[HOME]  [リストへもどる] [全部表示 会議室風]  [全部表示 保存用] 
一括表示

  素数を表示、カウントするテスト - konno 24/02/20-23:45 No.11097
 ┣ Re: 素数を表示、カウントするテスト - としき 24/02/26-13:22 No.11115
 ┃┗ Re^2: 素数を表示、カウントするテスト - konno 24/02/26-22:12 No.11117
 ┃ ┗ Re^3: 素数を表示、カウントするテスト - としき 24/02/27-23:55 No.11119
 ┃  ┗ Re^4: 素数を表示、カウントするテスト - konno 24/02/28-01:23 No.11121
 ┃   ┗ Re^5: 素数を表示、カウントするテスト - としき 24/02/28-17:45 No.11122
 ┣ 素数表示、カウント SOSU5.EXE 更新 - konno 24/02/28-00:47 No.11120
 ┃┣ Re: 素数表示、カウント SOSU5.EXE 更新 - konno 24/02/29-18:45 No.11123
 ┃┗ Re: 素数表示、カウント SOSU5.EXE 更新 - としき 24/03/01-01:28 No.11126
 ┃ ┗ Re^2: 素数表示、カウント SOSU5.EXE 更新 - konno 24/03/01-23:46 No.11127
 ┗ SOSU6 素数を表示、カウントするテスト6 - konno 24/03/02-00:03 No.11128
  ┣ Re: SOSU6 素数を表示、カウントするテスト6 - konno 24/03/03-16:48 No.11129
  ┗ Re: SOSU6 素数を表示、カウントするテスト6 - としき 24/03/04-23:23 No.11131
   ┗ Re^2: SOSU6 素数を表示、カウントするテスト6 - konno 24/03/05-00:03 No.11133
    ┗ Re^3: SOSU6 素数を表示、カウントするテスト6 - としき 24/03/05-14:12 No.11138
     ┗ Re^4: SOSU6 素数を表示、カウントするテスト6 - konno 24/03/05-16:55 No.11141
      ┗ Re^5: SOSU6 素数を表示、カウントするテスト6 - としき 24/03/05-17:58 No.11143
       ┗ Re^6: SOSU6 素数を表示、カウントするテスト6 - konno 24/03/05-23:15 No.11145

(11097) 11097素数を表示、カウントするテスト  投稿者:konno   2024/02/20(火) 23:45
   コメント数 3

TurboBasicで素数を表示、カウントするテストプログラムを作りました。
DOSVAXJ3 や MS-DOS Player の JP モードで動きます。

自己流で考えて作ったので間違いがある可能性はあります。
指定範囲は20から 10万まです。配列数や時間的な限界がこの辺ということで。
一応、1000 までは 合っていました。

Wikipediaを見ると
--------------------------------------------------------------------------
最も素朴な方法は、2 から √n 以下の素数まで順番に割っていく、試し割り法と呼ばれる方法である。
n が √n 以下の全ての素数で割り切れなければ n は素数である。
試し割り法は、n が大きくなるに従って、急速に速度が低下するため、実用的ではない。
--------------------------------------------------------------------------

私が考えた方法は、どうやらこの方法と同じようですね。
1万を超えると急速に速度が落ちて、10万くらいが限界のようなので。(^^;


  SOSU4.EXE Ver.240220

・DOSVAXJ3 の VGAで動く 素数表示テストです。
・DOSVAXJ3 を起動したら、chev jp でVGAモードにして、SOSU4.EXE を起動してください。
・MS-DOS Player では、chej jp でVGAモードにすれば動作します。
・VTDOS では動作しません。
・ソースも付けます。
・1000までは合っていると思いますが、それ以上は保証できないので表示しません。
・1000を超えたら 数字や時間情報を SOSU.DAT に追加出力します。
・数字が大きくなると急速に速度が落ちるので、初めは 100くらいから始めてください。

・更新履歴
2024-02-20 公開用に色々弄りました。
2024-02-17 とりあえず作成?

 動作保証はでき無いので実行は自己責任で。  

自作、改作アプリの放置部屋に置きました。
http://tamaneko.world.coocan.jp/execom.htm

      - No.11097 -    このTreeへ           [リストへもどる] soft


(11097) 11115Re: 素数を表示、カウントするテスト  投稿者:としき   2024/02/26(月) 13:22
参照先:http://toshiki.la.coocan.jp/
    11097 番 konno さんへのコメント    コメント数 1

> TurboBasicで素数を表示、カウントするテストプログラムを作りました。

中身を見させていただきました。
どうも解せない部分がいくつか。
冒頭、「DEFINT A-Z」と宣言されています。
これはいわば、ある意味お約束のようなものかもしれません。
でも、実際にコードの中で使っている変数は、整数の範囲外までサポートするため
実数型。だもので、いちいち実数指定の「!」が必要になっています。
これ、冒頭の整数宣言を外してしまったほうがよくありませんか?
コード全体をざっくり見た範囲で、整数型の変数は末尾の時間計測ルーチンで使って
いる変数ぐらい。なら、こちらのほうに整数指定をするほうがいいような。

