARU Battery,
Green Light, (13.8Kg!), made in Japanが乗っていた。ディーラーで換えたとしか
思えない。が、車手帳には「オートバックスでバッテリー交換」と記録があり、
なんだか、、、。手帳の記録が間違っているに違いないと思うのだが。マニュアル
指示のものより上のランクの「75D23L」が乗っていて、今、車から取り外された
状態で、12.7Vを示している。元気じゃないか。(注2)
 後悔はしていません。体感として2月は危ない、と思ってました、思ってますから。

(注)えーとですね、車に載ってるときと外したときでは、電圧は違うものだと
思う。(注1)のほうは、12.7のままだとちょっとだけ不安、(注2)のほうは、
いまや車載電装品から開放されているので、これぐらいで調子よく健康なまま、
太陽さんにご奉仕してくださることを祈ってます。


09569/09511 CRG00666  文太             4中型バッテリーズ
( 1) 19/12/07 22:30 09547:文太さんへのコメント コメント数:3
 これは日記ですが。
 バッテリー交換に気を良くし、ちょっと走らせなくちゃ、と言いつつ、調子に
乗って(?)、某バイクショップで、さらに4つ、

a) 10.5Ah (Furukawa, 175 CCA, 12.19V)
b) 10.0Ah (Yuasa, 160 CCA, 9.38V)
c) 8.0Ah (Super Natto, no CCA, 11.97V)
d) 8.0Ah (Furukawa, 135 CCA, 12.45V)

 を貰ってきてしまった。だんだんずうずうしくなってきて(違うショップですが)、
いやぁ、これは小さすぎる、硫酸が析出してる、ターミナルのネジがない、などなど
ほとんど我侭言いたい放題で(てことはないですよ、もちろん)、10Ahぐらいの
連中を狙い打ちでゲットしてきました。僕にとっては使いやすいサイズ。
 実はテスターを持参していたのだけど、さすがに雰囲気と流れで(「大丈夫だと言って
おろう」なんて展開は困る)、そのような物騒な武器を取り出すことはできなかった
のですけれど。

 たぶんいけると思うので、水のチェックをしたら、充電開始です。
 開始しました。しかし、上の電圧はとりあえず測ってみただけなのですが(「まだ
死んではいない、蓄電用なら使えなくはないはず」とのお墨付きの品)、でも、水は
どれもひどく足りないのばかりだった。あんなに電解液の量がばらばらで、足りなくて、
上の電圧がよく出たものだ、と思ってます。
 ただ今、ブクブクタイムです。最初、ほんと気持ちよいぐらいにブクブクします。
 調教が進むと、これがすっかり落ち着いてしまって(音も泡もない)、面白くなく
なるんですよ。
 元気・健康とは言いがたいが、まだ現役品なので当たり前ですが、まったく何の
抵抗も示さずに、素直に1アンペアのバルク・チャージを受け付けている模様。

 (続く)


09570/09511 CRG00666  文太             バイク用チャージャー
( 1) 19/12/07 22:30 09569:文太さんへのコメント コメント数:1
 4つのバッテリーなので、もう無理せず4つのバイク・バッテリー用チャージャーで
充電しています。
 2つはKAMIくん(1A)、2つは新人、Automatic Battery Charger, model:
YS-C5801, 14.8V, 1.3A。たしか600円ぐらい。もちろん、made in china.
 前者は2011年の東北の震災後に購入したもの。後者は最近アリ@中国から。
 少々値段が下がり、最大電流値が上がった。KAMIくんの電圧は「12V」と
だけ表記があり、14.4Vがマックスだったと思う(実測)。バッテリーがそれ以上を
受け付けなかった可能性はあります。#9527をみると、公式に、鉛は14.4V maxみたい
ですね。後者が14.8V出すぞ、というのは出すけど受け取ってもらえたらね、という
意味なのかな、と想像してます。ま、僕が安心したのは、#9553「ワイルド・チャージング」
で、15Vって大丈夫っすかね? とやっていた点。何をみてそう思ったかは思い出せ
ませんが、15V? 大丈夫だよ、という感覚になってますので、14.8? いいんじゃないの
とか思ってます。
 とにかく、すべてが安くなってる時代ですね。
 あ、電流を測るのはいつも面倒なので滅多にやりませんが、この4つというか
2種のチャージャー、赤ランプと黄色ランプがあり(どっちもマミュアルも仕様書もない)
赤がバルク、黄色がアブソーブだと思う。電流が下がっていくなんて細かい芸当はなく、
アブソーブで何アンペアだかしらないけど、カチっと低電流に切りかわるのだと思う。
で、この黄色、ただただそのまま給電し続けるのだと思う。今日の4つにはそんなに
過充電させるつもりはありません。いちおうそれがいけないことだとの認識は、
あります。
 とにかく、寝る前にこの赤4つが黄色に変わってくれたら、電気を落として眠れるの
ですが、、、。ここまでワイルドのボコボコしてくれると(正確には、ときたま大きく
ボコッです、いまや)、そのまま寝るわけにはいかず、、、。


