今日のテーマ   日々改造 (^_^;)         
[記事リスト(ツリー表示)]  [ 返信 ]   [新着記事] [最新50] [ワード検索] [過去ログ]

タイトル DOS 7.1マシンを作る(1)
投稿日: 2017/02/12(日) 21:40
投稿者文太
 番 号 7645       コメント数 2

 (konnoさん、久しぶりに遊びましたので、記念にあげさせてやってください。)

 作りました。
 Fujitsu, Lifebook 665NU9E, (for Win2000), Celeron 650MHz, 64MB mem + 64MB,
 with 12 GB HD を、(下半身のみ)ハードオフで500円で買いました。
 (64MB memory, 12GB HDは、別買い。\100+\300)
 そして、DOS7.1 (Win98) on FAT32 (one drive on 12GB)です。現実的な使い方とか
については、訊かないでください。

 さて、作り方。ぜんぶ道具は、Win98日本語版から調達せよ。これだけ。
 まぜるとろくなことはありません。MEは駄目です。「MEから純DOS環境
は作れない」と聞いて、「なんで?」と思ってたのですが、xmsマネージャがio.sys
に入ってしまっているのです。純じゃありません。
 setverは? いやあ、はまりたくないです、、、。
 chevが効かず、invalid codepageとかに悩まされました。「変換」キーでATOK ON/OFF
できなくちゃ嫌なんだよぉ、といういつもの我が侭が許されなくて苦しみました。


 (余談)ジャンク解析に僕が常用しているのは、ほとんどFDベースの以下の
ツール。memtest, mhdd, pcitool, hwinfo。最後のは、DOS5/6ベースで別にhimem.sys
(xmsマネージャ)を必要とします。biosバーアップとか蘇生とかもあり、ごちゃ
ごちゃするので、応用範囲のいちばん広いWin98のがいいです。ただマシン作成の
基礎になるfdisk, formatは、mhddディスク付属のバグの取られたのにしておきま
しょう。

 (余談2)CDU (China Dos Union)とか、その他ネットからDOS7.1用の
道具は手に入りますが、はまります。日本語版を使いましょう。「無変換」キーとか
「変換」キーとか、使いたいですよね。

 (余談3)DOS7.1の効用は、FAT32に対応してくれることです。FD起動でも
FAT32 Cドライブにアクセスできます(そんな環境をお持ちなら、ですけど)。
20GBのHDでも、Vzからネイティブに使えます(DOS6は8GBまで。
1ドライブ2GBまで)。もちろんIDEです。絶滅危惧種です。
 Windowsなら、、、? だからぁ、それは別の話なんですって。
 あ、やってませんが、FAT32なら、8GBのUSBメモリスティックにも
アクセスできるはずです。大きな、これ。

 (余談4)ノート用の小さいメモリ、64MBを30分かかってハードオフで探し
ました。青い箱の中をがちゃがちゃ、がちゃがちゃ。100円。PC3200, 512MBも
100円だった。@八王子高倉店。
 「おい、DOSでそんなもの何に使うんだ?」は、以下へ。

 (余談5)以下で、だいたいのことはできるようになっていますが、LANだけ
やってません。無線までいかないと使いづらいだろうなぁ、と思って。
 無線はね、PCMCIAがあって、Texas Instrumentsがあって、やたら敷居が高いのです。

  Vendor ID        : 10ECh (Realtek Semiconductor Co., Ltd.)
  Device ID        : 8139h (RTL-8139/8139C/8139C+)
 とのことなので(by pcitool)、有線なら素直にLANもできるでしょう。
LifebookはたいていLan chip on boardなのです。この蟹さんチップはdosドライバが
あります。前にやったこともある。

 (余談6)昨晩から遊びはじめて、今日きづいたのですが、純な日本語版Win98
を使うと(Win98のio.sys、たぶん)、DOSだけ起動してるのに、Windows98の
【あの】グラフィックなスタート画面、ロゴが見えます。「これを取ったよ」と
どっかのDOS7.1ブートディスクの人が言ってた。起動を遅くするだけなので取りたい
けど、深そうなので近寄りません。