で、尻尾から見ていって。
9050行、もしIERLが10000より大きければ、THENそのとき10000となっていますが、
THEN直後の数値はその行番号へのジャンプ。でも10000行ってないのですが、これで
いいのですか?
って、これ、コメント文になっているぅ〜!
またぞろ、konnoさんお得意の迷彩にやられちまったぜ。

9030行、「RESUME 9032」となっていますが、RESUME文て指定した行番号に処理を
飛ばす、という挙動だったはず。この処理系ではその他の副作用があるかもしれない
のですが、このステートメント、本当に必要ですか?
あ、ERRとERLがクリアされてしまうとかあるのかな。
であってもなくても、わざわざIERRとIERLに代入せず、そのまま表示してしまえば
余分な変数も使わずに済むし、コードはよりシンプルになる気がする。
ま、私のような処理系の挙動を把握していない人向けのコメントは不要として、
処理系の挙動を知っている人ですら疑問を抱きそうな部分にはきちんとコメントを
つけたほうが言いと思う。

と、言うところで、根性と時間がつきました。
今日のところはそんなところで。

      - No.11115 -    このTreeへ    コメント元:11097 へ [リストへもどる] soft


(11097) 11117Re^2: 素数を表示、カウントするテスト  投稿者:konno   2024/02/26(月) 22:12
    11115 番 としき さんへのコメント    コメント数 1

> 冒頭、「DEFINT A-Z」と宣言されています。
> これはいわば、ある意味お約束のようなものかもしれません。
> でも、実際にコードの中で使っている変数は、整数の範囲外までサポートするため
> 実数型。だもので、いちいち実数指定の「!」が必要になっています。
> これ、冒頭の整数宣言を外してしまったほうがよくありませんか?
> コード全体をざっくり見た範囲で、整数型の変数は末尾の時間計測ルーチンで使って
> いる変数ぐらい。なら、こちらのほうに整数指定をするほうがいいような。

全くその通りです、手抜きのために既存のルーチンを stime などから寄せ集めたもので。
冒頭の「DEFINT A-Z」も、
ON ERROR GOTO 9000:DEFINT A-Z
このように、エラールーチンにくっ付いていたのをそのままにしていたのでした。

> 9050行、もしIERLが10000より大きければ、THENそのとき10000となっていますが、
> THEN直後の数値はその行番号へのジャンプ。でも10000行ってないのですが、これで
> いいのですか?
> って、これ、コメント文になっているぅ〜!
> またぞろ、konnoさんお得意の迷彩にやられちまったぜ。

これも同じで、エラー処理が無いといきなり終了するので、とりあえず張り付けたのでした。
としきさんは、TAGLIGHT.EXE はお使いではないですか。
コメントなどが色分けされて非常に見やすくなります。って言い訳。

> 9030行、「RESUME 9032」となっていますが、RESUME文て指定した行番号に処理を
> 飛ばす、という挙動だったはず。この処理系ではその他の副作用があるかもしれない
> のですが、このステートメント、本当に必要ですか?
> あ、ERRとERLがクリアされてしまうとかあるのかな。
> であってもなくても、わざわざIERRとIERLに代入せず、そのまま表示してしまえば
> 余分な変数も使わずに済むし、コードはよりシンプルになる気がする。
> ま、私のような処理系の挙動を把握していない人向けのコメントは不要として、
> 処理系の挙動を知っている人ですら疑問を抱きそうな部分にはきちんとコメントを
> つけたほうが言いと思う。

これも同じ手抜きで、以下同文。m(__)m

      - No.11117 -    このTreeへ    コメント元:11115 へ [リストへもどる] soft


(11097) 11119Re^3: 素数を表示、カウントするテスト  投稿者:としき   2024/02/27(火) 23:55
参照先:http://toshiki.la.coocan.jp/
    11117 番 konno さんへのコメント    コメント数 1

私のようなずぼらと違って、konnoさんはまめな人なのか。
私の場合、何回も登場する実数型変数にいちいち型指定の接尾辞をつけるくらいで
あれば、何とかしてそれを省略できる方法を考えたりするわけですよ。打鍵数の節約
を含めて。そして、DEFINTの型指定範囲をどうにかできないか、というのが最初の
候補になる。
あるいは、konnoさんは昔の遅いインタプリタ時代のBASICに苦しめられた経験が
少ない、とか。
少しでも速度を稼ごうと思ったら、ループの中で多用される変数を整数型にする、
というのは基本として、もし実数型不可避となったら、短い変数名にしたり、とか、
いちいち型指定の接尾辞をつけずに済ませようとしたり、とか考えるわけです。
今回のコンパイラでは大丈夫、と読みきってそうしているのであれば、私の言って
いることは余計なお世話なので、大変申し訳ない。