09571/09511 CRG00666  文太             LED on chargers
( 1) 19/12/08 00:36 09570:文太さんへのコメント
 何を見てるのだろう? とふと思い。
 素直に、ほぼ同時に充電を開始されたバッテリーたちが充電終了間近だよ、と
言っているようです。はい、だいたい想像していたとおりの展開で、少し驚いて
います。
 12V近辺にいる、このサイズのバッテリーは、そこそこ健康なら、1A充電で、
6時間程度で満充電になるでしょ、という勘が当たってる。経験知が蓄積されてる
みたい、奢るな!

 不思議なのは、LEDライトの色なのです。赤と黄色があると書きましたが、
これはスイッチが入って切り替わるのではなく、同じLEDが赤から橙へ、そして
黄色になっていきます。ってことは、流す電流も、そんなふうに徐々に落ちている
のかしら? とにかく、電圧を見てるのだと思うけど、1.3Aの新しいほうの充電器
につながれたバッテリーが、黄色と橙になってきました。
 ほんと素直に、KAMI@1Aに繋がれたバッテリーは、まだバルクさせて、と
いう具合に、LEDは赤です。
 落ち着いてきたから、このまま寝てしまおう。

 前回の訂正:KAMIくんは、14.51Vで給電しているようです。電圧も分からない
なぁ、まあ、大ざっぱで何とかなるよ、と思っているのですが。
 明日の朝まで6時間、過充電させても大した害はない、と、お、も、う。



09572/09511 CRG00666  文太             鉛バッテリーとの付き合いかた情報
( 1) 19/12/08 01:02 09569:文太さんへのコメント
http://mabofarm.blogspot.com/2019/01/blog-post_27.html
2019年1月12日土曜日
「死に掛けたバッテリーを復活させる・・・まとめ!」

 前に登場していた、mabofarmな人のブログ記事です。那須の人、畑の放射能が
気になって、土を壮大に入れ替えた人。僕でも、そうしたでしょう、、、。

 上の記事近辺を読むと、けっこう勉強になるような気がします。バッテリー
使用開始時の電圧の高さは、容量の大きさを保証しない、とか。(要約です)

 ただ思うのは、この廃バッテリー(だいたい同一物だと想定)、1年で復活の
試みをされています。
 その使い方、無理ないですか、鉛バッテリーにとって、
 というのと、
 それぐらい過酷に使ってこその廃バッテリーだ、
 という気持ちが交錯します。

 うーん、常用していて、情報系機器に毎日充電されている鉛バッテリーが、11.8V
を示していて、太陽が出るまで待とうよ、という気持ちになるには、僕にはまだ
修行が足りない、消費主義になれられていない、と感じました。
 実用性のない「もったいない」主義だという気もしないでもないのですが。



09573/09511 CRG00666  文太             Re^2: CCA
( 1) 19/12/08 13:04 09567:としきさんへのコメント コメント数:1
 内部抵抗=CCA=サルフェーション=実用性
 ということですね。面白い! 内部抵抗(internal resistance)は気になっては
いたのですが、ちょっと敷居が高めなので敬遠してました。でも、面白い!

