今日のテーマ   日々改造 (^_^;)         
[記事リスト(ツリー表示)]  [ 返信 ]   [新着記事] [最新50] [ワード検索] [過去ログ]

タイトル Re^4: EMSテストマクロ
投稿日: 2018/12/30(日) 15:41
投稿者文太
 番 号 8646    8643 番 konno さんへのコメント

 頭を一緒につかってくださって、ありがとうございます。
 そうなの、そうなのよ、という感じがとってもしました。

>ふーむ、データ構造によっては、ファイルに保存するのがいい場合もあるかと
>思ったんですが、もっと大変になりそうですね。
 「ファイルに書き出す」
 原始的だけど、これが、やっぱり正解中の正解でしょう。
 ほんとに「データ構造によっては」、いちばんいい。マクロも基本コマンド
でいいし。
 その結論みたいなのが、ちょびっとだけハイテクの入った、以下でした。

(再掲:#8154:Fラベル書き換えの意味 by 文太)
;恐ろしく邪悪なツリーだった。
;このマクロを探し出すのに、5分かかった。
;ああいうのは、イケナイ。
=== 009func by B ===;
ファンクラベル・ファイルを開き、ラインバッファに送ってから、
その「文字列」(1行)をファンクラベル領域(pq..100)に送り、
ファンクラベルをオリジナルに戻す。
ファイル名は決め打ち。c:\tmp\funcfile.txt。変更したければどうぞ。
ただし、上 (0fncfile.def)と連動すること。 
* M
50 ^^ "funcback"

	x="c:\tmp\funcfile.txt",
	mx[+,
	#R &?("%s",x) #m		;open funcfile
	#28				;send line to lbuf
	&Sm(pq..100,wa..18,244)
 	pn.4-,                          ;func key label ptr
	#C				;close funcfile
	mx], .

*
 ファンクラベルを書き換えたとき、書き戻しはどうするのか? 
 vz.defから元々読み込まれたメモリ上のオリジナル・ファンクラベルは
書き換えた時点でなくなっているのだから、どっか恒久的な場所に保存して
おかなくちゃいけない。で、ファイルだ、という展開でした。
 (ディスク上のファイルvz.defから再読み込みしたら? 検索が大変なのと、
逆=書き換えファイル用にも使えるから、こうなりました。
 じゃあ、これ、ファイルでなくEMSにしてみたら? うげげげげ。)

 とにかく。
 ね、恒久的データ保存領域って欲しくなるでしょ?
 僕だけかな? でも、何かすると、僕のばあい、必ずこの壁にぶつかって
きたものですから。


># たぶん大外れだな
 ぜんぜん。大当たりですよ。たとえば、そんな巨大保存バッファが使える
となったら、何をしたいのだっけ? とは少しは考えていましたから。
 嬉しいです、話が通じて、「そうそう、それのことなんですよ!」って
感じられるのは。m(__)m

>例えば、項目別に区切って、変数などのデータ領域とか、マクロ?などを
>バッファ丸ごとコピー?する領域とかしておいて
>メモリに書き戻す、みたいな感じかなぁ。
>(それってVZ.DEF みたいなマクロファイルそのものじゃ?)
>オーバーレイ的なものとか?
>ファイル方式の利点はサイズが可変長というところですね。

 上、新鮮で、ビンゴものでした。vz.defみたいなマクロファイルみたいなのが
ファイルの形式にせよ、メモリ上にせよ(1kbuf.com)、EMS上にせよ、取れたら、
使い道あるよなぁ、と思ってます。(注)
 「マクロなどのバッファ丸ごとコピー」。ステキです。
 できる? ほんとに必要? ということは、とりあえず考えないでおきます。(^^)
 あいかわらず夢をみている。
 だから、秀丸にはそうたやすく行けない。本格的にはぜったい行かないことが
決定されておりますが。だから、あのPATA HDの山と格闘しているわけで。

(注)これを追求すると、vz.comが起動時どのような仕組みでvz.defその他のdefを
読み込むのか、ということになる。最終的には、init.asm+core.asmぐらい?
 これまた楽しい夢想。

---------------------------------------------------------------------------
 今回は、大した時間を、VzないしVzマクロに使っているわけではありませんが、
プログラムって、メモリを使う、処理終わったらメモリを解放する、そして自分も消える
という風なのが超基本的姿なんだな、とか考えています。
 それこそ、dosの内部コマンドと外部コマンドみたいに。command.comの常駐部、
非常駐部みたいに。
 僕は、ずっとそこにいて、データを保持しつづけてくれる「常駐もの」みたいなの
を、ずっと前から欲しがっていたんだ、と。
 そして、この行く末が、マルチタスクなんだなぁ、と。インターフェイスは今も
好きではありませんが、Windowsはそれで偉かったんだ、とか。
 ネットワーク関係(インターネット)は、windowsですけどね。

 というわけで、「1kbuf.com」プロジェクトは、僕のVzにとっては、どんぴしゃに
正解だったんだ、と確信しております。多謝でありまする。


 さて、60枚の年賀状です! やれやれ。いつまでも逃げてるんじゃないの!


    - No.8646 一括表示へ   -   コメント元:8643 一括表示へ  -    [ 返信 ]    [引用無し] pre


- 関連一覧ツリー (先頭の番号をクリックするとツリー全体を一括表示します)
▼ 8638.EMSテストマクロ - 文太 18/12/28-23:50
  ┣8639.Re: EMSテストマクロ - konno 18/12/29-21:59
  ┃┗8641.Re^2: EMSテストマクロ - 文太 18/12/30-12:09
  ┃ ┗8643.Re^3: EMSテストマクロ - konno 18/12/30-14:43
  ┃  ┗8646.Re^4: EMSテストマクロ - 文太 18/12/30-15:41
  ┗8647.EMS_buff.def (0.5) - 文太 18/12/30-23:39

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)   [引用無し]
おなまえ 
Eメール 
タイトル 
メッセージ auto soft pre(図表、プログラム) ※折り返さずに改行を入れてね
 参照先 
 暗証キー (英数字で8文字以内)
 プレビュー          

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
   処理   記事No   暗証キー
    [ページトップへ] [管理用]