手抜きというか楽をするために既存のルーチンをかき集める、というのは私もよく
やるし正しい行いだとは思いますが、でも、寄せ集めのそれらのルーチンがそれぞれ
何をやっているか把握しないでただくっつけるだけだと、しつこく取れないバグの
巣窟になることが多い。それはあとからボディブローのように効いてきて、トータル
では全く楽にならない、むしろ複雑になる、というのが非常によくある結末。
やっぱりkonnoさん、深層心理では楽をすることを嫌っているとしか思えない。
私のように、骨の髄まで楽をする事を考える人間とは大違い。
あるいは、バグが取れたという結果よりもバグ取りという過程のほうが好き、とか。
世間一般の多くのプログラマは、コーディングが楽しいとか完成してきちんと動いた
ときに満足感を感じる、という人のほうが多いらしいし、私もそうなのですが、何が
楽しいかなんていうのは当然ながら人それぞれ。
いつまでたっても動かないプログラムを永遠にデバッグしているのが楽しい、という
人がいたっておかしくないし、実際にkonnoさんのコードを見ると、konnoさんは
そういうタイプに見える。
プログラムが簡単に完成したらつまらないんでしょう。

TAGLIGHTは、HTMLの編集が楽になりそうなんで気にはなっているんですけどね。
色物はあんまり好きではないんですが、導入したほうがいいかなぁ。
でも、最終的なプログラムコードは、そういうものに依存するべきではないと思う。
ま、これは私の個人的な意見なんで、異論は認める。
私、昔はBASICだったし、あるいはポケ3でコードを組んでいたこともあって、白黒
がデフォルト。紙とペンでコーディングするときも、せいぜい赤ペン止まり。
プロのプログラマだと、紙とペンでコーディングする場合でも多色のマーカーを
使っていた、なんていう話は聞いたことがあります。
だから、以下のような替え歌ができたんだ、そうです。

 胸につけてるマーカーで修正
 自慢のデバッガでバグを撃つ
 派遣の会社から僕らのために
 来たぞ我らのプログラマー

20年とか30年前に聞いた歌詞なんで、もはやうろ覚え。
元歌に沿って、替え歌のほうも3番とか4番まであったはず。
上記の1番も、1行目はたぶん間違いないと思うけど、2行目以降はかなり妖しい。
だからなんだ、という話ですが。

      - No.11119 -    このTreeへ    コメント元:11117 へ [リストへもどる] soft


(11097) 11121Re^4: 素数を表示、カウントするテスト  投稿者:konno   2024/02/28(水) 01:23
    11119 番 としき さんへのコメント    コメント数 1

> 私のようなずぼらと違って、konnoさんはまめな人なのか。

逆に私はずぼらで、としきさんはマメな人だと思っていました。

> 私の場合、何回も登場する実数型変数にいちいち型指定の接尾辞をつけるくらいで
> あれば、何とかしてそれを省略できる方法を考えたりするわけですよ。打鍵数の節約
> を含めて。そして、DEFINTの型指定範囲をどうにかできないか、というのが最初の
> 候補になる。

昔は私もそういうことを考えていた気がします。今は劣化して考えられなくなっただけかも。

> あるいは、konnoさんは昔の遅いインタプリタ時代のBASICに苦しめられた経験が
> 少ない、とか。

としきさんには私はそう見えるわけですね。
私は私なりに遅いインタプリタでいかに処理速度を上げるかで必死だったんですけどね。
そのために「スーパーBASIC」という本を買って、色々参考にした覚えがあります。

> 少しでも速度を稼ごうと思ったら、ループの中で多用される変数を整数型にする、
> というのは基本として、もし実数型不可避となったら、短い変数名にしたり、とか、
> いちいち型指定の接尾辞をつけずに済ませようとしたり、とか考えるわけです。

昔はそういう考えが基本的にあったと思います。今は何も考えていないですね。(^^;

> 今回のコンパイラでは大丈夫、と読みきってそうしているのであれば、私の言って
> いることは余計なお世話なので、大変申し訳ない。

コンパイラになって、変数名の長さとか関係なくなってあまり気にしなくなったのはあります。

> 何をやっているか把握しないでただくっつけるだけだと、しつこく取れないバグの
> 巣窟になることが多い。それはあとからボディブローのように効いてきて、トータル
> では全く楽にならない、むしろ複雑になる、というのが非常によくある結末。

確かにその通りですが、私はとりあえず動くのを優先に考えてしまう癖があるようです。

> やっぱりkonnoさん、深層心理では楽をすることを嫌っているとしか思えない。

これは無いと思いますが、そう見えるのですか。

> 私のように、骨の髄まで楽をする事を考える人間とは大違い。

私にはそうは見えなかったり、考え方が人それぞれなゆえですかね。

> あるいは、バグが取れたという結果よりもバグ取りという過程のほうが好き、とか。

私はバグが無い方がいいし、バグ取りは基本嫌です。

> いつまでたっても動かないプログラムを永遠にデバッグしているのが楽しい、という
> 人がいたっておかしくないし、実際にkonnoさんのコードを見ると、konnoさんは
> そういうタイプに見える。

