今日のテーマ   日々改造 (^_^;)         
[記事リスト(ツリー表示)]  [ 返信 ]   [新着記事] [最新50] [ワード検索] [過去ログ]

タイトル 実験編
投稿日: 2020/04/14(火) 15:41
投稿者文太
 番 号 9728    9714 番 文太 さんへのコメント    コメント数 1

 サクっとした現実逃避です。コロナ逃避とも、昨今ではいうようですが。
 以下、つまらないけど、白色LEDだとそんなふうになるものみたい、という
一般論のつもりです。

 LEDのスペックは、
 20mA(定格)-30mA(最大)ぐらいの電流を流し、LEDは3.2V-3.4Vがよろし、
というもの。

 ごちゃごちゃ計算し、手元の抵抗在庫をあさって、33Ω抵抗に決定。
 で、ふつうですが、こんな回路になる。横書きなので、GND同士を繋げてね。

GND -- バッテリー -- 33Ω抵抗 -- LED -- GND

 で、ニッスイの3直列はいろいろと面倒なので、リチウム(3.2V-4.2V)で
実行! しかし、そんなに長い時間待ってられない(仮ずまいのブレッドボードなので)。
というわけで、左の電圧をもつ電池2つで試し、電流とLED両端の電圧を測りました。

battery     current     LED voltage
3.37V      13.26mA     2.91V
4.15V      25.80mA     3.14V

 4.15Vで、10ミリ砲弾だと明るいか、と問われたら、そうでもないと思う。
 4.15Vで、 5ミリ砲弾だと暗いか、 と問われたら、そうでもないと思う。
 あんまり変わらないと思う。ダイオード端子を包んでるプラスチックの性質や角度で
ずいぶん見栄えは違う感じがする、といったところ。

 とにかく、「ごちゃごちゃ」計算の33オームは、正しいようでした。
 3.37Vという、下へ行ったときも、残念なことに、じゅうぶん明るくて、3.37Vと
4.15Vを隣あわせたら違いはすぐ分るでしょうが、現実的には、4.15Vから3.37Vへと
時間をかけて落ちてゆくわけで、「あ、電池交換、あるいは充電のタイミング」
なんて気づくことはできないくらいに、明るいです。

 これを改善するためには、33Ωをもっと大きくするしかなく、そうすると、
最高電圧時の明るさが落ちるわけで、その方向は考えない、ということにしました。


 以上、完全にブレッドボード上での実験でした。
 これを実用するためには、まあ、4つ上を並列にして、スイッチつけて、みたいな
「工作編」になるわけですが、これは、いつかね、あるいは、やってもレポートなしに
なります。言葉では、書く意味ないでしょうから。
 この箱詰め、パッケージングが難しいのですよねぇ、ほんとは。
 面倒くさくない、あっちを先にやりたい、という気持ちもあります。

    - No.9728 一括表示へ   -   コメント元:9714 一括表示へ  -    [ 返信 ]    [引用無し] soft


- 関連一覧ツリー (先頭の番号をクリックするとツリー全体を一括表示します)
▼ 9689.抵抗を入れた回路のLED点灯(理論編) - 文太 20/03/17-00:54
  ┣9714.1cm x 1.2cm LED - 文太 20/04/08-12:10
  ┃┗9728.実験編 - 文太 20/04/14-15:41
  ┃ ┗9737.キャイン、工作編(1) - 文太 20/04/18-12:55
  ┗9744.スイッチライト@セリア - 文太 20/04/20-14:17

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)   [引用無し]
おなまえ 
Eメール 
タイトル 
メッセージ auto soft pre(図表、プログラム) ※折り返さずに改行を入れてね
 参照先 
 暗証キー (英数字で8文字以内)
 プレビュー          

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
   処理   記事No   暗証キー
    [ページトップへ] [管理用]