 以下、引用が多いです。

>内部抵抗の測定のためには、4端子測定法を用いているとのこと。
>これ、Wikipediaにも原理は載っているけど、ちょっとわかりにくいと思う。
>私にとってわかりやすかったのはここ↓。
>tp://ja7vra.blogspot.com/2014/11/de-5000.html
 原理はまだまだ遠そうですが、このブログも面白かった。

>そして、そのページにもあるように、電池の内部抵抗が測れるようになると測り
>たくなる人が多いようで。例えば、
>tp://radiopench.blog96.fc2.com/blog-entry-804.html
>tp://hitoriblog.com/?p=45192
 これも、ものすごく面白い! 現実的に測ってくれると、なるほど〜と。
 あのTrustFireを買ってしまうとは。それもベルギーから送られてくる、、、。
高いねぇ。しかし、実際にやってくださる方は神様です。
 うちのあの大きなニッスイも測ってみたいが、、、。
 ダイソーものは、やっぱり弱いですね。
 さすが『トラ技』! というのもあった。

>CCAってそもそもが欧米の規格なんで、純日本製の電池には書いてなくて普通、
>という文章もどこかで見かけました。逆に、記載があるということなら、例えば
>中国製とかかもしれません。
 ここは、まあそうかな、ぐらいでしょうか。
 逆の考え方もありそう。日本製だとYuasaとFurukawaが多そう。こっちはグローバル
企業なのでCCA表記を入れる、逆に中国製はアメリカやヨーロッパへは、あまり、
まだ行ってない(アメリカ人のYouTubeで登場する鉛はアメリカ製と日本製が多い)。
なので、中国企業はアジアと安物領域の日本を狙い、CCA表記をしない、とか。
(これ、すごく少ない経験から)
 日本でも、CCAを表記する方向みたいでした。
 GS Yuasaのホームページからちらと社史みたいのを読んだら、し、老舗って
感じで100年の歴史だって。日露戦争近辺で、創業だったみたい。
 電池は大事だなぁ。文明の礎。

 元に戻って。
 表記がなくても、「Yuasa XXX互換」を謳っているものも多いので、だいたいの
ところ(仕様・規格)は想像ができそう。あとは、メーターが届いたら、CCAを
測ってみるだけ。いつ来るのか、、、。
 たぶんもう50回以上アリを使ってますが、すごく遅くても、届かなかったこと
は、いちおう今のところ、ないのですよ。


09574/09511 CRG00666  文太             一晩の調教ののち
( 1) 19/12/08 16:13 09569:文太さんへのコメント
 「調教」といっても、特別なことは何もしてなくて、バイク用のバッテリーを
バイク用のチャージャーで充電しただけです。ほとんど個人的なログ(いえ、そのもの)
です。
 一点だけ、1ミリ1グラムくらいの情報を追加しておくと、わりとFurukawa製品が
マメにこれをしているような感想なのですが、本体の横に「Charging Method」という
のが記載されていて、

 standard: 0.9A x 5-10 hours, OR quick: 4A x 1 hour

とありますね。1.0Aにしろ、1.3Aにしろ、すごく普通にチャージしたということです。
いくらか過充電したと思うけど。接続したまま寝てしまったから。
 (別に文句があるわけじゃありませんが、高級品と思しいSubaru Battery, Green Light
には、情報がまったく書いてありませんでした。CCAも何にも。ぜんぶディーラーに
任せなさい、ということらしい。キライ。こういうモノの売り方してるから、日本は
ダメになるのじゃないか、とさえ考える、、、。)

 あ、いちおう。チャージャーから外した直後は高い電圧を示し、見るまに落ちて
いきます。正式には24時間おけ、ということなのですが、それが守れるときは、
すごく稀。この現象、surface chargeと言われているそうで、とりあえず測りたい、
急いでいる、なんて場合には、ごくごく弱い負荷を与えると電圧が安定するよ、と
たしかバックマン博士の本に書いてあった。というわけで、以下は、5WのLED
ライトを一瞬点けて、surface chargeをとり、安定してそうなところで計測しています。
あまり意味のある情報ではありませんが。