見え方は人それぞれですから、しかたがないですね。

> プログラムが簡単に完成したらつまらないんでしょう。

そういう境地になれたらいいなとは思います。絶対になれないので。

> TAGLIGHTは、HTMLの編集が楽になりそうなんで気にはなっているんですけどね。
> 色物はあんまり好きではないんですが、導入したほうがいいかなぁ。

Windowsの高機能エデイタは大抵色分け機能を持っていますね。
そういうのを使ってみたいとは思うのですが、VZの使い勝手は別格と思うので。

> だから、以下のような替え歌ができたんだ、そうです。

替え歌がさくっと出来るのもクリエイターならではですね。(^_^)

      - No.11121 -    このTreeへ    コメント元:11119 へ [リストへもどる] soft


(11097) 11122Re^5: 素数を表示、カウントするテスト  投稿者:としき   2024/02/28(水) 17:45
参照先:http://toshiki.la.coocan.jp/
    11121 番 konno さんへのコメント

コードからにじみ出てくる人柄なんて当てにならない、というのが結論でしょうか。

> 逆に私はずぼらで、としきさんはマメな人だと思っていました。

この辺は相対的なものもありますがね。
親戚一同から学生時代の友人、会社での知り合いにいたるまで、他人からの評価
では、世間一般の平均からすると私はずぼらの範疇に入るらしい。マスコミなんか
の報道やネットニュースを参照することによる自己評価でも、やっぱり私はずぼら
だと思っています。
うちの父はマメな人でしたが、うちの母は
「うちの子供たちはみんな私の血を継いだ」
なんていっていて、自分でもそのとおりだと思っています。

> 昔は私もそういうことを考えていた気がします。今は劣化して考えられなくなっただけかも。

> 昔はそういう考えが基本的にあったと思います。今は何も考えていないですね。(^^;

もしかしたら、この辺がキモなのかも。
私も、最近になってプログラミングのスタイルが変わったというところはありません
けどね。かつては、特にインデントの桁数で、いろいろと変遷があったはず。
昔、N88-BASICでは、タブ幅が8桁固定で、さすがにこれは下げすぎだと思い、面倒
だったけど、空白3桁のインデントで、一生懸命スペースバーを叩いていた。
学生時代、PascalはTurboPascalと大学の大型機を使ったけど、両方でソースを統一
したくて、確かインデントは6桁。
その後、TurboCとVisualCの統合環境では、何桁だったかなぁ。
とくに、VisualCに触れたことって、ほとんど一瞬のようなものだったし。
両方とも、確か4桁だったと思うけど、全く自信なし。
その後すぐにVzに触れて、拡張子ごとにタブを4桁と8桁に設定できるようになって、
今ではこれなしにはいられない。

> 確かにその通りですが、私はとりあえず動くのを優先に考えてしまう癖があるようです。

あ〜、なんとなくわかるような。
なんと言えばいいかな。
私の場合は「長期的ずぼら」とか「ライフサイクルずぼら」。
konnoさんの場合は「近視眼的ずぼら」。
なので、konnoさん、トータルでの労力がかえって増えてしまうと思う。

      - No.11122 -    このTreeへ    コメント元:11121 へ [リストへもどる] soft


(11097) 11120素数表示、カウント SOSU5.EXE 更新  投稿者:konno   2024/02/28(水) 00:47
    11097 番 konno さんへのコメント    コメント数 2

TurboBasicで素数を表示、カウントするプログラム SOSU5 に更新しました。
DOSVAXJ3 や MS-DOS Player の JP モードで動きます。

自己流で考えて作ったので間違いがある可能性はあります。
指定範囲は20から 30万まです。配列数や時間的な限界がこの辺ということで。
一応、300000 までは 合っていると思います。

今回指定数を3倍までにし、速度アップもしました。
起動時オプションで動作変更できます。


SOSU5.ZIP サイズ 30297bytes  24-02-27 new!

  SOSU5.EXE Ver.240227

・DOSVAXJ3 の VGAで動く 素数表示テストです。
・DOSVAXJ3 を起動したら、chev jp でVGAモードにして、SOSU4.EXE を起動してください。
・MS-DOS Player では、chej jp でVGAモードにすれば動作します。
・VTDOS では動作しません。
・ソースも付けます。
・300000までは合っていると思いますが時間が掛かりすぎるので注意。
・数字や時間情報を SOSU.DAT に追加出力します。
・起動時オプション 1 で S000.DAT に素数を出力します。
・起動時オプション 2 で 表示もファイル出力もしません。カウントのみ。
・数字が大きくなると急速に速度が落ちるので、初めは 100くらいから始めてください。

・更新履歴
2024-02-27 V5 バグ取りや速度アップやファイル出力など。
2024-02-20 V4 公開用に色々弄りました。
2024-02-17 V1 とりあえず作成?