 (余談7)--この部分、上もですが、いちばん最後に書いてます。ごちゃごちゃ
いっぱい付け足してます--。ふと思ったのですが、確かにマザーボード、コンデンサ
のエージングって大きいのかも。今日、Lifebookはやたら調子がいいです。きっと
何年かぶりに(何十年?)十分な電気がマザーにゆきわたったから、でしょうか。
cmos電池はまだ生きてます。2001年8月製造のマシンのようですが。

 (余談8)ノートPCでのバッテリーの扱いですが、1年も2年もマシンをほって
おくことがあるなら(僕です)、バッテリーは可能なかぎり満充電にしておくべき
とのこと。cmos電池が長生きする。ノートだとCR2032の交換が面倒です。コンセント
を抜かないかぎり、電源をオフにしても、ATXでは、マザーに電気が供給されている
のですって。ノートだと、バッテリが電気を供給できるかぎり、と読み替えられる。
 つまり、15分しか使えない死にかけのバッテリーでも、付けておけ、ということ。

 (余談9)ATXの規格では、cmos電池は主電源が繋がっていたら、不要、つまり
使われないだそうです。cmos電池は、2.5Vくらいまで使えます。このあとの減衰は
わおっと思うぐらい急激。

 (余談10)ジャンクはジャンクです。うまくいくときもあれば、いかないときも
あります。いかないときも、いっぱいあります。数え方によりけりですが、僕は
勝率50%以上ぐらいかなと感じてます。メモリなんて普通死んでないので、それを
カウントしなくても、です。とはいえ、メモリは基板上のちっちゃなチップが取れて
たりすると、ちゃんと死んでます。このあいだ、初めて経験しました。
 ハードオフのジャンク・コーナーで、CPUは買ったことがありません。

 (余談11)最後の最後にネットでちゃんとこのマシンのスペックを調べました。
64MBがオンボード・メモリで、+256MBが可能。つまり、320MBがmaxで、もしラム
ドライバがやれるなら(いつか試してみよう)、280MBのラムドライブが可能なの
かもしれない。すごすぎる。これなら辞書でも何でも上げられる。
 256MBメモリも\100で買ってある、、、。なぜか、そうくるとは思ってなくて、、、。
 (やっちゃいました。300MBのラムドライブでした。いちばん下の記事参照。)

    - No.7645 一括表示へ   -              [ 返信 ]    [引用無し] pre


- 関連一覧ツリー (先頭の番号をクリックするとツリー全体を一括表示します)
▼ 7645.DOS 7.1マシンを作る(1) - 文太 17/02/12-21:40
  ┣7646.DOS 7.1マシンを作る(2) - 文太 17/02/12-21:41
  ┃┗7647.DOS 7.1マシンを作る(3) - 文太 17/02/12-21:42
  ┃ ┗7648.DOS 7.1マシンを作る(4) - 文太 17/02/12-21:43
  ┃  ┗7649.DOS 7.1マシンを作る(5) - 文太 17/02/12-21:44
  ┃   ┣7650.【資料】DOS7.1 files - 文太 17/02/12-21:48
  ┃   ┃┗7653.EMS Magicの使い方 - 文太 17/02/16-01:10
  ┃   ┃ ┗7655.DOSの限界に臨む - 文太 17/02/20-17:48
  ┃   ┗7651.Re: DOS 7.1マシンを作る(5) - konno 17/02/15-00:27
  ┃    ┗7652.Re^2: DOS 7.1マシンを作る(5) - 文太 17/02/16-01:08
  ┗7654.msdos.sysを編集せよ - 文太 17/02/16-12:31

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)   [引用無し]
おなまえ 
Eメール 
タイトル 
メッセージ auto soft pre(図表、プログラム) ※折り返さずに改行を入れてね
 参照先 
 暗証キー (英数字で8文字以内)
 プレビュー          

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
   処理   記事No   暗証キー
    [ページトップへ] [管理用]