◆2019/12/08 (Sun) 中型バッテリー2

a) 10.5Ah (Furukawa, 175 CCA, 12.19V)
 12.83,

b) 10.0Ah (Yuasa, 160 CCA, 9.38V)
 12.54,

c) 8.0Ah (Super Natto, no CCA, 11.97V)
 12.64,

d) 8.0Ah (Furukawa, 135 CCA, 12.45V)
 13.23,

 だいたいにおいて健康でしょう、という結果でした。そりゃそうだ、そういうのを
貰ってきたのだもの。水がまったくなってなかったけどね。


09575/09511 CRG00666  文太             4大型バッテリー取得
( 1) 19/12/10 00:26 09511:文太さんへのコメント
 すいません、完全におばかで病気気味な、自慢です。少しだけはシェアできる情報を
含んでいるつもりではありますが。

 どれくらいコネがあるのか、分かりません。某最上さんはとても優秀な店員で
(表彰されていたりします)、とっても親切な方です。
 僕に対してどれほど好意的な印象をお持ちなのかは、まったく想像できません。
「変わった中年」ぐらいでしょうか。

 とにかく、最後です。これで最後(中型以外は5年は現存装備でいく)と決意して、
職場から電話でお願いしておき、夕方7時前の閉店間近の迷惑な時間に、以下の
鉛バッテリーを頂きました。
 自給自足系でやっている人たちは、とにかく人間関係が濃くなりがちです。都会的
でない。だからそんなに容易に廃バッテリーが手に入るのだ、と思っていました。もし
かしたら僕が田舎的なのかもしれませんが、下のような連中が今日もタダで入手できました。
(どうでもいいことなのは、某最上さんが下のバッテリーをセレクトし、ちゃんとカート
に載せておいてくれたこと。彼は僕の来店時、店にいなかった。どうみても優秀・誠実な
店員さんでしょ。まだ若いんですよ。)
 「大きめがいいんですよね?」「はい、なんだか少し恥ずかしいような気持ちなの
ですが、お願いします」
 電話での会話、その主要部分はこれだけです。

 もちろん、12.53V(最低)は、そのバッテリーが「健康」であることを意味しません。
まさか、僕がこれから車検でお世話になる大手チェーン車整備店が、まだ使えるバッテリー
を平気で載せ換えてる、新品を売りつけている、などとは夢にも思ってません。
 こんなものなんでしょう? ぐらいです。CCA、測りたいぞ。

 12.5V or 12.6V or 12.7Vでも、バッテリーは載せかえられるもののようです。
 3年もの、2年もの、もしかして1年もの? これは僕には想像できない。ケースは
きれいではなかったのですが、落ちない汚れではなかったので、悪くて4年ものマックス
かな。

 電話での対応がとても「優しい」ものだったのもあって、今日は、2千円の菓子折り
を持参しました。「これは最上さんへの賄賂とかではないので、お店の皆さんで食べて
くださいね」というつまらない冗談が、店内で受けてました。
 女性社員が、「今日ぼくはお客様ではありませんから、どうかお気遣いなしでお願い
します」との言葉を無視して、ちゃんと専用駐車場から公道にでるところで先導・案内・
お見送りをしてくれました。
 お菓子、効くな、と思いました。

 というわけで、誰でも、勇気さえだせば、できます。1回、2回の失敗にへこたれ
さえしなければ。僕は、密かに、これは環境に良い行為なのだという確信をもっています。
だから、恥ずかしさを抑えて、ここまでずうずうしくなれるんだろうな、ほんと? 
とか思ってたりします。

 エントリー末尾の電圧が、初期電圧、持ちかえったときの電圧です。

1) 64Ah (5HR) (Shin-Kobe, S-95, 12.77V) アイドリングストップ

2) 52Ah (5HR) (Panasonic, 75D23R, 12.78V)

3) 60Ah (20HR) (Furukawa, 55D23R-MF, 320 CCA, 12.69V)

4) 60Ah (20HR) (Furukawa, 55D23L, 320 CCA, 12.53V)