 動作保証はでき無いので実行は自己責任で。  

http://tamaneko.world.coocan.jp/execom.htm


      - No.11120 -    このTreeへ    コメント元:11097 へ [リストへもどる] soft


(11097) 11123Re: 素数表示、カウント SOSU5.EXE 更新  投稿者:konno   2024/02/29(木) 18:45
    11120 番 konno さんへのコメント

SOSU5 の速度アップとバグ取りですが、他の素数計算プログラムを参考にしました。
旧版は、一桁の素数を決め打ちでやっていました。

for i!=2 to 10
  if i!=2 then gosub print1:co!=co!+1:co1%(co!)=i!
  if i!=3 then gosub print1:co!=co!+1:co1%(co!)=i!
  if i!=5 then gosub print1:co!=co!+1:co1%(co!)=i!
  if i!=7 then gosub print1:co!=co!+1:co1%(co!)=i!
next i!

これを全部コメントにして、2だけ決め打ちにしました。
さらに、偶数チェックを FOR STEP 2 で出来ることがわかり、以下のように

i!=2:gosub print1 :co!=co!+1:co1%(co!)=i!		'★ 2は素数に決め打ち
a!=0
for i!=3 to no!-1 step 2				'★ 偶数をスキップ
loop1:
'  no1$=str$(i!)					'★ FOR steo 2 の
'  le=len(no1$)						'★スキップにより
'  a!=val(right$(no1$,1))				'★この4行が
'  b!=int (a!/2):if b!=a!/2 then i!=i!+1:goto loop1	'★要らなくなった
  gosub loop2		'
next i!

これで少し速度アップ出来たようです。

SOSU4.EXE
Number = 50000 	  0: 0'34 	Prime Number = 5133 
SOSU5.EXE
Number.50000	  0: 0'32 	Prime Number = 5133 

うーん、誤差範囲かな。(^^;
あとは配列の見直しで、10万までだったのを30万まで拡大出来ました。
速度的にも

Number.300000	  0:12'20   Prime Number = 25997 

12分もかかるので、この方式はこの辺が限界ですね。(^^;
さて、次はもっと速い別のアルゴリズムにしましょう。

      - No.11123 -    このTreeへ    コメント元:11120 へ [リストへもどる] pre


(11097) 11126Re: 素数表示、カウント SOSU5.EXE 更新  投稿者:としき   2024/03/01(金) 01:28
参照先:http://toshiki.la.coocan.jp/
    11120 番 konno さんへのコメント    コメント数 1

sosu5.bas を読ませてもらっています。
まだ冒頭のほうだけなんですけどね。

で、質問。
配列の確保で
dim co1%(32700)
と宣言されています。
その少しあとで入力プロンプトだと思いますが
  PRINT "Prime Number (20 TO 327000)";
とあったり
    if no!>327000 then inp1
となっているのですが、これはそれぞれ値は正しいのですか?
いや、似たような数値なので、ミスタイプを疑ってみました。
というか、できればこういうのは変数に定義したほうがよろしいかと。
例えば、

max=32700
dim co1%(max)
  PRINT "Prime Number (20 TO "; max*10; ")";
    if no!>max*10 then inp1

みたいなコードになっていれば、いらぬ疑問は招かないかと。
バグの混入も防止できるし。
アセンブラですら数値を定義して名前をつけるという機能があるのに、高級言語の
BASICでそういう機能を使わないのはもったいないと思う。
また、最近のC言語なんかでは、文法書に、この手の即値はマジックナンバーであり
使うことは悪い習慣だと書かれてしまっているらしい。そうだろうねぇ。

      - No.11126 -    このTreeへ    コメント元:11120 へ [リストへもどる] pre


(11097) 11127Re^2: 素数表示、カウント SOSU5.EXE 更新  投稿者:konno   2024/03/01(金) 23:46
    11126 番 としき さんへのコメント

> 配列の確保で
> dim co1%(32700)  と宣言されています。
> その少しあとで入力プロンプトだと思いますが
>   PRINT "Prime Number (20 TO 327000)";
> とあったり
>     if no!>327000 then inp1
> となっているのですが、これはそれぞれ値は正しいのですか?

正しくはないというか、適当です。(^^;

> いや、似たような数値なので、ミスタイプを疑ってみました。
> というか、できればこういうのは変数に定義したほうがよろしいかと。

配列の数字と入力最大値とは関連はありません、たまたま同じ数値にしただけです。
なので、例題のようには出来ないです。

> バグの混入も防止できるし。
> アセンブラですら数値を定義して名前をつけるという機能があるのに、高級言語の
> BASICでそういう機能を使わないのはもったいないと思う。
> また、最近のC言語なんかでは、文法書に、この手の即値はマジックナンバーであり
> 使うことは悪い習慣だと書かれてしまっているらしい。そうだろうねぇ。

ご意見に従い、入力の最大値は max! にしてみました。
なるほど、修正が楽になりますね。
SOSU5 で最終と思っていましたが、修正ついでにもっと限界まで攻めてみました。

dim co1%(32766)			' これ以上は64Kオーバーエラー

  max!=1000000
  PRINT "Prime Number (20 TO ";max!;")";

最大値はもっといけるかもですが、時間的に100万までにしました。(^^;
こんどこそ打ち止めです。(^^;

      - No.11127 -    このTreeへ    コメント元:11126 へ [リストへもどる] pre


(11097) 11128SOSU6 素数を表示、カウントするテスト6  投稿者:konno   2024/03/02(土) 00:03
    11097 番 konno さんへのコメント    コメント数 2

TurboBasicで素数を表示、カウントするプログラム SOSU5 に更新しました。
DOSVAXJ3 や MS-DOS Player の JP モードで動きます。

自己流で考えて作ったので間違いがある可能性はあります。
指定範囲は20から 100万まです。配列数や時間的な限界がこの辺ということで。
一応、1000000 までは 合っていると思います。

今回指定数を100万までに拡大しました。
起動時オプションで動作変更できます。


SOSU6.ZIP サイズ 30299bytes  24-03-01 new!

