[HOME]  [全部表示 会議室風]  [全部表示 保存用]  [HOME]  [リストへもどる] [リストへもどる]
一括表示

  MS-DOS Player の更新 2024/2/19 - konno 24/02/20-22:06 No.11096
 ┣ 素数計算 SOSU4で MS-DOS Playerの速度計測 - konno 24/02/26-23:05 No.11118
 ┣ MS-DOS Player の更新 2024/2/28 - konno 24/02/29-19:03 No.11124
 ┃┗ SOSU4で MS-DOS Playerの速度計測 2 - konno 24/02/29-19:38 No.11125
 ┗ MS-DOS Player の更新 2024/3/02 - konno 24/03/04-00:07 No.11130

(11096) 11096MS-DOS Player の更新 2024/2/19  投稿者:konno   24/02/20-22:06
   コメント数 3

MS-DOS Player が立て続けに更新されていました。
http://takeda-toshiya.my.coocan.jp/msdos/index.html

---------------------------------------------------------------------

2024/2/19
strcpy_s()で、指定したバッファ長よりも長い文字列をコピー元として指定したときに、
例外0xc0000417が発生することがあるようです。
ひとまずstrncpyで処理をするように対策をいれました。

2024/2/18
cracyc様のforkから、更に修正を取り込ませていただきました。
INT 67h, AX=5B00h/5B01h/5B04hについて、BHに00h以外を指定したときにエラーを返すようにしました。
MDA(Monochrome Display Adopter)をサポートしました。
その代わりに、コンベンショナルメモリの上限がB8000hからB0000hとなり、32KBだけ減少しています。
(それでも、VGAのVRAMがない分だけ、通常の環境より64KB大きいのですが)
CRTC, Status Registerも、MDAのアドレスでアクセス出来るようにしたのと、同期信号を50Hzにしました。

2024/2/15
cracyc様とroytam様のforkから、修正を取り込ませていただきました。
FCBを使ったファイルアクセスと、MAME版i386コアのFPU周りの例外の修正などです。
また、MAME版i386コアのDAA/DAS/AAA/AAS/AAM/AAD命令を、DOSBoxの実装を基に修正しました。
Pentium4版で、testi386.exeが実機と同じ結果が得られるようになっています。

NP21/WのI386コアを、ver0.86 rev92 beta2相当に更新しました。
また、ビルド時のワーニングが出ないように修正しました。

環境変数のアクセス時に、正しくない環境テーブルを参照したときのチェックを強化しました。
最近のビルドでtesti386.exeが動かなくなっていた問題が解決しています。
メモリアクセスの処理を効率化しました。
基本メモリ、拡張メモリ、予約領域(VRAMなど)の順に、少ない条件分岐でアクセスできるようにしています。
微妙に処理速度が上がっているかもしれません。

---------------------------------------------------------------------

主にメモリやCPU関係の修正のようです。
処理速度が上がっていたらうれしいですね。
作者様に感謝します。

      - No.11096 -    このTreeへ           [リストへもどる] soft


(11096) 11118素数計算 SOSU4で MS-DOS Playerの速度計測  投稿者:konno   24/02/26-23:05
    11096 番 konno さんへのコメント

MS-DOS Player の更新でメモリ関連が速くなったかもしれないので、
素数計算 SOSU4 で、各CPUのエミュレーション速度を計測してみました。


23-12-14版                      24-02-19版
PC1  MS-DOS Player 231214       PC1  MS-DOS Player 240219   
                                                            
ia32_x64                        ia32_x64                    
Number = 10000      0: 0' 3     Number = 10000     0: 0' 2  
Number = 20000      0: 0' 9     Number = 20000     0: 0' 6  
                                                            
                                pentium4_x64                
  無し                          Number = 10000     0: 0' 5  
                                Number = 20000     0: 0'14  
                                                            
i486_x64                        i486_x64                    
Number = 10000      0: 0' 4     Number = 10000     0: 0' 2  
Number = 20000      0: 0'14     Number = 20000     0: 0'14  
                                                            
i386_x64                        i386_x64                    
Number = 10000      0: 1'40     Number = 10000     0: 1'39  
Number = 20000      0: 5'31     Number = 20000     0: 5'27  
                                                            
i286_x64                        i286_x64                    
Number = 10000      0: 0'45     Number = 10000     0: 0'50  
Number = 20000      0: 2'29     Number = 20000     0: 2'42  
                                                            
v30_x64                         v30_x64                     
Number = 10000      0: 0'43     Number = 10000      0: 0'45 
Number = 20000      0: 2'21     Number = 20000      0: 2'30 
                                                            
ia32_x86                        ia32_x86                    
Number = 10000      0: 0' 3     Number = 10000      0: 0' 3 
Number = 20000      0: 0' 9     Number = 20000      0: 0' 9 
                                                            