09576/09511 CXB00940  としき           Re^3: CCA
( 1) 19/12/10 19:50 09573:文太さんへのコメント コメント数:1
参照先:http://toshiki.la.coocan.jp/
おや、私、またやらかしてしまったかな。

>  内部抵抗=CCA=サルフェーション=実用性
>  ということですね。

違います。
私の意図としては

内部抵抗≒CCA≒サルフェーション
∴CCAは実用的(被測定電池の実用性は意味しない)

というような感じです。
これですら、微妙に正しくないかもしれないけど。
ともあれ、正しく伝えられるような文章を書けずに申し訳ない。
誤解を与えない文章というのは難しいなぁ。


09577/09511 CRG00666  文太             Re^4: CCA
( 1) 19/12/10 22:33 09576:としきさんへのコメント
>違います。
>私の意図としては
>内部抵抗≒CCA≒サルフェーション
>∴CCAは実用的(被測定電池の実用性は意味しない)
 了解です、おほほほほ。
 PCで僕が書いたことのない算数・論理記号がいっぱい。
 ド文系的には、「それ、それ、だいたいそんな感じ」。
 かわいくないですね。

 その後思ったのは、容量(いちおう頑張れば測定可能。あまり実際にはやる
予定はないですが)と自己放電率(こちらは24時間ごとに、そしてやがて
1週間ごとに電圧を測定すれば可能)かな、とか考えていました。
 中型鉛の1つに関しては、あなたの自己放電率は高すぎです、という判定が
すでに下っています。いちばんちゃかちゃか使われる場所担当です。

 そろそろこのスレッドは、僕的には閉じる予定です。元々の予定にあった
パネルの話はまったくしてないけど。うーん、いつになるか分かりませんが、
その後入手した6枚(置くとこ見つけました)については、セッティングが
済んだら、そのとき、の予定です。
 なんと、36V(190W)なんてパネルを今ヤフオクで落としてしまい
ました。それも2枚。1443mm x 812mm。横浜まで車で取りにいきます。値段は、
ヒミツ。超安い。
 ビョーキです。
 必死で電気の使い方を考えなくてはいけません。それより、バカみたいに
走り回らなくてよい、家電的システムの構築が先。
 あの値段で落とせると思ってなかったから、大慌てで、36V用チャージ
コントローラを中国に発注しました。12V鉛を3つ直列にします。X2。
こんなつもりで大型鉛をあんなにたくさん、コレクションしたわけではなかった
のだけど、、、。ま、鉄は熱いうちに、、、。
 いきなりマジ電力。
 ま、ゆっくりやります。慌てるとろくなことはありませんからね。
 太陽は逃げませんから。


09578/09561 BQO00549  konno            Re^3: 鉛バッテリーの入れ替え
( 1) 19/12/10 22:52 09566:文太さんへのコメント コメント数:2
ココログのコメントを見逃していました。

腐食の原因はたぶん硫酸の腐食ですね。

>  僕の空想は、硫酸。バッテリー全体が劣化するとプラ部分とターミナル
> のあいだに振動、熱によって隙間ができるのですって。そして、そこから
> 析出してきた硫酸が粉状にたまる(いっぱい見てます)。こいつが下から
> 出てきた水蒸気か水素かで、また外気からの湿気で、液体化する。侵食!
> 腐食。

まさにこれだと思います。ショート防止のためにビニール袋をかぶせていたので、湿気で腐食が進んだかもです。
マイナス側も湿気で錆びたようです。

>  その後思いついたのは、そのような危険性がみえるばあい、目玉クリップ+
> 安物ワニ口ケーブルでやると、安全だな、ということです。それほど太いケーブル
> が必要な場面は多くはなかろう、と思ったのでした。

バッテリー交換して、今は100均の事務用クリップにしています。
ビニール袋は止めてガムテか何かで絶縁しないと。(^^;



09579/09561 CRG00666  文太             Re^4: 鉛バッテリーの入れ替え
( 1) 19/12/11 00:20 09578:konnoさんへのコメント
>バッテリー交換して、
 おお、あっさりと! おめでとうございます。何年つかったのかは分かりませんが、
ある程度で、安全第一主義で、交換していっていいのだろう、と思っています。
 我々は、すぐさま消耗品として捨てるわけでもありませんし。