  SOSU6.EXE Ver.240301

・DOSVAXJ3 の VGAで動く 素数表示テストです。
・DOSVAXJ3 を起動したら、chev jp でVGAモードにして、SOSU4.EXE を起動してください。
・MS-DOS Player では、chej jp でVGAモードにすれば動作します。
・VTDOS では動作しません。
・ソースも付けます。
・1000000までは合っていると思いますが時間が掛かりすぎるので注意。
・数字や時間情報を SOSU.DAT に追加出力します。
・起動時オプション 1 で S000.DAT に素数を出力します。
・起動時オプション 2 で 表示もファイル出力もしません。カウントのみ。
・数字が大きくなると急速に速度が落ちるので、初めは 100くらいから始めてください。

・更新履歴
2024-03-01 V6 指定できる最大値を100万までに拡大。
2024-02-27 V5 バグ取りや速度アップやファイル出力など。
2024-02-20 V4 公開用に色々弄りました。
2024-02-17 V1 とりあえず作成?

 動作保証はでき無いので実行は自己責任で。  
http://tamaneko.world.coocan.jp/execom.htm

      - No.11128 -    このTreeへ    コメント元:11097 へ [リストへもどる] soft


(11097) 11129Re: SOSU6 素数を表示、カウントするテスト6  投稿者:konno   2024/03/03(日) 16:48
    11128 番 konno さんへのコメント

> 最大値はもっといけるかもですが、時間的に100万までにしました。(^^;

SOSU6.EXE の実行時間です。

SOSU6.EXE
Number.10000	  0: 0' 2   Prime Number = 1229 
Number.100000	  0: 1'40   Prime Number = 9592 
Number.400000	  0:23'20   Prime Number = 33860 
Number.600000	  0:52'55   Prime Number = 49098 
Number.1000000	  1:52'40   Prime Number = 78498 

これだけ時間が掛かりますが、他の計算プログラムと結果は一致しています。
うっかり計測開始してしまったときは、Ctrl+Break で止まる設定ならあるいは。(^^;
まあ、いざという時は DOSVAXJ3 の窓を閉じればいいんだし。(^^;

      - No.11129 -    このTreeへ    コメント元:11128 へ [リストへもどる] pre


(11097) 11131Re: SOSU6 素数を表示、カウントするテスト6  投稿者:としき   2024/03/04(月) 23:23
参照先:http://toshiki.la.coocan.jp/
    11128 番 konno さんへのコメント    コメント数 1

> TurboBasicで素数を表示、カウントするプログラム SOSU5 に更新しました。

N88-BASICもあらかた忘れ始めているので手元のDISK BASICのリファレンスを見ながら
ですが、TurboBasicはやっぱりかなり違うようです。
上のほうから見ていって、まず気がついたのがLOCATE文。
LOCATE 1, 26, ,1
というのがありましたが、N88では引数は3つまで。
つまり、カンマの数は2つまででした。
次がCOLOR文。
COLOR 14, 0
とありますが、N88では最初の引数は0から7までだけでした。
2番目と4番目の引数なら14も使えるようです。

あ、なんか、消し忘れのようなもの見つけてしまった。
a!=0
ってあるんですが、この変数、他では使われていないっぽい。

あ〜、なんか、N88-BASIICに移植したくなってきた。
といっても、動作環境は手元にはない。
実家にはDOS BASICはあるはずだけど、DOS BASICとDISK BASICって何が違っていたか
もう思い出せない。
ちょっと無謀だな。

      - No.11131 -    このTreeへ    コメント元:11128 へ [リストへもどる] soft


(11097) 11133Re^2: SOSU6 素数を表示、カウントするテスト6  投稿者:konno   2024/03/05(火) 00:03
    11131 番 としき さんへのコメント    コメント数 1

> 上のほうから見ていって、まず気がついたのがLOCATE文。
>   LOCATE 1, 26, ,1
> というのがありましたが、N88では引数は3つまで。
> つまり、カンマの数は2つまででした。

Turbo Basic と TBasic のマニュアルが腐海から救い出せました。
思いもよらぬところの奥底に沈んでいました。(^^;
それによると、LOCATE 文の引数は 5個まであります。