                                pentium4_x86                
  無し                          Number = 10000      0: 0' 6 
                                Number = 20000      0: 0'20 
                                                            
i486_x86                        i486_x86                    
Number = 10000      0: 0' 6     Number = 10000      0: 0' 6 
Number = 20000      0: 0'18     Number = 20000      0: 0'18 
                                                            
i386_x86                        i386_x86                    
Number = 10000      0: 2' 4     Number = 10000      0: 2'13 
Number = 20000      0: 6'51     Number = 20000      0: 7'22 
                                                            
i286_x86                        i286_x86                    
Number = 10000      0: 0'47     Number = 10000      0: 0'56 
Number = 20000      0: 2'33     Number = 20000      0: 3' 6 
                                                            
v30_x86                         v30_x86                     
Number = 10000      0: 0'36     Number = 10000      0: 0'45 
Number = 20000      0: 2' 2     Number = 20000      0: 2'28 
                                

こうしてみると、新しい版が少し速くなっているようですね。
でも i286 以下では逆に旧版より遅くなっているような。
計算式のアルゴリズムとの相性もあるかもです。
私が間違えてる可能性もあります。

i386 以下は CPU エミュレーション率が高いのか、遅くなっていますが
特に i386 が突出して遅いのが気になります。

CPUエミュレーションのルーチンはいくつか種類があると思いますが、
速さより正確さを優先した結果ということでしょうか。
うーん、この結果を武田さんに送ってみようかなぁ。

新しい版の ia32_x64 がメモリ速度では良さそうですね。
みなさん、CPUを選ぶときはこの表も参考にしてね。

      - No.11118 -    このTreeへ    コメント元:11096 へ [リストへもどる] pre


(11096) 11124MS-DOS Player の更新 2024/2/28  投稿者:konno   24/02/29-19:03
    11096 番 konno さんへのコメント    コメント数 1

MS-DOS Player がまた更新されていました。
http://takeda-toshiya.my.coocan.jp/msdos/index.html

---------------------------------------------------------------------

2024/2/28
INT 21h, AX=4404h/4405h/440Ahを修正しました。
BXでハンドルを指定するか、BLでドライブを指定するか、間違えて処理していました。
AX=440Ahはハンドル指定、AX=4404h/4405hはドライブ指定に修正しています。

内蔵デバッガを改良しました。
プロテクトモード時のコードページの処理を修正しました。
また実行トレースに、各命令を16bit/32bitのどちらで実行したか記録するようにしました。
(V30の場合は8080モードか否かを記録)
Uコマンド、UTコマンドで正しく命令を表示できるようになっているかと思います。

roytam様のforkを参考に、conhost-v2のクラッシュ対策を入れました。
カーソルが最後の行にあるときにウィンドウサイズを変更するとクラッシュし易いようです。
また未確認ですが、Windows NT4.0 / 2000で動作するための修正も取り込んでいます。

---------------------------------------------------------------------

VZにはあまり影響無さそうですが、更新が続いていることに感謝します。

      - No.11124 -    このTreeへ    コメント元:11096 へ [リストへもどる] soft


(11096) 11125SOSU4で MS-DOS Playerの速度計測 2  投稿者:konno   24/02/29-19:38
    11124 番 konno さんへのコメント

MS-DOS Player の更新で CPU速度の変化が気になったので、
素数計算 SOSU4 で 各CPUのエミュレーション速度計測しました。

23-12-14版                      24-02-19版  24-02-28版
MS-DOS Player 231214            240219      240228
                                         
ia32_x64                        ia32_x64    ia32_x64 
Number = 10000      0: 0' 3     0: 0' 2     0: 0' 3  
Number = 20000      0: 0' 9     0: 0' 6     0: 0'10  
                                         
i486_x64                        i486_x64    i486_x64 
Number = 10000      0: 0' 4     0: 0' 2     0: 0' 5  
Number = 20000      0: 0'14     0: 0'14     0: 0'18  
                                         
i386_x64                        i386_x64    i386_x64 
Number = 10000      0: 1'40     0: 1'39     0: 1'56  
Number = 20000      0: 5'31     0: 5'27  
                                         
i286_x64                        i286_x64    i286_x64 
Number = 10000      0: 0'45     0: 0'50     0: 1' 4  
Number = 20000      0: 2'29     0: 2'42  

最新版の速度計測は手抜きですが、少し遅くなったような気がします。
条件判定などが増えたからでしょうか。

      - No.11125 -    このTreeへ    コメント元:11124 へ [リストへもどる] pre


(11096) 11130MS-DOS Player の更新 2024/3/02  投稿者:konno   24/03/04-00:07
    11096 番 konno さんへのコメント

MS-DOS Player がまた更新されていました。
http://takeda-toshiya.my.coocan.jp/msdos/index.html

---------------------------------------------------------------------

2024/3/2
INT 21h AH=43h, BL=08hが、BL=06hと同じ動作になっていた問題を修正しました。

内蔵デバッガを改良しました。
Rコマンドでレジスタ以外にフラグの値の変更もできるようにしました。
また、V30のディスアセンブラを、i386用のディスアセンブラと統合しました。
V30専用命令以外で正しく認識されない命令があったのが解決しています。
レジスタ名も標準的な名前で表示されるようになっています。

conhost-v2のクラッシュ対策の改良と、WindowsNT 3.51/4向けの修正をしています。

---------------------------------------------------------------------

クラッシュ対策とは、最近のWindowsのIMEの問題などでしょうか。
エミュレータ作者の影の苦労がうかがわれますね。
更新に感謝です。

      - No.11130 -    このTreeへ    コメント元:11096 へ [リストへもどる] soft