>今は100均の事務用クリップにしています。
 これは目玉クリップではなく?
 僕は、konnoさんが最初に採用した色つき丸型クリップにかなりインスパイアされ
ました。高価なものではないとはいえ、バッテリーターミナルの部分、どうしようかなぁ?
と今でも考えています。
 穴あけは、ちょっとなぁ、と。これは、那須アイディア。
 今は仮接続ばかりなので、目玉で便利にやれてはいるのですが、、、。針金の
締め方の勉強をして、完全DIYで攻めるのぉ? とか考え込んでます。何しろ
相手の数が半端ないことになってきてしまったので。

>ビニール袋は止めてガムテか何かで絶縁しないと。(^^;
 ここはあまり良く分からないのですが、僕は古靴下かな、と。これは実は奥様
のアイディア。自分の目に入らないところに移動させられると安心したら、発想が
自由になったみたい、、、。(^^;
 あ、現在のところ、100均のオレンジ指サック(紙めくりのときに使うあれ)が
採用されています。これまた奥方アイディア。採点とか成績評価の点検とか(紙めく
り作業)、二人して同じような、つまらなーい労働を生業としておりまして。



09580/09561 CXB00940  としき           Re^4: 鉛バッテリーの入れ替え
( 1) 19/12/11 11:07 09578:konnoさんへのコメント コメント数:1
参照先:http://toshiki.la.coocan.jp/
> ココログのコメントを見逃していました。

多忙なのであればともかく。
健康上の理由、とかいうことでないことをお祈りしています。
ま、ごゆっくり。

> 腐食の原因はたぶん硫酸の腐食ですね。

実は私、過去30年以上に渡り1ダース以上のバッテリーを扱ってきました。
中には、かなり汚いものもありました。
でも、硫酸が漏れたようなものって見たことがなかったんですよ。
うん、この辺が、私の経験値の低いところなんでしょう。

> バッテリー交換して、今は100均の事務用クリップにしています。

専用の端子とか大型のワニ口クリップでないと、接触抵抗が結構効いてきます。
流す電流がスマホとかの電子機器ぐらいなら大した事はありませんがね。
針金(スズメッキ線?)を何回か巻いただけ、という話を聞いたこともある。
だけど、大電流を流すのならワニ口のほうがベターでしょう。
負荷が家電製品であるとか、大きな太陽電池で充電する場合とか。

> ビニール袋は止めてガムテか何かで絶縁しないと。(^^;

こちらはビニール袋でもいいのではないかなぁ。
どんな袋なのか、写真を見てないのですけど。
でも、車のバッテリー端子、ビニールのカバーがついていますが、あれも誤って
工具とかでショートさせるのを防ぐ、というのが主目的のはず。
だから、プラス側にしかカバーがついていない車も多い。
私としては、ガムテよりはビニテのほうをオススメしますが。

09581/09561 CRG00666  文太             Re^5: 鉛バッテリーの入れ替え
( 1) 19/12/11 12:44 09580:としきさんへのコメント コメント数:1
>でも、硫酸が漏れたようなものって見たことがなかったんですよ。
>うん、この辺が、私の経験値の低いところなんでしょう。
 たぶん、製造されてからの時間と、車用とバイク用とで、ずいぶん違う
みたい。バイク用の古いのは、構造もあるのか、端子が円錐形でなく、
たいてい[---](上は直角に接続)のような逆U字型 with 直角(あはははは!)
をしていて、けっこう粉が回りに付着している場合がありました。
 すべて「ご高齢」だったから、だと思いますが。
 原チャリ用のは、=みたく(あはははは2)、横に端子板が出てるのが
多いみたいで、これは、あまり噴き出さないみたいだけど。

 どっかの「鉛バッテリーの充電・管理方法」の質問コーナーで、「この
粉は何?」という問いかけがあり、「硫酸。水で流しておけば問題なし」
との回答がありました。
 完全余談ですが、製造個数がまったく違うから、バイク用バッテリーは
車用のより高いのだそうです。僕が千円、二千円で買ったサイズのものが、
正式ユアサものだと、1万円してもおかしくない、ですと。