LOCATE 縦位置,横位置,カーソル表示スイッチ,カーソル開始位置,カーソル終了位置

私がN88系と違うと思ったのは、縦と横が逆なところです。
他の構文は、横、縦なので、間違えやすいですね。MS系の歴史でしょうか。

> 次がCOLOR文。
>   COLOR 14, 0
> とありますが、N88では最初の引数は0から7までだけでした。
> 2番目と4番目の引数なら14も使えるようです。

これもMS系と大きく違うところですね。
詳しくは以下略。(^^;

> あ、なんか、消し忘れのようなもの見つけてしまった。
> a!=0
> ってあるんですが、この変数、他では使われていないっぽい。

う、消し忘れてましたね。(^^;

> あ〜、なんか、N88-BASIICに移植したくなってきた。
> といっても、動作環境は手元にはない。
> 実家にはDOS BASICはあるはずだけど、DOS BASICとDISK BASICって何が違っていたか
> もう思い出せない。
> ちょっと無謀だな。

ネットには、N88系準拠のフリーなBASICもありそうです。
移植するなら、他の素数プログラムが良いと思います。
私のは全く実用的でないので。(^^;
これからアップしますね。

      - No.11133 -    このTreeへ    コメント元:11131 へ [リストへもどる] pre


(11097) 11138Re^3: SOSU6 素数を表示、カウントするテスト6  投稿者:としき   2024/03/05(火) 14:12
参照先:http://toshiki.la.coocan.jp/
    11133 番 konno さんへのコメント    コメント数 1

LOCATEなんていう、割と基本的なところからして違うものなのですね。

> LOCATE 縦位置,横位置,カーソル表示スイッチ,カーソル開始位置,カーソル終了位置
> 
> 私がN88系と違うと思ったのは、縦と横が逆なところです。
> 他の構文は、横、縦なので、間違えやすいですね。MS系の歴史でしょうか。

えと、LOCATEが縦、横の順というのは、Turbo Basic と TBasic の両方ですか?
それともどちらかだけ?
ちなみに、N88の場合は

LOCATE 横位置,縦位置,カーソル表示スイッチ

だけです。
カーソルの開始位置、終了位置ってなんだろう。
横長のカーソルを表示できるのかな。
それとも、その制限の範囲にカーソルがこない場合は表示されない、とか。

> 移植するなら、他の素数プログラムが良いと思います。

konnoさんの新しいのもリリースされたし、そっちを狙おうかな。
とりあえず、SOSU6の方を移植するとなると気になる部分がひとつ。
もしかしたら16ビットのBASICでは改善されているかもしれませんが。

loop2:			' 数値を確定した素数で割り切れれば合成数
  for ii!=1 to co!-1
    b!=int(i!/co1%(ii!)):if b!=i!/co1%(ii!) then noflg=1:goto lpend2
  next ii!
lpend2:

8ビット時代のBASICでは、こういうループの脱出方法をは推奨されなかった。
FORのループを完了させずに途中で脱出すると、スタックにデータが詰みあがった
ままになってしまうのだそうで。
たしか、新しくRUNするとクリアされるのだったかなぁ。
もしかしたら、明示的にCLEARというコードを書かないとクリアされなかったかも
しれない。
この辺は処理系によって違うかもしれないし、当時のBASICのリストを見ると、DEFINT
と同様、ソースの先頭でおまじないのようにCLEARを入れているものが多かったので、
この辺で混同している部分もあるかもしれない。
で、結局どうするのがよいかというと

*LOOP2
FOR II!=1 TO CO!-1
    IF INT(I!/CO1%(II!))=I!/CO1%(II!) THEN NOFLG=1:II!=CO!-1
NEXT

こんな感じで無理やり強制的にループの制御変数の値を書き換えてしまう、という
ワザが使われていました。

      - No.11138 -    このTreeへ    コメント元:11133 へ [リストへもどる] pre


(11097) 11141Re^4: SOSU6 素数を表示、カウントするテスト6  投稿者:konno   2024/03/05(火) 16:55
    11138 番 としき さんへのコメント    コメント数 1

> > LOCATE 縦位置,横位置,カーソル表示スイッチ,カーソル開始位置,カーソル終了位置

見直したらおかしなところに気が付きました。
  LOCATE 1, 26, ,1
とありますが、おしりの1はカーソル開始位置なので、終了位置が無い?
これも元は何かのサンプルソースで
  LOCATE 1, 26, ,1 '%CursorOff
多分これが元だと思います。
TBasicのマニュアルでは、終了位置を省略すると開始位置と同じ数値が入るらしいですが
このコメントでは、カーソルオフになっていますね? わからん。
サンプルが間違えているかもですね。(^^;

> えと、LOCATEが縦、横の順というのは、Turbo Basic と TBasic の両方ですか?

両方です。TBasicはもろMS系だと思いますが、TurboBasicもMS系準拠ということですかね。

> カーソルの開始位置、終了位置ってなんだろう。

カーソルの高さ指定だと思います。TBasicでは、0が上で 15が下みたいです。


> FORのループを完了させずに途中で脱出すると、スタックにデータが詰みあがった
> ままになってしまうのだそうで。

うげ、これは知らなかったです。ヤバイかも・・・(>_<)
STIME でたまに問題が出るのはこれかもしれないですね。

> FOR II!=1 TO CO!-1
>     IF INT(I!/CO1%(II!))=I!/CO1%(II!) THEN NOFLG=1:II!=CO!-1
> NEXT
> こんな感じで無理やり強制的にループの制御変数の値を書き換えてしまう、という
> ワザが使われていました。

これも良くやっていますが、これからはループを抜ける時は気を付けます。

      - No.11141 -    このTreeへ    コメント元:11138 へ [リストへもどる] pre


(11097) 11143Re^5: SOSU6 素数を表示、カウントするテスト6  投稿者:としき   2024/03/05(火) 17:58
参照先:http://toshiki.la.coocan.jp/
    11141 番 konno さんへのコメント    コメント数 1

> これも元は何かのサンプルソースで
>   LOCATE 1, 26, ,1 '%CursorOff
> 多分これが元だと思います。
> TBasicのマニュアルでは、終了位置を省略すると開始位置と同じ数値が入るらしいですが
> このコメントでは、カーソルオフになっていますね? わからん。

値を省略するとカーソルオフなんですかね。
N88だと、最後のパラメータなんでよく省略されていましたが、省略時は単にそれ以前
の値を引き継いでいました。

> カーソルの高さ指定だと思います。TBasicでは、0が上で 15が下みたいです。

あ、横方向ではなく、1つの文字の中の縦方向でしたか。
ということは、開始位置が0、終了位置を1と指定すると、アッパーラインのような感じ
になるということですね。これはVzのCiとCoみたいに変更できるということですから、
使い方によっては便利かもしれない。

> > FORのループを完了させずに途中で脱出すると、スタックにデータが詰みあがった
> > ままになってしまうのだそうで。
> うげ、これは知らなかったです。ヤバイかも・・・(>_<)

いや、昔のインタプリタの時代の話ですから。
コンパイル型言語なら大丈夫なんじゃないかなぁ。
ただ、ループをまわす回数が増えても問題がないのに、ループの回数そのものが少ない
にもかかわらず、そのループを呼び出す回数が増えると問題が出るという、謎の不具合
につながることがあって。
苦労させられた人はそれなりにいるはず。


ところで、それよりも、変なことに気がつきました。
#11097によると

> 最も素朴な方法は、2 から √n 以下の素数まで順番に割っていく

とあるのですが、コードの中にSQRT関係の関数がないようです。
これ、本当にこのアルゴリズムであっていますかね。
例えば、23が素数であるかを確認するためには√23以下の素数、つまり2と3で確認
すれば事足りるわけです。
コードを追いかけていませんが、まさか、5とか7でも割っているから余計に時間が
かかっている、ということはないでしょうか。

      - No.11143 -    このTreeへ    コメント元:11141 へ [リストへもどる] pre


(11097) 11145Re^6: SOSU6 素数を表示、カウントするテスト6  投稿者:konno   2024/03/05(火) 23:15
    11143 番 としき さんへのコメント

> 値を省略するとカーソルオフなんですかね。
> N88だと、最後のパラメータなんでよく省略されていましたが、省略時は単にそれ以前
> の値を引き継いでいました。

試しに
LOCATE 1, 26, ,10
にして実行してみたら、カーソル高さが半分くらいになっていました。
省略時はそれ以前の値を引き継ぐようですね。

> コンパイル型言語なら大丈夫なんじゃないかなぁ。
> ただ、ループをまわす回数が増えても問題がないのに、ループの回数そのものが少ない
> にもかかわらず、そのループを呼び出す回数が増えると問題が出るという、謎の不具合
> につながることがあって。
> 苦労させられた人はそれなりにいるはず。

やっぱりむやみにループを抜けるのは避けた方が良さそうですね。

> ところで、それよりも、変なことに気がつきました。
> #11097によると
> > 最も素朴な方法は、2 から √n 以下の素数まで順番に割っていく
> とあるのですが、コードの中にSQRT関係の関数がないようです。

気が付いてしまいましたか、そうです、私はWikiを見ないで自分で考えたのです。
素数を調べるには確定した素数で割ればいいんじゃないかと思ったのです。
それで配列に確定した素数を入れたのですが、数字が大きくなると割る回数が増えるので
時間が掛かったのでした。

> これ、本当にこのアルゴリズムであっていますかね。

PRIME2.EXE は、SQR関数を使っているので、これが本来のアルゴリズムなのでしょうね。
でも結果は一致していたので、考え方はあながち間違ってはいなかったかなと思います。

> 例えば、23が素数であるかを確認するためには√23以下の素数、つまり2と3で確認
> すれば事足りるわけです。
> コードを追いかけていませんが、まさか、5とか7でも割っているから余計に時間が
> かかっている、ということはないでしょうか。

その通りですね、ですから、SOSUシリーズは私の個人的仮説の実験だったのです。(^^;
PRIME.BAS のサンプルは学校でも使える模範的コードなのだと思います。

      - No.11145 -    このTreeへ    コメント元:11143 へ [リストへもどる] soft