09582/09561 CXB00940  としき           Re^6: 鉛バッテリーの入れ替え
( 1) 19/12/11 22:57 09581:文太さんへのコメント
参照先:http://toshiki.la.coocan.jp/
そうか、バイク用バッテリーって自動車用とは違うのですね。
そうすると、バイク用バッテリーに触れたことは、おそらく皆無。
とはいえ、つらつら思い出すに、自動車用でもバイク用でもないバッテリーには
触れたことがあります。
なんだ、過去に触れたことのあるバッテリーは2ダース弱くらいあるじゃないか。
なお、全て12ボルトもの。6ボルトものや24ボルトものは触れたことがない。
自動車用以外で触れたものは、ほとんどがシールバッテリー。
本来用途はわからないものが多い。
あと、UPS用のシールバッテリーというのもいくつか触った。
私の見たことのあるUPS用は、平型端子のものが多かった。
あの、例の平型ヒューズの端子のようなやつ。
サイズは覚えていないので、カー用品店でよく売っている平型端子での接続可否
は不明。
一度だけ見たことのあるUPS用バッテリーの特殊な端子は、上から見ると1辺
が5ミリくらいの正方形の穴。ジャックとかコンセントとか、いわゆるメス側の
形状になっていました。それがプラスとマイナス一つずつ。そこに3センチほど
の長さのプラグというか、そういう形状のものを差し込む、という構造になって
いたのです。そんな特殊なプラグ、秋葉原のパーツ店でも見たことがない。
仮にそのバッテリーを転用するとなった場合は、UPS側からそのプラグ部分を
切り取り、プラグごと転用するしかないといった感じでした。

余談ですが、秋葉原でバッテリーといったら稲電機。ラジオデパート3階です。
私もたまにお世話になっています。

09583/09583 CRG00666  文太             3種のパネル
( 1) 19/12/12 23:47 コメント数:1
 主眼、主題、狙いは、何だろう?
 どう使っていきましょうか? どんなシステム構築をしましょうか? なのかな?
 安い場合には安いです、もあるのでしょう。
 こっち方面、時間かかります。とりあえず、50Wパネルで日常に支障はないので、
ゆっくりやります。(2)は、今日完成させる予定だったのだけど、終わらず。
 充電池の直列はいろいろやっかいなのですが、鉛の並列、パネルの並列で、ここまで
悩むとは思わなかった、、、。レベル、低すぎ。

(1)
190WパネルX3

 (以下、昨日のこと)
 横浜まで行ってきました。3時に出て8時帰りですから、半日以上の労働でした。
 ルンルンですが、けっこう疲れましたね。4時間はずっと運転してたから。いつもの
ことですが、スマフォ・ナビは途中で無茶苦茶なことをいうし、横浜あたりのメジャー
な地名の地理的関係は頭に入ってないし。やっぱり紙の地図で予習は必須ですね。後悔。
 高速料金1200円+ガソリン代1600円の追加出費。あ、3枚目は、キャンセル
が出ちゃったから、買わない? と言われ、設置場所ギリギリで、+1ゲットです。

 さて、スペック。

SANYO, HIP-190N1 (3枚、\2100 each)
最大出力      190.0W
最大動作電圧     37.6V
最大動作電流      5.05A
開放電圧       46.4V
短絡電流        5.57A
バイパスダイオードあり(直列なんかにしないから取るんだろうな) 
質量         14.0kg
サイズ 1443X812X35 mm
2004年5月製造 (15年前くらい)
 (今でもサンヨーブランドで、後継機が売られてました。210W
  になっていたようですが、1枚10万円以上とか、、、。ウソだろ。
  中国製にもカナダ製にも、勝てるわけないぞ)
 ※これについては、とりあえずすぐ近くにCC3つと鉛9つを置く予定。
  そ、し、て、畑頭上をまたぐ8メートルの電線を敷設する。金かかる、、、。
  その電気、使い道あるんですか? 使い道を開拓できるのですか?
  8メートルで電圧降下はどれくらい? どんな高いケーブルを買うの?
  鉛3つを直列なんて、バランシングはどうするのよ? メンテ、大変
  じゃない? 完全に、子どものではなく、大人の遊びになった。

(2)
120WパネルX1

YMT ENERGY (1枚、\4100)---これが「直接引き取り」で安いと思ったのだが。
最大出力      120.0W
最大動作電圧	   17.28V
最大動作電流	    6.95A
開放電圧	   21.60V
短絡電流        7.31A
サイズ 1310X678X35 mm
 ※ふつうに使う。50Wがいた場所を奪っただけ。少々不安なことに、どうも
  勝手が違うような気がするアイドリングストップ車用鉛、2つが並列になって、
  電気の受け取りをスタンバッてます。
  50Wパネルは、いまや、ベランダで手動太陽光追尾ができるほど、身軽に
  なっています。

(3)
12WパネルX3

電菱 DENRYO, DB010-12 (3枚、\1000 each)
最大出力       12.0W
最大動作電圧	   18.8V
最大動作電流	    0.64A
開放電圧	   22.50V
短絡電流        0.71A
サイズ 310×350×35 mm
質量        1.4kg
 ※バスの停留所、公道の何かの案内で見かける奴らしい。
  高級感バリバリ。フレームのアルミがものものしすぎ。
  これは移動式カートに乗せて、おたのしみ。知足さん流儀。
  フレームの高級感を生かしたいのだけど、、、。戸外の常夜灯向けかな。


 すいません、モノ所有自慢になってます。はしたない、という気持ちは
かなり強くあります。m(__)m
 個人的メモであることも、疑いようのない、否定しがたい、事実です。m(__)m
 システムが完成したら(途中の苦労とか悩みとか飛ばして)、報告します。
 バカだな、狂ったな、という反省は、少し、すでに、あります。

 パネルの値段はこの程度、蓄電池は、鉛ならタダ、ニッスイなら(まだある
なら)タダ。
 これなら、子どもの遊びでも、していいと思うのです。
 送電線とか言い出すなよ、とは、自分に対して言いたいのだけど。



09584/09583 CRG00666  文太             エコとゴミと環境と
( 1) 19/12/14 00:53 09583:文太さんへのコメント
>パネルの値段はこの程度、蓄電池は、鉛ならタダ、ニッスイなら(まだある
>なら)タダ。

#9575より
>僕は、密かに、これは環境に良い行為なのだという確信をもっています。
>だから、恥ずかしさを抑えて、ここまでずうずうしくなれるんだろうな、ほんと? 
>とか思ってたりします。

 上の件について、情報的にではなく情緒的に考えたことがありました。
 まず、ニッカド、ニッスイ、リチウムの廃棄法については、ハードオフに回収箱が
ありましたから、とりあえずは、お金をかけずに捨てられます。
 鉛に関しては、とりあえず、オートバックスが無料で引き取ってくれました。まだ、
バイク用(オートバックスにはバイク用バッテリーは売ってなかったと思う)3つしか
渡してないのですが。
 想像するに、オートバックスは鉛バッテリーをそのまま売っています。だから、うちで
買ったかそうでないか、なんてことをいちいち訊かずに引き取っているのだと思う。

 しかし、この状況が「エコな方法」だからという理由で、続くとは考えないほうが
いいな、と思いました。
 すべてが世知辛くなっています。正直いえば、国全体が貧乏症になって、貧乏が
何なのか分からなくなっているように感じています。ハードオフとオートバックスは
このようなエコ活動を、補助金をもらってやっているのでしょうか。さてさて?

 僕が想像しているのは、これら全部、きっと環境税とともに有料化されることも
十分あるな、とうことです。僕が政治家で環境を守る、惑星を守る、人類を守るという
ことに真剣だったら、ぜったいそうします。【とりあえず】金で解決しようとする。

 なので、上でタダ、タダと書いたのは、今現在ね、というだけの話です。
 鉛に関して言うと、日野市で日野市の推奨する方法でバッテリーを処分しようと
したら、1つ1000円ぐらいかかったと思います。